ギョクオン ホウソウ

1945年 昭和20年 8月15日 正午。

当時、尋常小学校高等科だった父は、今は亡き祖父から家族揃ってラジオ放送を聴くように言われたそうです。
昭和天皇が、終戦を国民に知らせる 「玉音放送」 。

オイラ自身、その放送 (部分的に) は、終戦番組の中でしか聴いたコトがありません。
内容と言っても、あの有名な
「絶え難きを堪え 忍び難きを忍び」
の部分しか知りません・・・。

あの日、父たちはどんな気持ちで、放送を聴いていたのでしょうか・・・。
この時期になると、時々父親とも、終戦の話しをしますが、 「玉音放送」 のコトは、ラジオの音声が不鮮明で、何をしゃべっているのかよく判らなかった・・・、なんて言ってますが。(^_^;)

高度経済成長期を経て、機械工業の輸出産業、バブル経済の崩壊・・・。
東京オリンピック、大阪万博・・・、長野冬季オリンピック、愛知万博・・・・・。
敗戦の瓦礫から積み上げられてきたこの社会に、いま自分たちは暮らしています。

しかし、いまでも、戦争で負った傷に
「堪え難きに堪え 忍び難きに忍び」 ながら生きている人がいます。

先日、テレビで、、漫画家水木しげるさんの自伝的戦争体験記のドラマが放送されていました。
水木さんは、兵役で南方へ。
戦地で左手を失いながらも復員。漫画家になり、妖怪マンガ 「ゲゲゲの鬼太郎」 を大ヒットさせました。
水木さんと共に戦争に行き、戦死していった仲間たち。
そして生き残った水木さん・・・。
『玉砕なんてくだらない!』
「鬼太郎」 に登場するキャラクター、 「ねずみ男」 のそんなセリフに、戦争に対する、様々な思いが込められていたように思いました・・・。

戦後 62年・・・。

「62年前に戦争があった」 と言う過去形の表現になってしまうコトは否めませんが、
「戦争があった事実」 を受け継ぎ、また次代に繋いでいくコトが、今を暮らしている自分たちの、ひとつの役割でもあるのだろう、と思います・・・。

| | コメント (0)

1945 ナガサキ

天を指す右手は原爆の脅威を
水平に伸ばした左手は平和を
そして、閉じた目は原爆犠牲者の冥福を祈る姿・・・。

長崎市平和公園にある平和記念像の姿です。
62年前の今日、長崎に原子爆弾が投下されました。

「原爆投下は、しょうがない」

と言う発言は日本の歴史上、最後の防衛庁長官でありまた初代の防衛大臣であった 「久間章生」 氏の言葉。
しかも、彼は、被爆地長崎の出身者だそうです・・・。

戦争を知らないオイラ。
第二次世界大戦の背景に、各国のどのような力関係があったのかも詳しくは知りません。
しかし、それにしても、原子爆弾では多くの尊い命が犠牲になっているのは紛れも無い事実・・・。
「ヒロシマ」 「ナガサキ」 の歴史は、決して 「結果論」 などではなく、これからの 「核廃絶論」 や 「平和論」 への問題提起であり続けるのだと思います・・・。

元大臣とか、長崎市出身であるコトは、もとより、ひとりの日本人として、ナガサキの人々、ヒロシマの人々、
平和記念像、原爆ドーム、そして、これからの日本と向き合って欲しいと思います。

そして、それは勿論、オイラ自身にも当てはまるコト。
ひとりの日本人として、人間として・・・・・・・。

| | コメント (0)

1945 ヒロシマ

62年前、ヒロシマに1発の爆弾が投下されました。
それは、長い年月が経った今日の日も、人々の心を焼き続けています。

かつて、「産業奨励館」と言う名のごく普通の建物だった 「原爆ドーム」 は、寡黙なまでに佇んでいますが、
灼熱を浴びたその自らの姿を以ってヒロシマの記憶をいまも伝え続けているのです・・・。

| | コメント (2)