« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

真夜中の雷鳴

昨夜と今夜に続いて、雷鳴が轟いています。
昼間は、曇り時々晴れ、なのですが、夜になると稲光。
昨日、真夜中。 あまりの雷の音の大きさにふと目が覚めてしまいました・・・。 いや、雷の音だけではなく、どこから遠くから、セイレーンが近づいて。
一度、トイレに立ち時計を見ると午前3時すぎ。 フワフワと耳にまとわりつくセイレーンは、そのうちにも次第にハッキリと聞こえ始めたのです。
「意外に近いかな・・・。」
家から見える場所に、地域の消防機庫があるので、
おそらくは、そこから出場したのでしょう。 他の地域からの消防車も合流して、山の方に向かっているようでした。
落雷で、林野火災か・・・。
再び、布団の中に入ったオイラは、沈み行く意識の中でぼんやりと考えながら、遠のいていくセイレーンを耳で追いかけていましたが、そのうちに、深く深く、沈み込んでいくのでした。

明けて、家族と真夜中の雷の話をしたトコロ、2kmほど離れた地域の家の自家用車に落雷したそうで。
あわや、そこのお宅まで延焼するところだった、とのコト。 普通、自動車などは、安全だと言われているのですが、中に乗っている場合には、ハンドルなどには手を触れない方が良い、とされているのでハンドルにカバーやタオルなどをかけている場合には、もしかすると引火するのかも・・・。

ともかく、そのお宅の方は、みなさん怪我もなくご無事だったようです。
落雷・・・、侮れませんね・・・。

| | コメント (0)

プラチナガンダム・・・。

前回は、ネットオークションで130万円で落札された話題でしたが、今回もガンダムネタ。
しか~し! 今回のは、さらにゴージャスです。

なんと、純プラチナ (白金) で作られたガンダムです! 全高12.5cm、重さは1.4kg
大手玩具メーカーと貴金属ジュエリー会社が共同で製作。 スイスのバーゼルで行なわれる世界最大の時計・宝飾品見本市に出展されるとのコト・・・。 その、お値段は3,000万円也・・・。

以前、三越で 「プラチナハローキティ」 が販売されたコトがありますが、なぜに、そこまで!?(^_^;)
これもセレブ志向の一端でしょうか?
この 「プラチナガンダム」 、非売品らしいですが、いずれは日本国内でも公開展示される予定とのコト。
3,000万円、か・・・。今オイラが住んでいる地域ならば、土地付き一戸建てが充分手に入りますね。
いくらなんでも12cmのガンダムには住めません。(笑)

なんと言うか・・・、 「価値観」 って何でしょうね。
このプラチナガンダム、もはや玩具と呼べる代物でもなく、かと言って、ガンダムファン以外の大衆を含めての貴金属愛好家にとって、どのくらいの価値があるのか? と言う点も考えてしまうのです。
まあ、オイラ自身の興味本位で言わせて貰えれば、他の記事にもありましたが、ここまでやるのであれば、やはり純金製の 「百式」 もぜひ観てみたいものですが。(^_^;)

いずれにせよ、さしあたって、個人的に手に入りそうなモノで、考えれば・・・、
3万円の 「仮面ライダー変身ベルト」 か、あるいは6万円の 「完全変形ゲッターロボ リニューアル」 辺りが妥当かと・・・、いや、何気に本気で欲しいんですよ。(笑)

| | コメント (0)

この料理 この一品。 [第3話]

1_2

今回の一品は、 「茶がゆ」 です。 
え~っと、お茶とおかゆ、で 「茶がゆ」 ・・・、
ではなくて。(^_^.)
近畿地方では、かなりメジャーな料理のようですが、みなさんは、 「茶がゆ」 をご存知ですか??
普通は、水とお米で炊き上げるのが 「白がゆ」 ですが、よく煮立てた 「ほうじ茶」 で米を炊くのが 「茶がゆ」 です。 ・・・、と、それっぽく紹介しているオイラ自身も 「茶がゆ」 に出会ったのは、ほんの半年ほど前。
それまでは、ずっと 「白がゆ」 を食べてました。

ちなみに、ウチ製の 「茶がゆ」 は、 「ほうじ茶」 と 「ハトムギ茶」 のブレンドから炊き上げます。
トッピングは、 「鮭フレーク」 と 「塩」 を少々。 たまにホンモノの? 「焼き鮭」 のほぐしたモノを混ぜるコトも。
お手軽バージョンは、永○園の 「鮭茶漬け」 を・・・。 「五分がゆ」 くらいになると 「茶漬けがゆ」 状態。(笑)

ところで、 「おかゆ」 自体は、最近のヘルシーブームもあって、ダイエット食品としても紹介されてますよね。
そして、食べやすいと言うコトもあり、サラサラと胃の中に流れ込んでいくので消化に悪くないのか? と思われるかも知れませんが。
元々、よく炊き込んでありますので、お米自体がもう柔らかい。胃の中で充分捏ねて消化出来ます。
さらに、食事制限を始めてから、オイラの胃袋そのものが小さくなったみたいで、少量でもお腹いっぱいになるんですよね。 肝心のカロリーの方は、成分栄養剤にてしっかりと摂取されているので大丈夫です。

オイラにとっては、 「茶がゆ」 もまた、食べるコトを楽しむための貴重なメニューのひとつなんです。
いづれ、近いうちに 本場?、奈良の 「茶がゆ」 も食べてみたいものです・・・。(゜-゜*)

| | コメント (2)

災害の中の障害者たち

みなさんご存知のように、去る3月25日 (日) の朝に、
石川県能登半島沖にて震度6強の地震が発生しました。
被災地の皆様方には、心よりお見舞い申し上げます。
震災から3日過ぎた今日にもまだ余震は続いているとの事。昨日は雨天でもあり、2次災害などを考えればまだまだ油断が出来ない状態ですね。

さて、こうした天災の際には、必ず多くの人々が苦しい避難生活を強いられる訳ですが、特に生存の危機にさらされる事にもなりかねない状況に置かれるのが、身体に障害を持った方々ではないでしょうか?
今回も、震災直後から断水となり、現地には給水車が派遣された模様ですが・・・、報道番組では、医療に関する不安についても問題視されていました。
一例を挙げると、人工透析をされている方々が、現地の病院では透析が出来なくなったために、送迎バスで片道2時間の道のりをかけて、透析のために移動したとのこと・・・。 もちろん、透析だけに限らず、断水や停電などにより、在宅治療器具が作動しなくなる、使える環境で無くなる、と言う危機もあるのです。

健康な方々でさえ、そのライフライン (生命維持) の確保に奔走する災害時。
オイラ自身が身体障害者である事から、余計にそう思えるのかも知れませんが、 「災害時における障害者のためのライフラインの確立」 を早急に、全国規模で実現させなければならないと思います。
また、もしも、そのような策定がすでになされているのであれば、当事者である障害者の人々にも、常に心得ておけるように充分な周知をお願いしたいものです。

| | コメント (2)

千秋楽

大相撲 春場所の千秋楽・・・。
ともに、二敗で挑んだ、朝青龍と白鵬でしたが・・・。

う~~ん・・・、どうなんでしょうか? イチ観客の立場で言わせて貰えれば、やはり、がっぷり四つに組んで、観てる人たちがハラハラするような大相撲を取って欲しかったような気もしますが・・・。
「相撲」 ではなくて 「SUMOU」??

たしかに・・・、「はたき込み」 も一応決まり手のひとつで、決して反則をしているワケではないんですよね。(^_^.)
そして、朝青龍も白鵬もモンゴルの人。 モンゴル相撲では、ひじ・ひざ・頭・背中・お尻いずれかが先に地面に着い場合に勝負が決まる、と言うルールらしいので、基本的にはダイナミックな投げ技が中心のスポーツとのコト。
手の平をついても、負けじゃないんですよね。(^_^.)

やはり、「勝つ」 と言うコトへの気持ちの持ち方が、日本人とは少し違うのでしょうか。
まともに組み合えば、勝ち目がない相手であれば、「手段を選ばず」 も辞さず・・・、相撲の場合、あくまでもルールの範囲内ですが。 勝負の内容よりも、「勝つ事へのこだわり」 なのでしょうかね~~。
いや、それが決して間違っている、と言う意味ではないのですが・・・・・、なんと言うか、 「興行としての 大相撲」 を求め続けている日本人の心とは一線を画しているトコロもあるのかも知れません。

「相撲」 ・・・、 「ニッポンの国技」 なのになぁ~~。(^_^.) 
正直なトコロ、とっても複雑な気持ちなのです。

| | コメント (0)

一筆啓上?

レターセットを買いました。
じつは、オイラは自他共に認める? 「筆不精」。(T_T)
いや、文章を書くコトについては苦手ではないんですよ。
事実、このブログも拙いとは言え、 「文章」 らしきモノを書いているつもり。(苦笑)
それでは、何がオイラを 「筆不精」 にさせているのかと言えば・・・。
ズバリ! 文字のキタナさです。(T_T)
みなさん、もしも 「密書」 とか 「暗号文」 とかのご用命があればぜひオイラまで。(笑)

今さらではありますが、こんなに不精になってしまうのなら、もう少し 「日○ンの美子ちゃん」 と仲良くなっておけば好かったな・・・、なんて。(^_^.)
ウチの母親は綺麗な文字を書くんですけどね。
う~~む。(ーー;)

しかし、いつまでも 「筆不精」 ではいられない、と言うワケで。 一念発起、レターセットの購入と相成った次第。
今までにも、お手紙を下さった方は、たくさんいますので、こちらからもがんばって手紙で、お返事出来るようにしたいです。
「筆不精」 ならぬ 「筆武将」 に華麗に変身?? 
・・・、こう言うオヤジネタは一発芸で止めておくように気をつけたいですね。 味をしめちゃうと変な路線に入りかねない。(^_^.) (笑)

昼過ぎに、母親が
「障子の張替えしてあげるけん、外してきんちぇー」 と。
そう言えば、オイラの住処の障子、しばらく張替えしてなかったな・・・。 案の定、日焼けして色が変わりつつあったので、張替えを頼みました。(^_^.)
もうすぐ4月・・・、そろそろ春に向かってリフレッシュしていかなきゃ・・・。

| | コメント (2)

ありえない、ありえない話の続き。

世の中が、某大臣の 「光熱水費」 や 「西部球団裏金問題」 に紛糾していた、その間にも実は某情報バラエティー番組への調査は秘密裏に (^_^.) 続いていたようで。
そして・・・、新たに 「ねつ造や改ざんを含む不適切な表現」 が十数件も見つかったようです。
調査委員会の委員地長も記者会見では呆れ顔。 開口一番 「くたびれました」 と言う始末。
やはり、視聴率を優先したばかりに、大切な 「情報の提供」 の部分が疎かになってしまっていた様子。

テレビは虚像?
モニターの向こう側は、所詮、 「作りもの」 の世界なんですか?? それでも、日々のニュースとか、情報番組とか、その人が必要な情報を求めて、テレビを見ている人も確かにいるんです。
バラエティーと情報提供の狭間。 その番組の本質をシッカリと捉え、 「伝える姿勢」 は見極め保つべきかと。

視聴者のために必要な情報を発掘するはずの番組が・・・。 こんなに次々と自らの不正を発掘されてて、
どうするんだ~~~!
ホントに、考古学者の吉村作治先生もビックリ、って感じです。(T_T)

あ、 「エジプト発掘40年展」 やってるんだ・・・。
青いミイラマスク、見に行きたいな~~。(゜-゜*) 
 ↑ ネタ変わってるし。(^_^.)

| | コメント (0)

センバツ高校野球

今日から、 「春のセンバツ高校野球」 が始まりました。
テレビのチャンネルを合わせると、グッドタイミングで開会式の選手宣誓の場面。

「浜風に負けないくらいの平成の風を~」
・・・そうなんです。今大会から、出場選手全員が平成の生まれなんですよね・・・。
月日が経つのは、まことに早いもので・・・、と言うかオイラも歳を取ったモノですね・・・、なんて。(笑)

高野連会長からのコメントでは、先のプロ野球団スカウトからの不正な金銭問題についても言及されていましたが、ホントに、野球が大好きなだけの野球少年たちには、大人たちの利権をはらんだ思惑には揺さぶられたくないものだと感じてしまいましたね。

ちなみに、オイラの地元の高校は大会5日目に登場。
高校生活3年間のうち、たった2回の春のセンバツ大会。しかも、憧れの阪神甲子園球場という晴れ舞台。
勝敗はさておき、チカラいっぱいのプレーに期待したいですね。 ガンバレ! 高校球児たち!

| | コメント (0)

タミフルの行方・・・。

タミフル問題・・・。
厚生労働省が、ようやく重い腰を上げましたね・・・。
製造元の海外の製薬会社からは、臨床検査によるタミフルと異常行動の因果関係は無い、との声明が出されたようですが・・・・・。 タミフルって、日本では、たしか保険適用外なんですよね? 国内での臨床検査は行なわれていないのか・・・??
この問題に関しては、異常行動により怪我をした方、また亡くなった方も出ているんです。 インフルエンザ脳症との関係も含めて、是非とも真相を究明して欲しいです。

また、異常行動以外の部分では、インフルエンザ、A・B型には、劇的な効果が現れているとも言われていますので、今回の十代への投与を控える、と言う判断も適切なものであったかどうか、と言うトコロではないでしょうか?

