« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

タムラ料理長 (階級は中尉) (^_^;)

※ 注1 この記事は、前回の 「この料理 この一品 
   [第4話]」 からのつづきです。
   出来れば、 「この料理~」 から先にご覧頂ければ
   幸いに思います。

※ 注2 タイトルの 「タムラ料理長」 につきましては、
   フィクションであり実際の人物等とは一切関係あり
   ません。 あえて言えば、オイラのマニアックなこだ
   わりによるチョイスかも・・・。 しかし、 「塩」 と言う
   キーワードを絡めた場合この人物は一部の人たち
   に結構人気があるらしいです。(笑)


さて、閑話休題。(^_^;) なぜ、 「塩」 が欲しくなるのか? についてですが。

まず、結論としては、
成分表とかには、ミネラルなどは必要な分量は含まれているハズですが、キモチ的に 「塩辛い」 モノが欲しくなるんですよね~~。 その理由を、これから書いていきたいと思います。

「この料理~」 の回でご案内の通り、エレンタールは、その本体とフレーバーを水、あるいはぬるま湯に溶かして飲むワケなんですけど。
フレーバーを加えない、エレンタールそのものの味は、何と言うか・・・、オイラの印象では、 「米のとぎ汁」 みたいな感じなんですよね。
なので、とてもそのままでは、飲めません。 (>_<)

ちなみに、夜間にチューブで摂取する場合は、鼻から入れたチューブが、直接胃まで届いてるので、味覚を感じるコトはなく、味付けは加えません。
ただし、変なハナシですが、その分、げっぷが出た時とかは、ふぇ~ (>_<) な感じではあります。(苦笑)
で、ついでに、この夜間チューブ摂取を、正式には
「経管栄養療法」 とか 「経腸栄養療法」 とか言いますが、腸疾患患者の業界用語では、 「経鼻 (けいび) 」 とか 「鼻 (び) チュー」 って呼ぶのがメジャーです。(^_^;)

さて、ハナシが少しそれてしまいましたが。
味もさることながら、ニオイもかなり独特で・・・、最初に病院とかでエレンタールの摂取を進められて抵抗感があった人たちって、この味とかニオイがダメらしいです。

で、その独特なニオイとか味をごまかせる方法と言うのが、 「甘い味系統のフレーバーを加える」 と言うコトで。
必然的に、エレンタールだけの摂取になると、実に 「甘~い食生活」 になってしまうワケです。(笑)
入院中のハナシですが、給湯コーナーでエレンタールにフレーバーを混ぜてた時に、看護助士さんに、
「好いにおいですね~~」
って言われました。 そう、甘い好い香り。微妙に味付けは、変えてはいきますが、基本的に 「甘い好い香り」 な生活がつづくワケです。 (^_^;)

「味付けのフレーバーって、味噌汁味とか、ラーメンスープの味とか、作れないんですかね~?」
さすがに一度、そんな質問を看護婦さんに聞いたコトがありましたよ。 でも、エレンタール本体の風味と合わなくなるらしく、この提案は却下でした。(笑)

そんなワケで、エレンタール&味付けフレーバーだけの生活だと、約1週間くらいで、一度ピークが来るんです。
「あ~~、塩辛いモノが欲しい~~」 って感じで。(^_^;)
あとは、 「空腹のはざま」 を上手く渡っていけるかどうか、ですね。この 「空腹のはざま」 については、また改めて記事にしたいと思っています。

そうそう、ちなみに、現在のオイラは、一日に数回、食卓塩を舐めてたり。(苦笑)
おなかは、安定してます。
固形物を入れないので、まぁ、気分的にもある意味ラクはラクです。(^_^;)

| | コメント (2)

この料理 この一品。 [第4話]

P1000498_6

P1000501_3

P1000505


毎度おなじみの (笑) 「この料理 この一品~」です。
今回は、満を持して? いや、絶食中、と言うコトもありまして、オイラの主食、 「エレンタール」 を。(^_^;)
一番上の写真が、調理済み (笑) のモノ。
オレンジ色のフタのボトルに入っている黄色い液体が 「エレンタール」 、一食分です。(^_^;)

真ん中の写真が、袋に入っている状態のモノ。粉末状の栄養剤が入っていて、それを隣の小さな袋の味付けフレーバーと一緒に、水、または、ぬるま湯に溶かし、口から飲みます。これ一袋で、80グラム、300キロカロリーの栄養分があります。 調理時間は、カップラーメンも敵ではない最速1分間。(笑)
ちなみに、ボトルのモノは、 「フレッシュレモン味」 です。
味付けの種類は、オイラが知っている限りでは、
「バナナ」 ・ 「コーヒー」 ・ 「フレッシュレモン」 ・ 「ヨーグルト」 ・ 「抹茶」 など。

通常は、これを一日に6包摂取します。 昼間に口から2包。 夜間には、極細のチューブを鼻から胃まで挿入してモーターにより4包、滴下しています。これで、合計1800キロカロリーは摂取できる計算になりますが、健康な成人女性の摂取量より若干少なめです。

「エレンタール」 の製造元は 「味の素」 さん。 味付けフレーバーの方は医薬品・医療機器メーカーの
「TERUMO」 さんです。味付けフレーバーについては、他のメーカーからも何種類か出ているらしいです。
これを月イチの外来通院の時に処方されて、量販店で箱ビールを買うごとく、大量に持って帰ります。(笑)

一番下の写真は、含まれている成分表です。ミネラルについてのご心配を頂いていましたが、大丈夫。しっかりと含まれています。 では、どうしてエレンタールだけの絶食生活だと 「塩」 が欲しくなるのか・・・?

つづく。 
(今回は写真のスペースも取ってるので、ちょっと引っ張ってみました。(^_^;) )

| | コメント (2)

親子で襲名!

いよいよ、ゴールデンウィークに突入! みなさん、のんびり楽しんでますか??

・・・、こちらは、あやうく、 「サクラ」 の壁紙のまま、5月に突入するトコロでした。(^_^;)
「新緑」 、いかがでしょう??

さてさて、今日のタイトルネタは・・・。 
噺家の 「林家木久蔵&きくお」 親子です。
以前から、親子そろっての襲名披露をするとか、話題になってましたよね。
「きくお」 さんが、お父さんの 「木久蔵」 さんの名前を受け継ぎ、現役 「木久蔵」 さんが新しい名前になるとか。
ネットニュースによると、木久蔵さんの新しいリングネーム・・・いや、名前が決まったらしいです。

さて、その新しい名前は・・・、
「林家 木久扇 (きくおう) 」 。
ご本人いわく、 「新しく大きくはばたくように、扇のようにパッと開いて、さらによくなるように・・・」 。
とのコトですが。
しか~~しっ! その新しい名前、どうやら一般公募していたらしいのですが、約3万通の郵便やメールの中で、今回決定した 「木久扇」 と言う名前は、たった2通だけの応募だったとか・・・。

・・・、いくら何でもねぇ~~。 3万余通の中の2通だけってのは、すっかりネタっぽい、いやネタでしょうけど。
いや、 「2通」 ってのがミソですよね。 木久蔵さんときくおさん・・・。まさか。(笑)

個人的には、 「木久爺」 かな~? なんて思ったりもしてましたが、応募には副業にちなんだ 「麺蔵」 とか、木が増えて 「森蔵」 とか・・・、愛知万博だよ。(T_T) ・・・とか、あったり。
最多応募は、爆笑王をイメージさせる 「笑蔵」 。
好いですね~~、先ごろ話題の 「○蔵」 さんの向こうを張って 「笑蔵」 。 オイラ的には、この名前でもOKでしたが。 (笑)
こうなれば、少々気の長いハナシになりますが、今度 「木久蔵」 を受け継ぐ 「きくお」 さんに、いづれは 「笑蔵」 の名前を襲名して貰いたい気もします。正式な襲名披露は、今年の9月らしいです。

ところで・・・、これまで木久蔵さんの落語は観た (聴いた) コトがあるのですが、きくおさんの高座はいまだ、未体験。
ご存知、 「笑点」 では、親子共々いじられ役に徹しているお2人ですが、機会があれば、ぜひ一度、きくおさんの落語もちゃんと拝見したいですね~~。 

| | コメント (2)

コタツ

そういえば、この冬は結局、コタツを出さなかったな・・・。
12月、1月も暖冬で、2月に結構寒かったけど、もうすぐ3月だから、と、コタツ登場のタイミングをすっかり外してしまいました・・・。 と、言うのはタテマエ?で?(笑) コタツが活躍できなかったホントの理由、上位3位は。(笑)

1.シンプルな家具調タイプなので、冬以外には
  テーブルとして使用しているコタツ。 
  そのテーブルの上が、あまりにも散らかっていた
  ので、コタツとして使う事が出来なかった。(^_^;)

2.テーブルの上にとどまらず、その周辺まで散らかっ
  ていたので、コタツの敷布団すら敷く環境では
  なかった。(-_-;)

3.ヌシである穀物。本人に片付けをする気がまったく
  無く、エアコンと石油ファンヒーターと電気毛布の
  生活に甘んじてしまったがために、結局コタツ登場
  のチャンスが訪れなかった。(T_T)

※ リサーチ = 2006年 年末 ~ 2007年初頭 
  穀物。家 調べ

・・・、と、まぁ、オイラの身近な周辺ではこのような、まことしやかな (笑) ウワサが飛び交っていたりするのです
が。
片付けに関しては、一言言いたい!

県外で就職している、同じ心臓病の知人が言うには、平日会社に行って夜はグロッキー状態。 休日も溜まった洗濯物をするのが精一杯で、気がつけば、一人住まいの部屋はすさまじい状態になっている、そうです・・・。
なので、オイラ自身のおおらかな性格と合わせたり、気持ちのヘコみ具合が、部屋の荒みっぷりにも拍車をかけるのかと・・・。(^_^;)

いや、散らかさなきゃ好いワケですけどね。もちろん、ゴミ箱もちゃんとありますよ。(笑)
と言うワケで?(^_^;) ゴールデンウィークは、のんびり部屋の片付けをします。
「ビ○ォアー・ア○ター」、「美しい国」 の前に、目指せ! 「美しい部屋」!(笑)
・・・、じゃ、今日はこの辺りで・・・。

いやいや! カテゴリーには、しっかり「おなかのナカミ」もついてますよね。(^_^;)
え~~っと、久々の 「絶食」 。今日辺りがピークです。 そろそろ、 「塩」 が舐めたくなってくる頃・・・。
その理由は、いずれまた・・・。

 

| | コメント (4)

おなかのナカミ 「絶食」

今日は、久しぶりに炎症性腸疾患、クローン病のハナシです。

昨日から、 「絶食」 に入ってます。
以前も紹介しましたが、クローン病としてのオイラの食生活は、病院から処方されている成分栄養剤 「エレンタール」 の摂取と少しばかりの低残渣食 (と言って好いのかどうか。(^_^;)) 。 おかゆや素麺、豆腐、煮魚などですが、その低残渣食を一切ストップ。

ただいま、 「エレンタール」 だけで生きております。(^_^;)
最近、何かと結構、活動してましたし、おなかにも負担になっていたかも知れません。 ホントに具合が悪くなってる時って、食欲も何もなくなってきます。
正直なハナシ、固形物を入れないほうが、おなかが楽なんですよ。
しばらくは、 「絶食」 で様子をみてみるつもりです。

で・・・、もうひとつ。
週末から月曜日にかけての遠征に出る前のハナシなんですが。 20日 (金) がクローン病での通院日でした。
そこで、主治医から言われたんですが
「穀物。さん・・・、最近、CRP (炎症反応) も上がってるみたいですし、検査もやってなかったので、内視鏡、やりますか」

・・・、6月1日に大腸内視鏡検査をする事になりました。ホントに久しぶりに検査です。 どのくらいの久しぶりっぷりかと言えば、退院直前以来・・・、実に5~6年ぶりなんですよね。(^_^;)
ちなみに、現在の炎症反応数値は 「4」 。 健康な時の数値が 「0.5」 前後なので、確かに高いです。
だましだましの日常で (笑)  具合が悪い状態にも結構慣れてきてたのかな・・・。(-_-;)

とりあえず、体調を整えて、6月の内視鏡検査に挑みます。(-_-)v

| | コメント (2)

一段落?

旅から帰ってまいりました。
現地を昼前に出発して、夕方5時すぎくらいに無事に帰宅。・・・・・、疲れた~~。(>_<)

実は今回は、旅に出る前から微妙に体調が不安定で、ちょいとキツいな~~、なんて思いながらも強行軍?
(^_^;)
やっぱり結構キツかったです。 でも今回の会議には出席しておいた方が良かったので、思い切って行きました。
行って正解。 会議の場では、今までに無く、ディスカッションの時間が多く設けられていて、 「心臓病患者にとっての全国規模での交流」 と言うテーマで、なかなかのトークバトルが繰り広げられ・・・。
オイラ自身は、発言する機会はなかったのですが、得るものは充分にありました。
そんなこんなで、とりあえず、これで一段落?? また、しばらくゆっくりしようかと思っています。

そうそう! 気になるおなかの状態も・・・、新カテゴリー 「おなかのナカミ」 で紹介していきますね。(^_^;)

| | コメント (0)

旅人になる。

明日から・・・、と言うか、すでに 「今日」 なんですが。(^_^;)
ちょいと、遠征してきます。
今回は、心臓疾患の患者会の会議に出席のため。2泊3日の日程で、23日の月曜日の夜には帰ってきます。

ところで、またまた、カテゴリーを増やしてしまいました。
オイラが持っている内部障害・内臓疾患についての記事は、 「カラダのナカミ」 にまとめようと思っていたのですが、そのカテゴリーには、最初に書いた2つの疾患の紹介だけにして、その後の様子は、それぞれのカテゴリーにて紹介して行きたいと思います。

で、心臓疾患については、 「Going My pomp」 。
「Going」 の部分を、 「living」 にしようか・・・、とか、
[pomp」 ?  「a heart」 ?? とか悩みましたが。
「ハート」 だと心理面とかも入ってくるし、ストレート過ぎるし・・・、結局、 「ポンプ」 で。(^_^;)

ちなみに、 「炎症性腸疾患 クローン病」 の方のカテゴリーは、 「おなかのナカミ」 になる予定です。
こっちは、全然ひねりナシ。(笑)

それでは、 「ぶらり途中下車の旅」 ・・・ではなくて、会議へGO! 遠征に行ってまいりま~~す。

| | コメント (0)

旅人きたる。

・・・、いや、 「人」 じゃないんですけどね。 (^_^;)

今日、配達先のお宅にて、 「ツバメ」 に遭遇しました。
オイラの配達しているエリアは、かなりの範囲で農家のお宅が多いです。
なので、昼間は、おばあちゃんや、おじいちゃんなどが留守番をしてて、玄関の引き戸が開いているコトとか、あるんですが。
今日は、配達先の玄関からツバメが、スィーって入って行くのが見えたんですよ。
農家の家は、玄関を入ると、まず 「土間」 があります。 土間、と言うくらいですから、下は土です。
その中ほどに古くなった新聞紙が敷いてあり、ちょうど真上の天井の梁の部分にツバメが巣作りをするのです。

はるか遠く海を越え、やってきた 「旅人たち」 よ。 
久しぶり! そして、おかえり。

綺麗なラインを描きながら、玄関を出入りするツバメの姿に、ああ、もうそんな季節なんだな、と思ったり・・・。

| | コメント (2)

あの栄光よ! 今一度!!

3週間前くらいから始まっているNHKの時代劇ドラマ 「柳生十兵衛 七番勝負 最後の戦い」
あらすじは、江戸時代前期、将軍家光の逝去に乗じて、幕府乗っ取りを画策する学者、由比正雪 ( 慶安の変・由比正雪の乱 ) を食い止めるべく、隠密裏に働く柳生十兵衛の活躍を描くものです。
で、今日の舞台は、由比正雪の生家。
十兵衛は、正雪の生い立ちを探ろうと、彼の生家へ。 そこには、母、妹、そして小さいながらも道場を営む彼の兄が暮らしていました。
時を同じくして、正雪も兄の下へ。 自らの計画を打ち明け、兄に協力を求めるのですが・・・、兄は、正雪にこう詰め寄ります。
「それでは、お前は、自ら天下を治めようというのか?」
それに対して、正雪の応えは・・・。 ハイ! ここが今日のポイントです。

「いいえ、天下を治めて頂くのは、紀伊徳川頼宜公にお願いしましょう。 私は、古来、鎌倉幕府にあった北条家に倣い、 『執権』 に就きましょう」

え~~っと、勘の良い方なら、もうお分かりかと。
今回、このドラマで由比正雪を演じてるのが、狂言師の和泉元彌。 そして、彼はその昔、NHK大河ドラマで、鎌倉幕府執権 「北条時宗」 を演じたその人です。

・・・、最近は、プライベートでも何かとお騒がせな、和泉元彌さん。 大河ドラマの主役を演じてた頃は、栄華の極みだったのでしょうか・・・。 時代劇のセリフとは言え、時を経て、いま再び 「執権の座へ」 と言わしめたNHKの脚本家さん・・・。 おぉっ! なかなか、やるな! 
なんて思ったりして。(^_^;)

| | コメント (0)

暴力と言う名の主張

みなさん、ご存知のように、アメリカ合衆国、バージニア工科大学にて、32名が銃殺、そして日本では、長崎市長が統一地方選挙の遊説直後に銃撃される、と言う誠に痛ましい事件が起こりました。
今回の2つの事件で亡くなられた方々へ心よりお悔やみを申し上げます。

さて。
この社会では、宗教や出版、言論など、様々な自由が保障されていますが、 「暴力」 だけは許されるべきではありません。 もちろん、既述の 「宗教」 ・ 「出版」 ・ 「言論」 などの主張の中に、個人および団体を著しく中傷するような・・・、いわゆる 「暴力的」 な内容が含まれる場合は、これも許されるものではありません。

「暴力」 って、何なんでしょうね。
ある人物が、とても強く願ったコトが、どうしても適えられず、故にその思いを適えようと欲する強大なチカラが 「暴力」 なのでしょうか?

否。
「暴力」 とは、当初の願いや主張が適えられない事で鬱積した 「フラストレーション」 を解消するために行なわれる場合がほとんどだと思うのです。 すでに、当初の目的を達成させるためではなく、抑えきれなくなった自己の衝動を解消するための主張へとすりかわってしまってるんですよね。
なので、 「暴力と言う名の主張」 は、第三者に対してへの主張だけでなく、目標が失われてしまったにも関わらず 「欲望」 だけが飽和してしまったその人自身への主張である、とも言えるのではないでしょうか??

もちろん、既述でも述べましたが、そんな主張は許されるものではありません。 例え、暴力によって欲望が満たされようとも、( おそらく飽和した欲望は満たされる事はないと思いますが。 ) その代償として、何の罪も無い尊い生命が犠牲になるような事は、決してあってはならないのです。 ・・・、そんな、斯く言うオイラ自身も 「暴力」 への要素となりえる 「感情」 や 「欲望」 は持ち合わせています。 そしてまた、そのような展開を食い止めるための 「理性」 と言う要素も・・・。

「感情」 と言うシャーレの中に、 「欲望」 が満たされると、 「暴力」 となって溢れ出る。 しかし、そこに 「理性」 と言う綿を敷き、 「希望」 と言う種をまけば、 「協調」 と言う芽が発芽して、やがては 「平和」 と言う華が咲く・・・。 とまあ、こんな風に上手くいくんだったら、世の中もっと事件は減ってますよね。(^_^;)
何となく、ありきたりな展開になってしまいましたが・・・。

ついでに、 「暴力」 の反意語、と言うか対義語 (対語) のような語句を探してみたのですが、どうしても見つかりませんでした。
「和力」 と言うのを思いついたのですが、発音は微妙に異なるものの、すでに固有名詞として使われているようです。 それならば・・・、さしずめ 「穏力」 ( おんりょく ) と言うのを考えてみたのですが・・・、どうでしょう? (^_^;)

| | コメント (0)

揺れる国・・・。

先日は、三重県での震度5の地震・・・。
遅ればせながら、被害に遭われた方々へ心よりお見舞い申し上げます。
能登半島沖地震が起きたばかりで、今度は近畿・中部地方の揺れ。 怖いですね。
オイラの地方も、地下にプレートがあるそうなので、それが揺れればかなり被害が出るかと思います。 実際に祖母から聞いたハナシで、昭和18年に震があった時に、ウチの家もかなり揺れたそうなので・・・。
地震列島とは言いますが・・・。 何とかこの天災に対応する良い方法はないものでしょうか??

さてさて、マスメディア、芸能界でも、相変わらず揺れていますね。(^_^;)
落語家の林家正蔵さん・・・・・。所得隠しで、東京国税局からツッコミが入ってます。揺れてますね。(-_-;)
「昔ながらの芸人体質で、キチンと所得を把握していなかった。」 ・・・とか?
いやいや。(T_T)
そんなコト言われたら、芸人みんなが実入りのカネにルーズな性格だと思われても困りますし。(^_^;)
昔も今も、ご祝儀の内訳とか、キチンと管理していた噺家さんも必ずいらっしゃると思いますよ。
「芸人体質」 と 「所得の申告」 は、やはりキッチリと区別して欲しいモノです。 正蔵さんご自身も困惑した表情でしたが・・・、思うに、今一番困惑してるのは、正蔵さんを応援してご祝儀を送った方々と、カラになったご祝儀袋では・・・? (^_^;)

で、ハナシは戻りますが・・・。くだんの地震の時に、某市長が被害が少ないようなので、終日接待ゴルフのプレーを続けていた・・・、と言うニュースも・・・。
いつぞやも、何かの事故か事件の最中に飲み会を続けていた行政関係者のニュースがありましたよね。(T_T)
微妙です・・・。
ニッポンって、ホント、色んな意味で 「揺れてます」 。

| | コメント (4)

お会式の思い出

自宅から4kmほどの場所に、浄土宗の宗祖、法然上人の生誕の地とされている 「誕生寺」 があります。
昨日は、誕生寺での 「お会式」 がありました。
以前は、毎年4月15日に行なわれていたのですが、最近では、第3日曜日になってるみたいです。
「お会式」 ・・・、正式には 「二十五観音菩薩練供養」 。
お年寄りの方が装束と観音様の面をつけて、これまた綺麗な装束を身にまとった 「お稚児さん」 たちと一緒に本堂から1kmくらい離れた娑婆堂まで練り歩く行事です。

母親が、婦人会に所属してるので、沿道での漬物販売に出撃。(^_^;) 地産地商、ガンバッてます。
オイラは残念ながら、心臓病関係の患者会役員会に出席のため見に行けれませんでしたが、この 「お会式」 、毎年大勢の方が見に来られるのです。
「誕生寺」 は、西国の巡礼地にもなっているみたいで、時々、幹線の国道から寺の門前方面への道に大型バスが入っていくのを見かけたりもします。

・・・、ちなみに、既述の 「お稚児さん」 。 その昔、オイラも体験したコトがあるんですよ~~。
その頃は、まだ心臓の手術を受ける前で、オマケに平日に行なわれてたので、母親は仕事に行ってて。
祖母と一緒に参加。 ゆっくり、ゆっくりと歩いたのをかすかに覚えてます。(^_^;)
今も、配達などで本堂から娑婆堂辺りは、たま~に通るコトがあるんですが、自動車だとあっという間の距離でも当時の子どもの脚、しかも心臓病児 (^_^;) だったオイラにとっては、長~い道のりだったと思います。(苦笑)

懐かしいな~~。
来年は、 「お会式」 に行ってみようかな・・・。

| | コメント (3)

Getするぜ!?

落語ブログ 2本立てです。

文我さんの 「落語会」 、実は何気に観に来ていたお客さんにも目が留まってしまってました。
畳敷きの和風会議室で行なわれたのですが、オイラの斜め少し前に座っている学生風の男性2人。
他のお客さん方が爆笑しているトコロでも、決して笑わず、じっと噺家さんを見つめるその眼差し。 特に、文我さんの 「さじ加減」 の噺では、マジ真剣! 文我さんに劣らず、スゴイ気迫。(^_^;)
これは、あくまでも想像なんですが・・・、近くに大学があるので、もしかしたらそこの落語研究会の人か、あるいは、地元の噺家さんのお弟子さんか・・・。
それでも、最後の 「源平盛衰記」 は、初めての演目だったらしく、他の方と同じように落語を楽しんでいましたが。
オイラは、落語を 「セラピー」 として楽しみますが、色んな見方もあるんだな~~、なんて思ってしまいました。

それから、今回も会場で文我さんグッズが販売されていたが、もちろん Get しましたよ~~。
以前も、会場で落語CDを選んでいた時のコト。 やはり学生風の若者たちが、
「ここで買わんでも、下でも売っとるが~。」
(会場はコンサートホールと商業ビルの複合施設で、地階にCDショップもあるのです)

「NO! NO! アナタたち、違いますよ。 噺家さん直筆のサインを入れてもらえるのは、ここだけデス。」
去りゆく若者たちを尻目に、オイラは、直筆サイン入りのCDを Get !(-_-)v 優越感に浸ってました。(笑)
落語グッズ・・・、出来れば噺家さんの直筆サイン入りのモノ、これからも Get したいですね~~。 

| | コメント (2)

はなしの世界

またまた、行ってきました! 「落語会」 。
今週9日月曜日、夕方6時半からの開演でしたので、午前中に仕事を済ませておいて、いざ! 会場へ!

今回は、上方で大活躍の 桂文我さんの落語会です。
文我さんとの出会いは、約3年前。 地元の衆楽園にて 「おやこ落語会」 を開催され、それを拝見したのが、出会いのキッカケでした。 文我さんは、親子で楽しめる、子どもにも判りやすい落語の公演活動を続けられており、とても、好いな~、なんて思ってしまったのです。

さて、今回の落語会も・・・。
開口一番、勢いがあって元気の好い 桂雀五郎さん。 桂三枝さんのお弟子さんにして、そのパフォーマンスは、何と言うか、 「落語」 と言う枠の中に納まりきらない風味を存分にかもし出していた 桂三象さん・・・。
三象さんのマクラ (前フリ) もかなり盛り上がり観に来ていたみなさん爆笑の渦だったのですが、オイラ一人だけは、もしかしてこの人は本題に入らずマクラだけで終わらせてしまうのか!? なんてハラハラドキドキしてました。

そして、真打! 桂文我さんの登場です。
「源平盛衰記」・・・。
誰もが知ってる、平家物語も文我さんの手に掛かれば、とっても面白おかしい 「地噺」 になります。 「地噺」 とは、会話形式のやり取りではなく、歴史的なコトを説明するような文章形式の落語です。
そして、今年の1月にNHKテレビの 「日本の話芸」 に出演されていた文我さんの、 「さじ加減」 。
やっぱりテレビよりも生で観るのが一番ですね~。臨場感が違います! スゴイ!

と、そんなこんなの、文我さんの 「落語会」 。
年に2回のペースで公演されるので、また次回もぜひ行きたいです!次回は7月初旬。今から楽しみです~~。

| | コメント (0)

一枚 上手??

「本法案の採決を行ないます。 賛成の方は、ご起立願います。」
「賛成多数によって、本法案は、可決されました。」
「反対! 反対!」
「まだだ! まだ終わらんよ!」 (T_T)

え~~っと、
昨夜テレビでやってたニュースでの一場面です。

「国民投票法案」・・・。

正直言ってオイラ個人的には、この法案、イマイチよく分かりません。
どうやら今回は、 「憲法改正に限る」 とか、 「国民の過半数って何なんだ?」 とか、 「どうなる!? 第9条!」 とか、色々とゴシップが飛び交ってますし、何だか、今年の憲法記念日までに法案成立、ってコトにスゴクこだわってる感じがするんですけど・・・。
「日本国憲法」 と言う国にとってとても大切なモノの決定権を国民に委ねようとするのであれば、もう少し分かりやすく、大々的に周知をして欲しいです。 頼みの綱は、ニュースとマスコミ・・・。 こりゃ、今週のNHK 「週間子どもニュース」 は見逃せませんね。(^_^;)

兎にも角にも、民主党はじめ野党の方々が反対する中の強行採決だったのですが、オイラ、反対してた方々にどうしても言いたいコトがあるんですよね・・・。
議長の周りに立ちはだかって反対してたみなさん。
ダメっすよ。採決始まっちゃったら、もう少し冷静に考えないと。
「賛成の方は起立」 でしたよね? 議長さん、ちゃんとあなた方のコトも数えてましたよ。
だから・・・、採決始まっちゃったら、すかさず座り込みで反対しなきゃ・・・。(T_T) (笑)

| | コメント (0)

嗚呼、 横浜球団・・・。(T_T)

情報バラエティー番組のねつ造疑惑も冷めやらぬ?中・・・、野球界からも、引き続き、契約金問題が浮上してきてます・・・。 今度は、 「横浜ベイスターズ」 。(T_T)
またか・・・。 横浜、二度目じゃん! しかも、新人選手に5億3千万円・・・。

「それだけ高額な契約金を支払わなければ、仕方なかったのだろう・・・。」
とか、球団社長のコメントは、そんな風な感じでしたし、しかも自身の進退についても
「どういう意味ですか??」
とか・・・・・・・。(T_T)
事の重大さをどれほど認識出来ているのでしょうか??

聞けば、新人選手獲得に際しては、キチンと契約金の上限が決まっていて、12球団で申し合わせもしているとのコト。 今回の横浜球団の契約金はその規定の金額をはるかに上回り、さらにその新人選手が所属していた大学野球部の監督にまで謝礼金が流れてたとか・・・。

ここでオイラが気になったのが他の球団の今後の動向。
今回の問題を、あくまでも横浜球団だけの問題とするのか、それとも、 「申し合わせをしていたにも関わらず」 と全球団として、横浜に対して何か対応を迫るのか・・・。

考えたくない事ですが・・・、 「申し合わせ」 って、あくまでも 「建て前」 みたいなモノなんでしょうかね?
あくまでも 「申し合わせ」 なワケで、 「規則」 では無い。
それじゃ、それを守らなくても良いのか? ってハナシになれば、それはまた、モラルとか問題になってくるんですよね・・・。

なんだか、以前にも書きましたが、最近の社会は、とかく、 「ルール」 とか 「マナー」 とか 「モラル」 とか。
みんな 「形骸化」 してる気がします。
「やったモン勝ち」 みたいな・・・。 でも、不正は不正なワケだから、明るみになれば社会問題になる。

プロ野球界だけの問題じゃなくて、政治経済から、自分ちの台所事情みたいな身近な部分まで、社会の様々な局面でなんだかヘンテコな感じです。

・・・・・、もしかして、今の社会が、戦後から、バブル崩壊までの高度経済成長に対しての大きなリバウンド!? だとか、って思うのは、考えすぎですか!?

| | コメント (2)

統一地方選挙 「その1」

統一地方選挙の前半が、終わりましたね。
花見のトコロで、うっかり書いてしまいましたが、この
「統一地方選挙」 こそ、まさに戦国時代。 (^_^;)

・・・、自民党は強いですね。 どうして、あんなに強いんでしょうか?
まぁ、政治分野初心者のオイラにとっては、 「無所属での立候補」 なのに自民党 「推薦」 とか 「公認」 とか、ふに落ちない部分もありましたが。(^_^;)

そして、石原知事も強い。 カリスマ性と実績なんでしょうかね~~。 正直、地方在住のオイラにとっては、都知事選は、あまり興味がなかったのですが、友人から
「日本の政治の中心は首都東京。 首都の政策が変われば地方にも影響してくるよ」
と言われてしまいました。 でも、オイラにとっての行政って、やっぱり身近な地方自治なんですよね。

今回、地元でも 「県議会議員選挙」 が行なわれましたが、オイラの選挙区、郡部では、定数1の議席を2人の立候補者が一騎打ち!

「少子高齢化による、過疎への対策を!」
「農村地域の衰退を防ごう!」
「地元の学校を存続させよう!」

声高にアピールを繰り返す、元気のよい候補者。
一応、オイラが投票した人が当選しましたが・・・。
「県の財源対策」 については、触れてなかったな・・・。 「無い袖はふれない」 とも言いますから、あまり大盤振る舞いな政策も出来ないのでは?
もちろん、何も考えていない、と言うコトはないはずですが、地方行政の財源もホントに逼迫してきてて、このままでは 「財政再建団体」 への道も他人事ではない状態。

「地方交付税」 って言うんですか? それが削られていくこの状況で、 「枠配分方式」 をうまく使って、本当に手を差し伸べるべき事業を最優先して欲しいモノです・・・。

オイラたち、民間人が出来る 「一番身近な政治的活動」 と言えば、選挙に行って投票するコト。
その、自分たちが選んだ、議員さんとかには、やっぱりちゃんと活躍してもらいたいものですよ。

| | コメント (0)

花見の落語

世はまさに、群雄割拠の戦国時代・・・、ではなくて。(^_^;)
日本全国、花見どきですね。 ホンの1ヶ月ほど前の開花宣言フライングもなんのその。(笑)
本格的に、お花見シーズン真っ盛りです。

・・・、好いですね。みなさんは、もう「お花見」されましたか?? オイラは今週、ずっと臥せってて結局、ほとんど家の中で過ごしましたので、さしずめ、テレビの画面越しに 「お花見」 といったトコロでしょうか。(苦笑)

ところで、落語の題材にももちろんお花見はあります。
「長屋の花見」 、 「花見の仇討ち」 、 「花見酒」 ・・・、などなど。 色々とお花見がテーマの落語もあるんですけど一番わかりやすいのが 「長屋の花見」 だと思います。
先日の落語会でも、三遊亭楽太郎さんも演じておられましたが・・・。(^_^;)

噺の導入部は。
毎度、おなじみの江戸の貧乏長屋。 春も陽気な吉日に、長屋のみんなに大家さんから声が掛かった。
「何だ! 何だ!? 家賃の催促か??」
「家賃って何だ??」(笑)
と、何事だろうかと、一同不安げに大家さんのトコロにお伺いをたてに行くと、大家の長介さん、
「花見だよ! 全員集合!」(笑)

いつも貧乏長屋と呼ばれているのが気になっていたのか、大家さん、景気好く、お花見弁当もお酒も用意してあるとのコト。 長屋の一同は、大喜びで近くの山へと繰りだして、さあ、お弁当だ、お酒だと、お楽しみの宴が始まるのですが・・・。
噺の展開も、ほのぼのと、縁起の好いサゲ (オチ) の一席です。面白いですよ。

さて、 「花見の仇討ち」 も同じく、気の好い3人の江戸っ子が、花見の趣向に何かみんなが驚くようなコトをやってみようと、色々と知恵をしぼって考えに考えた。 そのアイディアとは・・・?

この噺、マクラ (前フリ) 部分に 「六部」 と言う人物の説明があった方が解り易いです。
「六部」 とは 「六十六部」 のコトで、全国66ヶ所の巡礼所を巡る巡礼者を指しています。 これさえ覚えておけば、この噺はバッチリ。(笑)

・・・、あ~~、お花見に行きたいですね~~。もう少し、元気になったら、近くのお花見スポットに繰り出して見たいものです。
個人的に、一度は行ってみたい 「お花見スポット」 といえば・・・。 「大阪市造幣局の通り抜け」 ですね!
今年は、ムリですが、いずれ近いうちには・・・。
(-_☆キラーン (笑)

| | コメント (2)

絶不調・・・?!

数日前から、体調を崩してしまいました。(T_T)
新年度しょっぱななのに・・・。 何となく、身もココロも
ヘコんでます。(*_*)

二日ほど完全休息したところ、少しずつ上向き加減に。
今週一週間は、ほぼ休んでしまいましたが、今日の昼
から少し仕事をしてみようかと思ってます。
う~~、情けない。(T_T)

| | コメント (2)

春うらら。

P1000483

いよいよ4月に突入ですね。
新年度です。


と、言ってもオイラ自身には、なんの変化もなし。(^_^;)
初日の昨日なんかは、休日だったため、思いっきり寝てました。おかげで、甲子園でベスト8 (準々決勝) まで進んだ地元のチームが惜しくも敗退したコトを知ったのも夕方・・・。 負けてしまったのは、残念ですがでもスゴイですよね。 全国3,000~4,000校の中のベスト8ですよ。
オリンピックとか世界大会だったら8位入賞。 スゴイです。ナイスファイト! ナイスプレー! 地元高校、本当にお疲れさまでした。

・・・、で、実は今日のオイラも、何気にのんびりとしています。
オイラの仕事は、ご案内の通り、 「しがないポストマン」
勤務形態が微妙に不規則なんですよね。(苦笑) 大量に配達物があるコトもあるし、少ししか来ない日もある。
でも、配達物が来るまでは、あくまでも待機時間なので、あまり出歩くコトも出来ず、家の中で出来る仕事をやってたり。 障害者の患者会にも所属していますので、そっちの用事を進めたり・・・。ま、何もない時は、割り切って 「のんびり」 と過ごすコトにしています。(^_^;)

「目に青葉 山ほととぎす 初鰹」
とは、江戸時代の俳句ですが、青葉や初鰹には、まだ少し早いんですが、ホトトギスは鳴いてましたよ。
そして、家の周辺には、 「タンポポ」 も。
冬は、かなりに波乱万丈でしたが・・・、ようやく、春らしくなってきましたね。(^^)
 

| | コメント (2)

特別な日!?

 聞いて下さい! 聞いて下さい!

以前から、新しい仕事を探してたんですが、
どうやら見つかりそうなんです!       ヤッタ!

それから、最近、結構、体調が好いんです。 
もしかしたら、疾患の程度が軽くなってる!? OK!!

それから、それから、いま自分が担当している
作業も結構、順調に進んでて、なかなか好い調子!

ついでに、社会もガラリと変わって・・・、政権与党は、
なかなか手強いですが、夏が過ぎた辺りには、
もしかしたら総理大臣が、別の人に・・・!? 

なんてね。(^_^;)

兎にも角にも、オイラ自身に関しては 
う~~~ん、こりゃ、 人生上向き加減!

と言うか、上向いてますよね! 

ヨッシャ~~! \(^o^)/

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

・・・・・・・・、みなさん・・・、
今日は、エイプリル・フールですよねぇ・・・。(T_T)
でまかせ言って ゴメンなさい。 <(_ _)>

嗚呼・・・、空模様は、唐草模様・・・。

| | コメント (4)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »