« 絶不調・・・?! | トップページ | 統一地方選挙 「その1」 »

花見の落語

世はまさに、群雄割拠の戦国時代・・・、ではなくて。(^_^;)
日本全国、花見どきですね。 ホンの1ヶ月ほど前の開花宣言フライングもなんのその。(笑)
本格的に、お花見シーズン真っ盛りです。

・・・、好いですね。みなさんは、もう「お花見」されましたか?? オイラは今週、ずっと臥せってて結局、ほとんど家の中で過ごしましたので、さしずめ、テレビの画面越しに 「お花見」 といったトコロでしょうか。(苦笑)

ところで、落語の題材にももちろんお花見はあります。
「長屋の花見」 、 「花見の仇討ち」 、 「花見酒」 ・・・、などなど。 色々とお花見がテーマの落語もあるんですけど一番わかりやすいのが 「長屋の花見」 だと思います。
先日の落語会でも、三遊亭楽太郎さんも演じておられましたが・・・。(^_^;)

噺の導入部は。
毎度、おなじみの江戸の貧乏長屋。 春も陽気な吉日に、長屋のみんなに大家さんから声が掛かった。
「何だ! 何だ!? 家賃の催促か??」
「家賃って何だ??」(笑)
と、何事だろうかと、一同不安げに大家さんのトコロにお伺いをたてに行くと、大家の長介さん、
「花見だよ! 全員集合!」(笑)

いつも貧乏長屋と呼ばれているのが気になっていたのか、大家さん、景気好く、お花見弁当もお酒も用意してあるとのコト。 長屋の一同は、大喜びで近くの山へと繰りだして、さあ、お弁当だ、お酒だと、お楽しみの宴が始まるのですが・・・。
噺の展開も、ほのぼのと、縁起の好いサゲ (オチ) の一席です。面白いですよ。

さて、 「花見の仇討ち」 も同じく、気の好い3人の江戸っ子が、花見の趣向に何かみんなが驚くようなコトをやってみようと、色々と知恵をしぼって考えに考えた。 そのアイディアとは・・・?

この噺、マクラ (前フリ) 部分に 「六部」 と言う人物の説明があった方が解り易いです。
「六部」 とは 「六十六部」 のコトで、全国66ヶ所の巡礼所を巡る巡礼者を指しています。 これさえ覚えておけば、この噺はバッチリ。(笑)

・・・、あ~~、お花見に行きたいですね~~。もう少し、元気になったら、近くのお花見スポットに繰り出して見たいものです。
個人的に、一度は行ってみたい 「お花見スポット」 といえば・・・。 「大阪市造幣局の通り抜け」 ですね!
今年は、ムリですが、いずれ近いうちには・・・。
(-_☆キラーン (笑)

|

« 絶不調・・・?! | トップページ | 統一地方選挙 「その1」 »

趣味・落語」カテゴリの記事

コメント

造幣局の通り抜け。
オイラの職場の近くです。
是非、来年こそは遊びに来て下さい。

投稿: 怪盗紳士。 | 2007年4月 8日 (日) 00時11分

>快盗紳士。さん

コメントありがとうございました。
こちらからのお返事がおそくなってしまい、
すみませんでした。

おぉっ! お勤め先の近くなのですね!
う~~、うらやましいです。(笑)
分かりました。 オイラも、来年こそは体調を
整えて、通り抜けを体験したいと思います。

目指せ!造幣局!(いや、微妙に違う(T_T))

投稿: 穀物。 | 2007年4月10日 (火) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 絶不調・・・?! | トップページ | 統一地方選挙 「その1」 »