一番のポイントは、最初の時点ですぐに、因果関係に重点を置いて考えてしまったコト。
投与するかしないか、と言う判断よりも、インフルエンザ患者の症状の変化にもっと重点を置き、異常行動そのものへの対応を考えるべきだったのでは??

素人考えの文章で申し訳ないとは思っています。 間違っている部分もあるかも知れません。
ただ、どんな病気への対応にせよ、 「人の命と関わっている」 と言う意識を持った、医療を目指し、また行政の部分でそれを担っている厚生労働省には、迅速且つ、適切な判断と対応をお願いしたいと思っているのです・・・。

| | コメント (2)

歌丸×楽太郎 二人会

行ってきました。 「落語会」。
しかも桂歌丸さんと三遊亭楽太郎さんの「二人会」です。
「笑点」 でおなじみのお二人。 これまでオイラが経験した最高の大物落語家の方々です。
クルマで約40分ほど走った町にある文化ホールの会場、有名人だけに駐車場がすぐに満車になるだろう、と早めに到着。
案の定、オイラはホール入り口すぐ近くに停める事ができましたが、見る間に満車状態となってました。
午後1時半会場で2時開演。 全席指定のチケットでしたのでゆっくりとでき、また位置的にも真ん中よりも少し前よりのかなり好いポジション。

それぞれのお弟子さんがひとりづつ前座を務め、いよいよ真打!
まずは、楽太郎さんから。・・・、さすがですね。青山学院大学卒は伊達じゃありません。教養があります。落語の本題に入る前の導入部分を 「マクラ」 と言うんですが、お約束の 「歌丸さんいじり」 も織り交ぜての熱弁。
・・・・・、は、好いのですが。 楽太郎さんの落語って、 「マクラ」 の部分が半分近くを占めてるんですよね。(^_^.)
しかも、本題よりも 「マクラ」 のほうが面白かったり。(笑)
(楽太郎ファンのみなさん、ゴメンなさい。<(_ _)>)
不肖、穀物。 不覚にも、落語の部分に入った途端に眠気に襲われてしまいました。(笑)
演目は、春らしい 「長屋の花見」 だったんですけどね。楽太郎さん、ずっと 「マクラ」 だけでもイケますよ。(笑)

そして、いよいよ歌丸さんの登場です。 ホンモノですよ! ホンモノ!(笑) いや、楽太郎さんもそうですが、いつもテレビでしか見れない方が目の前で落語をしゃべってるんですよ! ・・・と、勝手に興奮したり、緊張いたり、舞い上がったり。(笑)

初めて観る題目でしたが、たぶん 「しりもち」 と言う噺かと・・・。 スミマセン、 「落語が趣味」 と銘打ってはいますが、まだまだキャリアは浅いんです。<(_ _)>

それにしても、魅せますね~~。夫婦のこっけい噺でしたが、何だかとっても深くて分厚かったです。
さすがは、大ベテラン。 予定の時間も少々延長するほどの好熱演でした。

4月上旬には、桂 文我さんの落語会に行く予定。
桂一門の方々は、本当にスゴイですね・・・。
もっともっと、桂一門の方々の落語を観てみたいです。 そして、いつかは、最高峰、人間国宝の桂米朝さんの落語も・・・。 穀物。 趣味の落語人生、まだまだ始まったばかりです。


| | コメント (0)

落語セラピー

え~、毎度ばかばかしいトコロを一席・・・。と言う口上で始まる今回は、「落語」のハナシです。
ほら、そこのアナタ 「え~? 落語ですかぁ~?」
なんて言わないで下さいね。(^_^.) 
CDショップの店員さんにホントにそんな風に言われたコト、あるんですから。(笑)

落語は関東の 「江戸落語」 と関西の 「上方落語」 のそれぞれがあり、江戸時代中期に発祥し、隆盛を経て現在のカタチになったようです。
面白いオチで笑わせる 「こっけい噺 (ばなし) 」 、歌舞伎や芝居などを題材とした 「芝居噺」 、じ~んと心に染み渡る 「人情噺」 などがあります。
また、「上方落語」 には特有の 「ハメモノ」 と言うお囃子 (BGM) の役割をさせる手法もあり、「芝居噺」 の時などは一層効果が上がりますね。
それに、ほとんどの古典落語の舞台となっているのが江戸時代の人々の生活の場である 「長屋」 とか 「商家」。
当時の江戸庶民の暮らしぶり、風俗や文化なども垣間見るコトが出来るんです。

また最近では、 「笑いの医学的効果」 と言うモノが注目され始めていて、落語にもその効果があると思うんです。
実際、オイラもヘコんでいる時に、思いっきり笑える 「こっけい噺」 を聴くと何となく気分的に違ってきたりします。
悩んでたり、行き詰ってたりしている時は、じっくりと 「人情噺」 を聴いたり、 「大岡越前」 などが登場する 「政談モノ」 を聴くと、不思議とスッキリと気分転換できる時があるんですよね~。

これは、人によってそれぞれ個人差があるとは、思いますが「笑いの医学的効果」に基づいた 「落語セラピー」 なるモノもまんざらではない、とも思ってるんです。

少し前には、落語がテーマのテレビドラマもありましたし、映画のテーマにも扱われたり、若手の噺家さんが、タレント活動をしたりしてて、ジワジワと落語ブームは続いてると思っています。
噺家さんが、一枚の座布団の上で、小道具は扇子と手ぬぐいだけ。そして、上半身だけの制限された動作と自分自身の話術だけを頼りに演じきる 「落語」 、こそ日本の究極のお芝居と言えるのではないでしょうか。

| | コメント (2)

バッテリー 「その2」

バッテリー 「その1」 に続き、 「その2」 です。
原作は、地元岡山出身、そして在住の あさのあつこさん。 ロケもほとんどが岡山で行なわれたそうです。

世の中には、色んな「流れ」があって、 「大人の流れ」 や 「子どもの流れ」 それぞれに対して、みんなが一生懸命に向かい合っているんだと思います。
でも、この映画に登場する、子どもから大人に変わる多感な時期の原田巧や永倉豪たちにとっては、どうしても 「大人の流れ」 に納得がいかなかったり、上手く入って行けれなかったり。 また、そんな子どもたちを見守る大人たちにも、それぞれに迷いや思惑があったりで。

「岡山弁篇」 にも書きましたが、この映画の登場人物みんなが、歯車が噛み合うように、そんな思いを表現していて、また、それぞれが上手く潤滑油の役割を果たして、この物語を上手く組み立てていたと感じました。

巧の弟、青波 (せいは) 。 
生まれつき病弱な彼はこの映画の重要なキーパーソン。
オイラ自身も先天性心臓疾患を持っていて、そして少し歳の離れた兄がいます。 映画を観ながら、小さい頃を思い出してしまいました。

特に気になったキャラ。  「メガネくん 二人」 。(笑)
一人目は、巧や豪が通ってる学校の野球部の先輩。
解るような気がします。 ど真ん中の直球ばかりよりもチェンジアップやスライダーなんかも使ってみたいですよね・・・。高校への進学・・、内申書・・・。目の前の現実が重く圧し掛かってた彼でした・・・。

そして、二人目の 「メガネくん」 。
ライバル中学野球部の5番ライト?でしたっけ。 
策士です。 役どころも良かったけど、演じている俳優さんも好い感じの方でした。

それから、もう1人・・・。
何人かの俳優さんがぎこちなく岡山弁で演じている中で、菅原文太さんだけは 「自然体」 。(^_^;)
宮城県出身の方なのに、岡山弁にすっぽりはまってるのは、昔、 「トラック野郎」 とか広島が舞台のヤクザ映画に出演されてたからでしょうか・・・。 いや、しかし、あの方はもう、演技ではなくホントに自然体で表現してしまうのがスゴイです。
さすがは、ベテラン。 ストーリー全般を通して、何となく全員をやさしく包み込んでいるような存在でした。

 一組のバッテリーを通しての、春から初夏にかけての物語。 このセリフだけは大切に心の中に持ち続けたいと思いました。

「よし、こい! ど真ん中じゃ!」

| | コメント (2)

バッテリー 「その1」

今日のブログは二部構成。 
地元で話題の映画 「バッテリー」 のネタです。
前半の本文を全編岡山弁にてお送りしたいと思いますが、話し言葉で多少くだけたイメージになるかも知れません。 ご覧頂いているみなさん、ご容赦下さい。 
では本文へ・・・。

 話題の映画 「バッテリー」 を観に行ってきたんじゃけど、えかった~~。
まだ、観てねぇ人もおると思うけん、中身はなるべくしゃべらんようにするけぇど、オイラの素直な感想を書かせてもらおう思うとります。
どういうんかな・・・、あんまり 「映画を観よーる」 いう気がせなんだな。 近所の学校の子どもらぁのコトを見よーるような気がしてしもーて。 今頃の子どもらぁは、みな、あねえなんかな~、とか思うたり。

野球がテーマの映画なんじゃけど、主人公、原田巧が投ぎょーったボールみてえに、真っ直ぐな映画じゃったな。
近ごらぁ、子どものコトやら、色々事件やこうも、ぎょうさんありょーるけぇど、この映画に出てくるような子どもらぁじゃったら、大丈夫じゃないんじゃろうか・・・。
俳優さんやら女優さんらぁも、その役らしゅうて、歯車がカチッとおうたみてぇに、出来とったなぁ。
ぼっけぇ派手なコトもねぇのに、なんかドキドキ、ワクワクもしたし、ひさしぶりぃ、ええ映画を観ました。

| | コメント (2)

な~~んにも しない日

今日は、本当に何にもしない一日でした。(^_^;)
世の中には、年中無休で動いている方々もいるのに、申し訳ないんですが、最近、少し公私共にキツ目で・・・。
朝起きて、再び2時間ほど二度寝。(苦笑)
昼前くらいまで、ネットに入っていましたが、お昼から再びゴロ寝。(^_^;)

某ネットニュースで 「休日の寝だめは、逆効果」 と言う内容がありましたが・・・。 やはり、カラダは休まります。 脚のだるさ、倦怠感がかなり和らぎました。

そうそう! 夕飯の時にテレビのニュースでやってたんですけど、どこかの鍾乳洞の展示施設から、2億円相当の金塊が盗まれたとか・・・。
鍾乳洞観光施設の職員の制止にも関わらず暴力を使い無理やり持ち去った・・・、強盗ですね。(ーー;)
あ~あ、やっぱり、無けりゃ盗むのか。
と言うか、その金塊、観光客が直接手で触れるコトが出来る状態で展示されていたとか。
いや、警備、手薄すぎ。(T_T)
2億円ですよ! 2億円! 
やっぱり、警備はしっかりしてないと。
その金塊、削って人件費を作ってでも、まず警備を充実させるべきですよ!(苦笑)

・・・、とかなんとか、書いてるうちに、何にもしなかったはずの一日が、結局時事ネタになってます。<(_ _)>

| | コメント (4)

イチロー通院日

なんだか、インフルエンザが流行っているみたいですが・・・、気をつけたいですね。

さて、昨日は、我が家のイチローも予防接種に行ってきました。 「白血病」 および 「伝染病」 予防接種。 1年に一度、受けています。
昨年までは祖母とオイラで連れて行ってたんですけど、今回は母とオイラで行きました。 
オイラの運転するクルマの中で、イチローは、行く道中、終始文句の言い通し。
あんまり、クルマが好きじゃないんですよね。(^_^;)
窓の外を見てみたり、ラゲッジルームに行ってみたりしてましたが、結局、母の足元にかくれんぼ。(笑)
そのくせ、病院に到着して、いよいよ診察室に入ると、もう観念したのか、ホントに 「まな板の鯉」 ならぬ、
「まな板のイチ」 。(^_^;)

無事に予防接種も終えて、心配している腎機能の血液検査と結膜炎の診察を・・・。
イチローの左目は、いつも涙が出てて、診断では、結膜炎とのコト。最近はずっと目薬を入れてやっているので、今回も追加で購入。
そうそう! ついでに体重も量ってもらったんですけど、な、なんと! 0.5㎏増えてました・・・。
イチロー・・・、最近寒い日が続いてたので、コタツで寝てばっかりだったからね~~。 ダイエットしなきゃ!?

そんなこんなで、
「さ~。イチロー、帰ろうで。」
3人でクルマに乗り込み、帰路へ。 帰り道、不思議なコトに、イチローの文句も少なめに。 ウチに向かっているのが解るのかな?
途中、一度だけ市街地のスーパーに寄り道して母が夕飯のおかずにと 「イカナゴのくぎ煮」をGet。(^_^;)
家に着くとイチローも疲れたのか、コタツに入り祖母とテレビを見てました。 イチロー、お疲れでした。

さて、近日中に!? 本文全編 「岡山弁ブログ」 を書く予定です。 内容は・・・、公開から1週間、最近、地元で話題になってる、あの 「映画」!?

| | コメント (0)

西部球団の裏金・・・。

「家族にお金のコトで負担をかけたくなかった」
「悪いコトをしているのは、分かっていたが、学校や家族に迷惑をかけたくなかったので、受け取った」
「裏切るコトに耐えられなくなった。 ずっと真実を話したかった」

最近、話題になっている西部球団裏金問題で実名で報道されているくだんの大学生のコメント。
確か、こんな内容だったと思います。

・・・、ホンの数日前に、松坂大輔ネタを書いたばかりなのに・・・。
とは言え、その松坂の移籍の際も西部球団には巨額のお金が入ってるワケですし、そのお金を第2、第3の松坂発掘への 「呼び水」 として使っても不思議ではない、と言うのが現代の感覚。
「夢」 より 「現実」。 「花」 より 「団子」。

斯く言うオイラ自身にしても、普段は 「不正はダメだ!」 とか 「所詮は利益優先か!」 とか言ってますが。
決して好い収入で暮らしている訳ではないので、仮に大学生の立場で、目の前にお金を積まれたら気持ちは動くかも知れませんね・・・。
大学生にしても、今まで野球一筋で育ってきて、親や家族に負担をかけているコトも少なからず感じていたのだと思います。
「契約金で返せば好いと思った。 親孝行したかった。」
その気持ちが、勝ってしまったのでしょうね・・・。

そして、今回の報道で、メディアの中から 「青田買い」 と言うゴシップを見つけてしまいました。
いずれ稔るであろう、青い稲を何としても手に入れる。 そのためには手段を選ばず・・・。
球団と言う企業としての利益を優先したがために、野球を愛するひとりの青年の人生に大きな影響を与えるコトになってしまった今回の裏金問題・・・。
やはり、やりきれない思いが募ってしまいます。

| | コメント (0)

光熱水費スパイラル

出ましたね・・・、「柳の下に二匹目の鰌」。(T_T)
と言う表現が正しいのかどうかは、置いといて。 今回の問題をバッシングしていた野党側から、元法務大臣が光熱水費を虚偽記載。(ーー;)
まさか、まだまだ出てくるんじゃないんでしょうねぇ。
「実はアタシも」
「いや、あっしもね」
「いや~○○先生に誘われて」・・・。そうじゃない。(T_T)

そして、某農水大臣は、相変わらず情報開示だの証人喚問だので、攻防戦。
「現行の制度に基づいて、適正な報告をしています」。
でしたっけ?
どう考えても、「適正」とは言えないと思いますし、真相をはっきりとさせたいのであれば、「現行の制度」の改正とかに話しを持っていくべきなんでしょうけど・・・。
議員のみなさんも、それにはなかなか踏み切れないんでしょうかね~~?(^_^;)

兎に角、今回の新たなる「虚偽記載」がこの問題にどう影響するのか・・・。
実際のところ、昨日までの国会での質問のやり取りなんかも、もうすでに、

「○○さん? いるんでしょ? ダメですよ! 居留守使っても。 わかってんだから!」
「だからね。 何度も言ってるように、本人が 『いない』って言ってるんだから留守なんですよ。間違いない!」
みたいな、会話になってます。(T_T)/~~~

| | コメント (2)

胴体着陸

昨夜のニュース映像で、コトの一部始終を見ましたが。
空港に着陸直前の航空機の前輪が出ない! 油圧式の自動装置が作動せず、機械式の手動装置も作動せず。
後輪を一度陸地に接触させてその反動で前輪を出そうと「タッチ アンド ゴー」を試みるが、成功せず。
機長はついに「胴体着陸」を決断したのです・・・。
着陸の際、機体が炎に包まれ、燃料に引火するのを防ぐため燃料がほとんどカラになるまで空港の上を旋回。
そして、機首を上げつつ後輪だけで接地。 徐々に機首を下げて無事に着陸・・・・・・・。

ニュース映像でしたので、ホントに数分間のモノでしたが、それでもハラハラ、ドキドキしました。
実際に飛行機に乗っていた乗客と乗員の方々の心境や、いかばかりか・・・。

すでに話題になっていますが、今回トラブルを起こした機体と同タイプのモノは、過去数年間にもかなり問題があったようで、そのうちでも車輪が出なかったり格納されなかったケースもかなりあったみたいですね。

「起こるべくして起きた事故」
と言えるのではないでしょうか? 少し前にも航空機の整備不良の問題が挙げられてましたが、運輸業・・・、特に人間の命を預かる旅客業としては、「運行の安全」を最重点課題として、取り組んでいって欲しいものです。

そうそう、それからネットでも何となく「アレは、はたして胴体着陸と呼べるのか?」 なんて話題も出てましたが、
Yahoo!辞書で検索してみました。

以下、Yahoo!辞書引用
「どうたいちゃくりく 胴体着陸」
> 飛行機が、着陸装置の故障により、胴体を直接滑
> 走路に接触させて緊急着陸すること。

機首も一応胴体の一部なので、この場合も、胴体着陸で、好いのでは? と言うか、他に言いようもなかったのかと。(^_^;)

| | コメント (2)

この料理 手強いメニューたち 「うどん」

「この料理 この一品」 の番外編です。
2~3ヶ月に一度のペースで紹介したいと思います。

さて、 「手強いメニュー」 と銘打っているように、腸疾患であるオイラにとってのNGメニュー、またはそれに近いメニューです。
記念すべき第1回目は、 「うどん」 。(^_^;)

まず、 「うどん」 はそれほど制限されているメニューではありません。 (疾患の程度によって個人差はあります)
でも、やはり麺の硬さとか、じっくり噛んでもあまり細かくならず、比較的スルスルと喉を通過していくので、オイラにとっては頻繁には食べれないメニューとなっています。

日曜日に、地元町内にある某農機具メーカーの地域展示会がありました。
その展示会は、年に数回開催されており、そこではいつも 「うどん屋さん」 が出店されるんですよね。
よく○○フェスティバルなどの会場に出店している軽食コーナーの 「うどん」 をイメージして頂ければ好いかと。
お椀より少し大きめの容器の素うどんに近いアレです。
近隣市内にある製麺会社のうどんを使用しており、程よい柔らかさに茹で上がるのです。

しか~~しっ! 昨日は展示会最終日と言うことで、少し早めに終了。
休日なので家でゆっくりしていたんですが、気がついた時にはすでに時計の針はいつもより余計に回っておりました。(T_T)/~~~

「あ~、しまった。 うどん、食べにいけれんかった!」
と家族に愚痴をこぼすと、
「○○製麺のうどんは、買うてあるけん、今晩ウチでも茹でたげるよ」
その晩の夕食は、お椀に入ったしっかりと茹で上げられた素うどんでした。

・・・、 「違う~~♪ そうじゃな~~い!」 ♪ (T_T)
オイラのアタマの中で、鈴木雅之の歌声がリフレイン。

ん~~と、たとえ、同じ麺をじっくり茹で上げたモノであっても、違うんですよね~~。
・・・、炎症性腸疾患 「クローン病」 と言う病を持っているオイラ。
普段は食事も制限されてます。 でも、年に数回、たまには、普通に 「うどん」 を食べてみたいじゃないですか。
自分の病気です。我慢するのは仕方がないと分かっているつもりです。
でも、出来るコトならば、自分のカラダを張ってでも、やってみたいコト、あるんですよ。

オイラにとって、 「ご馳走を食べる」 コトは、カラダを張ってでも行なうこの上ない生きがいなんです。

| | コメント (2)

春場所

昨日から、大相撲春場所が始まりました。
オイラは、 「相撲」 は特に好きでも嫌いでもないのですが、まったく興味がないワケでもないんです。(^_^;)
リアルタイムでは、なかなか中継は観れませんが、深夜放送で 「相撲ダイジェスト」 とか、やってますよね?
なんて・・・、あまり突っ込んで書いてると、
穀物さ~ん、ホントは相撲ファンじゃないの? とか言われそうですが。

さて、大阪春場所は、初日から大波乱!?
スポーツニュースで見たんですが、朝青龍、負けちゃいましたね。 時天空との対戦でしたが、もう見た瞬間、 「ああっ! 後ろを取られてる!」
「こりゃ、もしかして!?」 と言う展開でした。
案の定、座布団が飛びまくってましたね。(^_^;)

折りしも角界では、 「八百長疑惑」 で騒がれたばかり。
横綱や三役をはじめ、関取さん方も何かとやり辛いとは思いますが・・・、がんばって欲しいです。
と、そんな気持ちとは裏腹に、朝青龍ファンのみなさんには申し訳ないのですが、 「たまには負けてもいいじゃん」
なんて気持ちもあったり・・・。(^_^;)

「日本の国技」 と言われる 「相撲」。
いつの間にか、日本人力士に代わり、外国人力士が台頭している現実に、さみしさを感じています。
もう一度言います。
「日本の国技」 と言われた 「大相撲」。
ある意味、いまの日本のスポーツ界で、とっても
「エキゾチック・ジャパ~~ン」
なコトになっていますよね。(T_T)

| | コメント (0)

「何費」 なんですか? (T_T)

国会中継・・・。                        少し前までは、某厚労相の発言に対して、質問が集中していましたが。 今度は、某農水相ですか・・・。

議員会館では、各国会議員さん方が詰める事務所の光熱費は、国の負担になっていて無償なのだそうです。
しかし、くだんの大臣の事務所の光熱費は、507万円だったとか・・・。
そりゃ、追求もされますよね。(-_-;)

光熱費の詳しい内容の説明なども要求されているようですが・・・、どうでしょう? この際、全議員さん方が光熱費を公表しちゃっては?
まさか、出来ないとは言わせませんぜ、旦那さん方。(笑)
いや、旦那方だけでもありませんでしたが。        失礼しました。(^_^;)

某厚労相の時も、辞任!? 退任!! と言う勢いまで行ってましたが、結局ならず。
今回は、どうなるんでしょうね~? 本当のコトが明確になるのでしょうか??

でも・・・、あんまり追求し過ぎてもちょっと、心配です。
○○党が上手くかばうか? あるいは、窮地に追い込まれた某農水大臣が開き直って逆ギレしちゃって、

「あのカネは、オレが国民のために政治に費やした    『情熱費』 だーーっ!」
とか言われたりしてもねぇ・・・。(T_T)

| | コメント (4)

よみがえれ、ヒーローたち

最近のスポーツニュースで 「ジャイロボール」 と言うキーワードが注目されていますね。
ご存知の方も多いかと思いますが、プロ野球チーム、 「西部ライオンズ」 から、アメリカンメジャーリーグ 「ボストン・レッドソックス」 に高額移籍した、松坂大輔投手が投げる球種です。

正直言って、オイラ自身も 「ジャイロボール」 についての詳しい解説は出来ません。ただ情報によると、普通に投げたボールと違い、ライフルの弾のような 「らせん状」 の回転をする、特殊な球種だそうです。

・・・で、ここでオイラがピン! と来たのが
「大リーグボール」 と言うキーワード。(^_^;)
その昔・・・、そうですね~、30年以上昔の事、 「巨人の星」 と言うマンガが大ヒットしました。
野球をテーマにした、スポ根マンガ。 主人公は、読売巨人軍 (ジャイアンツ) のピッチャー星飛雄馬で、アメリカ大リーガーのバッターでも打てない 「大リーグボール」 を編み出し、ライバルたちと名勝負を繰り広げる・・・。

そんなストーリーなんですが、今現在、注目の的になっている 「ジャイロボール」 こそ、現代の 「大リーグボール」 ではないでしょうか??

みなさん、子どもの頃に描いた 「夢」 や 「理想」 が現実になるのは、何も 「鉄腕アトム」 や 「ドラえもん」 などの科学の分野だけではありません。(^^)
昔の野球少年の胸を熱くさせた 「巨人の星」 の世界が、松坂や松井秀樹、イチローを初めとする多くの日本人メジャーリーガーたちの手で現実のモノとなろうとしています。 2次元世界のヒーローたちが、3次元の現実へと現れてきているのです。

斯く言うオイラ自身の野球選手の中でのヒーローは、 「王貞治さん」 でした。 「756号」 と言う記録は今でも記憶の中に残っています。
当時の野球界の環境などにより 「王選手」 や 「長島選手」 の活躍の場は、あくまでも日本のプロ野球界でした。 しかし、今は有望な選手が、続々とメジャーに移籍しています。
その分、日本の野球界がさみしくなるのでは? と言う声も聞かれますが、なんのまだまだ。
ハンカチ王子 (笑) や田中投手・・・、現代の子どもたち (野球少年たち) にとってのヒーローはこれからも生まれ続けるコトでしょう。
ヒーローたちよ! 永遠なれ!

| | コメント (4)

鉄分、とり過ぎ!(T_T)

今日のタイトルから、健康ネタ、かと思った人もいるかも知れませんが、カテゴリーで、分かっちゃった人もいますよね。(^_^;)

ハイ、最近、世間を騒がせている 「鉄泥棒」。
なんでも、鉄の価格が高騰していて、なかなか手に入らなくなっているそうなのです。
最初は・・・、 「高圧線 」 でしたっけ? 
銅製品も鉄同様に高値とのコト。
お次は、 「半鐘」 ・・・。(-_-;)
それから、公園の 「すべり台」・・・。(ーー;)
そしてついには、 「ガードレール」 ・・・。
もう、鉄とか銅のカタマリならば、何でも好いのか。(T_T)

そりゃあね、 「盗めば」 手に入ります。 でもね、人様のモノを盗んじゃいけませんよ。
以前にも、収穫前の果実や野菜とか、倉庫に保管してあるお米が大量に盗まれた事件がありましたよね。
今の日本社会って、「人の何かを盗む」 コトに対しての罪悪感が、かなり薄れてるように思います。

昔は、 「巾着キリ」 と言って、スリの達人もいたそうで。 鍛錬に鍛錬を重ねて、盗まれた当人も気がつかないほどの鮮やかな仕業だったらしいのですが。 それにしたって 「盗み」 は 「盗み」。 日本に犯罪を取り締まるルールがある限り、フェアな方法ではないのです。

今回、この事件を知った子どもたちが、 「盗むコト」 も、この社会で生き残るための手段だと受け止めてしまうようであれば、実に悲しいですし、そんな風にして生きていかなければならないのだろうか? とも思える、今のこの社会にも悲しさを感じます・・・。
・・・、ちょっと、過剰に考えすぎかな~? (^_^;)

| | コメント (6)

春、遠からじ?

今日は、とても寒い1日でした。
時折、日差しは見えるものの、とにかく風が冷たかったのです。(>_<)
午後からのバイトでは、なんと、雪がちらほら・・・。
「なごり雪」?
しかし、4月に入っての雪もありますからね~。
今までのお天気が、暖かすぎたので、今更か? と言う気持ちも、無きにしもあらず。

オイラは、基本的に冬が苦手なんです。
別に爬虫類でもないのに、気温が下がるとテンションも下がる。(^_^.)
この冬は、比較的に暖かかったので、それ程でもありませんでしたが、ホントに寒い時には、もう冬眠してしまいたいくらい。(T_T)

この寒気が過ぎれば、本当の春がやってくるのでしょうか?
春よ、来い。 早く、来い・・・。 (゜-゜*)

| | コメント (0)

ガンプラキング

ネットオークションで、 「ガンプラ」 が、135万円で落札されたらしいです。
ちなみに 「ガンプラ」 とは、1970年代終盤に放送が始まり、現在に至るまで、シリーズが続いているロボットアニメに登場する 「モビルスーツ」 と言う人型機動兵器のプラモデル。

くだんの番組そのものは、放送開始当初はそれほど、人気はなかったようですが、大手玩具メーカー「バン○イ」から「ガンプラ」が発売されると、人気爆発!
今回の落札商品も、「ガンプラ」の完成品を、完全塗装はもちろん、製作者が独自の改良を加え、より精密さと完成度を高めた一品、とのコト。
本来店頭での販売価格は、確か5,000円くらいだったと思います。 5倍以上のエネルギーゲインとか、通常の3倍のスピードだとか言ってる場合ではありません。(T_T)
270倍・・・。 実 (げ) にプレミアとは、おそるべし。(^_^.)

オイラ自身も 「ガンプラ」 で育った一人 (関係筋でいわゆる 「ファースト世代」 ) ですが・・・。
落札された 「ガンプラ」 製作者。 もうそれで仕事が出来ますね。 模型雑誌の原稿を手がけるとか・・・。
そして、135万円を支払って、見事手中に収めた方・・・。
同じく、135万円を使うのであれば、腕を磨いて機材を揃えて、自分で最高の一品を造り上げる、と言う選択肢もありますが・・・。 ま、値段をいとわず、自分が惚れ込んだ一品を手に入れるのが、コレクターとしての本質、とも言えるのかも。(^_^.)

余談ですが、 「ガンプラ」 の正確な語源は 「ガンダムプラモデル」 。
先にご案内の人気アニメの第1作目の主人公が 「アムロ・レイ」 。 彼は、主役機「ガンダム」に搭乗し、発進時には、いつも 「アムロ、行きま~~す!」 のセリフ。
そう! 「アフロ」 じゃなくて 「アムロ」 ! ここチェックです。(笑)
いや~~、スミマセンね。 アフロネタのトコロでは、頂いたお返事に上手くかわしたんですけど、結局引きずってしまいました。<(_ _)>
※ 「アフロネタ」 につきましては、3月3日書き込みの
   「フラストレーション」 をご覧下さい。<(_ _)>

でもって、余談ついでに・・・。
みなさんご存知の通り、プラモデルはプラスチック製品。 ちょっとやそっとじゃ、朽ち果てません。
もしかしたら、500年くらい後の時代には、 「ガンプラ」 が、 「陶器」 や 「錦絵」 のような文化財に化けているかも・・・。そんな時代が来るかも知れませんよ・・・。(^_^.)

| | コメント (0)

模様替え~~。(^_^;)

え~~っと、まず、ひなあられの食べすぎで崩してしまった体調・・・、昨日1日ゆっくり休んで、回復しました。
ご心配をお掛けして本当にスミマセンでした。
計画的なストレス解消 (NG食品食い) をするコトもたまには、あるのですが、今回のはホントに、うっかり食べ過ぎた、って感じで・・・。(^_^;)
ツッコミ、お見舞いメッセージ、本当にありがとうございました。<(_ _)>

さて。さて。
3月に入り、春めいた陽気も一層高まる今日この頃。
ブログを書き始めてから、初めての模様替えをしてみました。

いかがでしょうか?? ホントは、「梅」のテンプレートを使いたかったのですが、どうせもうすぐ、「桜」の季節。
4月までは、このまま引っ張ろうかと思ってます。(笑)
あ、念のために言っておきますが、このデザインって、決してオイラの趣味じゃないですよ。(笑)
ピンク&フラワー系統は、微妙に苦手です・・・。選びづらい。 今回のもTPOにあわせて、あえてコレで。(^_^;)
「桜吹雪」と言うコトで・・・、無理やりに、「遠山の金さん」とかを思い浮かべて頂ければ助かります・・・。(笑)

| | コメント (4)

ひな祭り・・・。ひと時の幸せ。

今日は、ひな祭り。
朝方のヘコみ日記で、書いたとおり、昼過ぎまでに一通りのコトを済ませておいて、昼からはゆっくりとお休み。
母屋にて、コタツにあたりながらゴロ寝をしていたら、祖母がテレビを観ながら、 「ひなあられ」 を食べているではありませんか。

・・・、美味しそう。(笑)
男性であるオイラにとっては、3月3日と言われても、正直あまりなじみのない日。
せっかくなので、祖母と一緒に 「ひなあられ」 で、お祭り気分を味わう事に。
ぽり、ぽり。パリ、ポリ。
アッサリ、サラダ味。 
美味。食は進むよ、どこまでも~♪

・・・・・、そして夜。
おなか、キモチワルイ・・・。(T_T) ダメだ。 たぶん、昼間の 「ひなあられ」。
※ 穀物。不調の理由につきましては、カテゴリーの 「カラダのナカミ」 → 「炎症性腸疾患」 をご覧下さい。
m(__)m
アッサリ、サラダ味。 なまじ口当たりが良かったせいか、レッドゾーンを越えて食べ過ぎたみたいです。 
今宵は、もう寝ます。  スミマセン。(T_T)/~~~

| | コメント (4)

フラストレーション

今日は、雨・・・。 3月の雨って、何となく物悲しく感じてしまうのは、なぜでしょう?
実は、最近ヘコみ気味。 
結構テンション下がってます・・・。 
上手くいかない歯がゆさでブログに逃げちゃってる感じもあるかも・・・・・。

最近特に手こずってるのが、 「手作りアフロ」。(T_T)
なぜ、また唐突に!? と言う疑問質問は、お受けしておりません。(笑)
とにかく、 「アフロ」 は難しい・・・。 
で、一番もめているのが、「もみあげ」。
もめているから 「もみあげ」? なんてツッコミもお受けしておりません。(T_T)

自分の中では、何となくまとまりかけてるんですけど。
さらに、 「アフロ」 に気を取られてたり、油断してると、やらなきゃいけないコトが、まだまだ残ってたり、どんどん溜まっていってたり・・・。
今日と明日は、休み。 早めに用事を済ませて、ゴロ寝することにします。(^_^;)

| | コメント (6)

卒業シーズン・・・。

3月になりました。 暖かさにも、ますます拍車が掛かってますが・・・。(^_^;) 3月と言えば 「卒業」 のシーズン。
オイラには、甥っ子と姪っ子が、いるんですが、二人とも揃って、大学と短大をここで 「卒業」。
すでに、就職先も決まっており、今日びのご時世にしては、ありがたい事だと思ってます。

さて、オイラ自身は、 「卒園」 とか 「修了」 と言う部類も含めるとこれまで 「卒業」 の行事を主に7度、経験してきましたが、 「卒業」 って、いったい何なんでしょう?
ある一定期間に修得した事の集大成であるとも言えますし、単なる 「通過点」 と言っても、あながち間違いではない・・・。

ハナシは突然変わりますが、オイラが通っていた高校が、この春に廃校になるそうです。
市町村合併に伴う学区再編の為に、4月からは少し離れた高校に統合されるとのコト・・・。
在校生にとっては、まさに「最後の卒業式」。

さみしいですね。 何だかさみしい。 
あの高校には、オイラにも3年間の思い出があります。
もちろん、他のOBの人たちにも。 中には4年間くらい思い出がある人もいるかも。(^_^;) (笑)

廃校になった後は、どうなるんだろう・・・?
その高校を卒業したのは、もうずいぶん昔のコトなんですが、 「廃校」 と言うカタチで、その役目を終えてしまうのは、何だか、もう本当にオイラたちの手の届かない存在になってしまうようで・・・、やっぱりさみしいですね。

あの時の3年間、オイラは確かに あの場所にいた! いま心の中に残っているのは、その思い出だけなんです・・・。 ありがとう。さようなら。 
そして、長い間、お疲れ様でした。 

| | コメント (4)

発掘 ありえない ありえない (T_T) 大○典

少し前に、話題になった某情報バラエティー番組の
(今更「某」でもないんでしょうけど(^_^;)) 捏造問題・・・。
まだまだ、続報があるようです。
「納豆」 だけでなく 「みかん・りんご」 のダイエットにも捏造が発掘 (T_T) されたそうで・・・。

う~~む。 バラエティーと情報を上手く併せて、楽しみながら健康UPが出来る、と言う狙いはスゴク良くて、観てて得するTV番組って好いと思うんですけど。
肝心の「情報」の部分がいい加減ではねぇ~~。

何もかにも、まぜっかえすな、と言う意見もあるかと思いますが・・・、先日の某スキーバスツアーの事故とか、今回の番組捏造とか、とかく 「利益優先」 や 「視聴率優先」 と言った、厳しい競争社会の現実が 「負」 のカタチで如実に表れてるな~、
と感じたのはオイラだけでしょうか・・・??

| | コメント (2)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »