« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

生命 (いのち) の選択 政界、激震!part 1 

今日で、5月も終わりですね・・・。 いや、あと数十分で終わるんですが。(^_^;)

政界に、またも激震が走りました。
以前より、このブログでも記事に取り上げていた、松岡農林水産大臣が、28日、自ら命を絶ちました。
亡くなられた松岡元農林水産大臣に心よりご冥福をお祈り申し上げます。

さて。
国会では、 「ナントカ還元水」(光熱水費) 問題で、かなりバッシングされていた彼。 そして、 「緑資源機構」 と言う団体との談合問題についても、地検特捜部の捜査の手はかなり、間近まで届いていた、との報道も・・・。
さらに、その 「緑資源」 前身の元理事も投身自殺を・・・。

松岡大臣に対しては 「議員辞職していれば・・・」 、と言う声も聞かれましたが、政治とカネの問題は、いまに始まったコトではなく、今回の一連の疑惑も、もし明るみに出れば、それこそ議員辞職だけでは済まされない状態になるコトを予想していたのでしょうか。

それとも、あくまでも、追求の手をかわし続けた結果、政治家生命を絶たれるコトよりも、自らの生命を絶つコトを選択してしまったのしょうか?
出来る事ならば、生きて真実を明らかにして欲しかったですね。

また、訃報が知らされた時の安倍総理の
「慙愧に耐えない」
とのコメント・・・。バッシングされ続けていた松岡元大臣を養護し続けたコトに対しての 「慙愧」 (恥ずべき気持ち) だったのでしょうか?

もしも安倍総理が、うっかり本音を漏らしたのだとしても、結果論だったとしても、果たして相応しいコメントであったかどうか、疑問が残りました。

| | コメント (0)

ノンストップ! 白鵬!!

大相撲5月場所にて全勝優勝を果たした 白鵬が横綱に昇進しました。
第69代 横綱 白鵬・・・。 久々の東西横綱です。

思えば、今場所は、場所前から、稽古での怪我や 「力士の品格」 問題などが噴出。(^_^;)
場所中も、朝青龍の 「座布団事件」 などもありながらの波乱含みの15日間でしたが・・・。

結果として、 「心・技・体」 において朝青龍より一歩リードした白鵬が抑えての勝利、と言ったトコロでしょうか?
聞くところによれば白鵬のお父さんも、モンゴル相撲の横綱だったとか・・・。
千秋楽の表彰式には、モンゴルの衣装で家族と喜びを分かち合う姿もありましたね。
注目の 「土俵入り」 は 「不知火型」 らしいです。 
そういえば、ここ最近の横綱はみんな 「雲竜型」 だったような・・・。若・貴の 「お兄ちゃん」 、若乃花が、 「不知火型」 での土俵入りだったような気がします。

・・・・・、欲を言えば、日本人の横綱が現れて欲しいですね~~。
嗚呼、若・貴・・・、いや、正直言って、貴乃花は、あまり好きではなかったのですが。 (^_^;)
「千代の富士」 (現 九重親方) 時代が懐かしい!!

しかし、これで来場所から横綱同士の対戦も見るコトが出来るので、何となく今から楽しみではあるのです。

| | コメント (2)

この料理 この一品。 [第5話]

P1000534


久しぶりに、フレンチトーストを食べました。
厚切りの食パンに、タマゴ・牛乳・砂糖を混ぜたモノを染み込ませたオーソドックスなフレンチトーストです。
味は、そんなに甘くなかったので砂糖控えめだったのかも。(^_^;)

エレンタールのコーヒー味と一緒に、一切れ賞味。
美味しい。 この堅柔らかさが微妙であり絶妙です。(笑)

ちなみに、パン類は、「食パン」 や 「メロンパン」 などは少量であれば大丈夫。
一部ファン層に大人気の 「焼きそばパン」 はダメなのです。(T_T) (笑)

また、このフレンチトーストのお手軽ヴァージョンとして、お皿に砂糖を混ぜた牛乳を張り、角切りにした食パンをひたして食べるのも、好い感じです。(^_^;)

| | コメント (0)

文字力!

超だるだるだった体調 (体腸) も、ようやくだいぶ回復してきました。

そして。。。、今宵の書き込みで、なんと、このブログの記事も通算100回目!
1月の開始から数えて、まる4ヶ月が過ぎました。 最初は、三日坊主かも・・・、なんて思っていましたが、応援して下さっている方々のおかげもあって、何とかここまで続けて来れています。 感謝!感謝!です。

しかし・・・、改めて自分の書いたブログを読み直してみると、内容的にイマイチな部分が多いですね。(^_^;)
どうも、あと一歩も二歩も踏み込みが足りない・・・、と言うか・・・。
時折、他の方のブログも拝見するコトがあるのですが、みなさん、実に上手くまとまった文章を書いています。
それに比べればオイラのなんて・・・。(T_T)

まだまだ、文章力が足りてませんね。 文章、文節、単語のひとつひとつまで、もっと人を惹きつけるチカラが欲しいです。

・・・、そう! 文字のチカラ。 
「文字力」 です。
「もじりょく」 ? 「もじちから」 ?? ・・・これは、あえて 「もぢから」 と読んで欲しいです。
「目力」 (めぢから) ってありましたよね。 あんな感じで。 (^_^;)

少し前に、ネットで 「良いブログとは」 ? と言うキーワードで色々と調べた結果、結局は
「大事なのは、更新を続ける事で、テクニックは「おまけ」」 とのコト。
しかし、読んでもらうためには、やはりそれなりに、文章力も必要だろう・・・、と思うんですよね。
読みやすい文章、とか。 自然と惹き込まれていく文章、とか。(^_^;)

う~~む、 「人を惹きつける文章」 ・・・、いまだ、その域に至る事かなわず、今宵も、そしてこれからも、続く限り思いの端々をブロに記して行こうと考えているオイラです。

みなさん、改めまして、これからも宜しくお願いします。
<(_ _)>


 

| | コメント (0)

ぶら下がり栄養療法

ふへぇ~~~。(@_@;) マジ、キツイです。
予定通りに、24日 (木) に帰宅していましたが、やっぱり、遠征は強行軍だったみたい・・・。(^_^;)
書き込みが遅くなってスミマセンでした。 ご心配をお掛けしました。m(__)m

オイラの場合、大体、旅先から帰って3日くらいしてから、疲れのピークが来るんですよね~。
今日がちょうど3日目。(^_^;)
カラダ中がだるくて、オマケにおなかも少し・・・。(ーー;) 大腸内視鏡検査も迫っているコトですし、しばらくは大人しくしていようと思ってます。

さて、さて。
今回のメインテーマは、旅先での 「夜間経腸」 。 新型に変わって、さて、どうしたものか、と色々と考えてみたのですが・・・、結局、エレンタールが入ったパックは設定どおりに吊り下げて使うコトに。

前回の記事へのコメントで、 「オカモチ」 を使っては? と言う提案も頂きましたが・・・、残念ながら、 「夜間経腸」 セットは、業者からのリースのようなモノで。
新型に機種変した時に、旧型セットは、すべて返してしまったのです・・・。

で、新型セットのネックが 「ラック」 (笑) 
あのステンレス製の大掛かりなカートです。
しかし、それに代わるモノは、意外と身近にありました。


P1000525


ハイ! コンパクトカメラ用の三脚です。 使用する時は、腰の辺りまで脚が伸びて、収納時は折りたたみ傘くらいのサイズになります。
カメラの角度を調節するグリップにS字フックでエレンタールパックを吊り下げれば、バツグンの安定性。(-_-)v
無事に朝まで、栄養を摂るコトが出来ました。

・・・、なんだ、普通じゃん。
もっとヒネリを効かせた面白いワザを使うのかと思った、なんて思った方々、ご期待に副えなくてスミマセン。
でもね、この企画は (^_^;) そう言うのが狙いじゃないんですよ。(笑)


P1000529


最近は、とても強い吸着性で、なおかつ、ワンタッチで取り外しが出来る吸盤フックも売られています。
それを使って、使用前の消毒、使用後の洗浄などもラクラク。
ちなみに、フックをくっ付けているのは、洗面所の鏡。
さすがに吸着力、安定性もバツグンです。(笑)

それにしても、今回のタイトル・・・・・・、なんだか、昔流行った 「某健康法」 みたいですね。(笑)

| | コメント (0)

いきなり、デヴュー!?

さて、前回の記事にて、 「夜間経腸」 新型モータポンプのトラブルネタを披露したばかりなのですが。
実は、明日、いやすでに今日ですね、23日から1泊2日の日程で遠征してきます。もちろん、夜は 「夜間経腸」 やりますよ。(-_-)v

とは言え、前にも書きましたし画像もご覧頂いているかと思いますが、さすがにあのカートは持ち運びはできません。(T_T)
一応、対策 (案) は浮かんだので、なんとか外出先でも新型モーターポンプセットを使いこなしてみたいと思ってます。

24日 (木) の夜には帰ってきますので、またブログにて旅先での出来事をお知らせしたいと思います。
こちらも、乞う、ご期待? (笑)

では、行ってきま~す。

| | コメント (2)

カレーは、二日目が美味しいんですよね~

機種変ネタ、いよいよ 「二日目の夜」 です。

それは、突然の出来事でした・・・。
いつも、 「夜間経腸」 をする前に、鼻から胃まで入れるチューブをミルトンで30分~1時間くらい消毒するのですが、その夜も同じように消毒に入り、待ち時間にテレビを見ながら横になっていたんです。
時間は、23時を少しまわったところ。

結構、疲れていたのかも知れませんね・・・。 映画を観始めていたんですが、ハッと気がつくと、エンドロールが流れているではありませんか!
時計を見ると、午前2時前。(T_T) しまった、寝てしまってたか。

あわてて、エレンタールを準備して、ポンプをセッティング・・・、とそこまでは良かったのですが。

ピ~~~~~~ッ。 
いきなりエラー音。しかも、取り説見ながら対応しても止まりません。(T_T)

何か、対策は!?
と、方法を探すために再び取り説を見ると、現時点で一番解決策らしき文章が目に留まりました。

「上記以外のエラー表示については、24時間対応のサービスセンターまでご連絡下さい。」

時計を見ると3時前・・・、仕事だもんな、サービスセンターの人も、仕事だもんな。
・・・、24時間受け付けだもんな・・・。
など、ひとりで自分を納得させながら、連絡。
保守担当の方から、とりあえずアラームの止め方を教えてもらったのですが・・・。

まず、ポンプ側面のカバーシールをはがす。
その下からは、ネジ止めされたカバーが出現・・・。
カバーを外して、内部のコネクターを外さないとアラームは止まらない仕掛けになっているとか・・・。
ハイ! ここには、ドライバーはありません。(T_T)
 
仕方がないので、その夜、モーターポンプはキッチンの戸棚の奥にてアラームを慣らし続けてて貰うコトになりました。(^_^;)

担当の方の説明では、セッティングミスか、初期不良品かのどちらか・・・。 オイラも、寝過ごしてしまっていてあわてて準備していたので、ミスがなかったとは言い切れず、翌日に代わりのポンプを届けてもらうコトに。

その夜は、魚肉ソーセージを一本良く噛んでとりあえずベットに。すきっ腹状態のまま涙で枕をぬらしながら (笑) 寝に入りました。
眠りに就くまでに、何故か、カレーライスがアタマに浮かんできたりして。 嗚呼、カレー、二日目が美味しいんだよな~~。なんて。(^_^;)

翌日、業者の方が代わりのポンプを持ってきて、とりあえず落着。 担当の方いわく、
「こんなトラブルはめずらしいんですけどね~」 とか。
でも、家電製品でも、時々あるじゃないですか。初期不良品。

三日目の夜は事なきを得て、無事に 「夜間経腸栄養」 をするコトが出来ましたよ。ま、新型機種からのちょいとイジワルなアイサツだったってコトで・・・。(苦笑)

| | コメント (2)

「オカモチ」 誕生!

え~~っと、機種変ネタの続きです。

少しハナシを戻しますが、オイラがこれまで使っていたのが 「オカモチ」 タイプ。
実は、機種変更はこれで3回目で、一番最初に使っていた機種は、病院で点滴を受けるような、まんまそのタイプ。点滴棒の一番上にエレンタールの入ったボトルを吊り下げて、支柱の途中にモーターポンプをセットし、チューブを経由して滴下していく、と言うもので・・・。

「オカモチ」 タイプに変わった時には、一気に 「ポータブル」 になった! と言う感じで、そりゃもう大喜び。(笑)
で・・・、なぜに 「オカモチ」 タイプが生まれたのか? と言うのをお話しするコトになってましたよね。

それは、腸疾患を患うひとりの子どもの声からでした。
「修学旅行に行きたいので、旅先ででも 『夜間経腸』 が出来るようにしてもらいたい・・・。」

医療機材のメーカー側は、その思いに応えようと試行錯誤の末に、 「オカモチ」 タイプが出来上がったそうです。
実際オイラも使っていましたが、据え置き型の点滴タイプから比べれば、雲泥の機動性。(^_^;)

ただし、 「オカモチ」 自体はプラスチック製でちょっと嵩張るので、旅先では折りたためるエコバックなどで代用し、ボトルとモーターを入れて「夜間経腸」してましたが・・・。

しかし、今回の機種変更で、またも据え置き型に近いカートタイプに・・・。
何とか 「ポータブル」 な使い方を工夫してみたいと思ってます。

・・・そして、次回はいよいよ、二日目の事件!
我ながら、引っ張りますね~~。(笑) 乞うご期待!?

| | コメント (0)

機種変更しました。

P1000522_2

P1000517


・・・と言っても、携帯電話ではありません。 いや、携帯もそろそろ機種変したいんですけどね。(^_^;)

クローン病患者のオイラにとって欠かせぬ栄養摂取手段である、「夜間経腸」については以前、少しご案内しましたが、今回はオイラが寝てる間に栄養を送り込んでくれるモーターポンプセットの紹介です。

上の画像が新機種で下がこれまで使っていた機種です。

それぞれの写真で、カートの下部にある機械、オカモチ型の入れ物に入っている機械、がモーターポンプです。
ポンプそのものの大きさはどちらも同じくらいで、ちょうどニンテンドーDSを分厚くしたくらいのサイズ。(^_^;)
なので・・・、カートタイプの新型の方がいかに大掛かりなモノかご想像がつくかと思います・・・。(笑)
ちなみに、旧式のモノは、業界では、そのままズバリ 「オカモチ」 と呼ばれていたとか・・・。

「オカモチ」 タイプになった理由が感動的で・・・、いや、マジで。 この逸話は、また後日改めてご紹介します。

画像の説明をもう少し・・・。 それぞれ、カート上部にぶら下がってるビニールパックや、オカモチの後ろに入っているボトルの中身がエレンタールです。ビニールパックやボトルからはチューブが延びていて、モーターポンプを経由して、画像には映っていませんが、オイラの鼻から体内の胃まで入っているチューブに接続されています。

で、今回の機種変の理由はと言えば、これまで使っていた日本のメーカーからまだ新機種が開発されないため、今度のヤツは、外国製です。しかも、ドイツらしい・・・。 クルマだったら、ベンツ?ポルシェ?って感じです。(笑)
先週の金曜日に通院日でしたので、そこで新旧交代。新型はモーター音が静かですね~。緊張しながらの第一夜。 取り説読みながらのセッティングでまずは、無難に夜間経腸を行なうコトが出来ました。

しかし・・・、
このまま上手く続いてしまっては、このハナシ、面白くありません。(笑) 次回、二日目の夜間経腸で、いきなり予想だにしなかった事態に!! 乞うご期待。(^_^;)

| | コメント (2)

I am Japanese ?

今月15日で、沖縄がアメリカから日本本土復帰を果たしてちょうど35年目に当たるそうです。
特集番組には、その日35歳の誕生日を迎える男性のインタビューの様子が映されていました。
「『あなたは、生まれながらにして日本人なのよ』、そういわれて育ってきました」
との言葉が印象的でした。

かつて、沖縄が 「琉球」 であった頃は、自由な独立国として大陸との交易で暮らしていたそうです。
そして、豊臣秀吉から徳川幕府の時代に日本に占領されてしまいます。
大陸との交易は続けられていたようですが、その富は、薩摩藩にも多く流れていたとか・・・。

時は流れ、 「昭和」 。
太平洋戦争終結後も、沖縄はアメリカ軍に接収され、それから60数年経った 「平成」 の今でも軍の基地は、そこにあります。

一昨年、患者会の関係で、沖縄に行った時に現地の人々はとても温かく迎えてくれました。オイラの知っている沖縄の患者会の人たちも、おおらかで優しく温かい心の持ち主です。

沖縄の観光タクシーのガイドさんは、立ち並ぶ基地関係者が暮らす施設を指して、
「あれらの建設や維持費は、すべて日本の財政でまかなわれているんですよ」
と説明してくれました。
そして、繁華街には英語の看板が多く目立ち、まるで日本であってそうでないような・・・。

アメリカ軍の極東戦略の最重要拠点と呼ばれている 「嘉手納基地」 、飛行場問題を抱える普天間基地。
しかし、その一方で、基地関係者を相手に生計を立てている人たちも確かにいるんですよね・・・。

「ヘルシー&スローライフ」 と言う元来の気質を上手く観光産業に取り入れて近年では沖縄への移住者も増えているようですが・・・。
とても辛い歴史を重ね、今なお、基地問題や、自立型経済の構築など様々な障壁で、揺れる沖縄。そしてそこに暮らす人々。

もしかしたら、日本でもなくアメリカでもなく、
「琉球の民」 として、穏やかに自由に暮らして生きたい、と言う強い心の灯火を、沖縄の人たちはいまもその胸の奥にしっかりと守り続けているのかも知れません。
なんとなく、そんな風に、感じてしまいました・・・・・。

| | コメント (0)

 デンジャラス!

最近・・・、凶悪且つ凄惨な事件が続いてますね・・・。

立てこもり発砲事件。 母親を殺害、切断事件。 乳幼児を原付バイクのヘルメットボックスに入れて放置・・・。

「命は地球よりも重い」 とか、 「命はかけがえのないもの」 ・・・、オイラは幼い頃からそんな風に、命の大切さを教わってきました。
それは、漠然とではありましたが、何となく守らなければならない事、として胸の中にありました。

親族や身近な人たちの葬儀や、一緒に暮らしてきた動物たちとの死別を経験して、その人や動物たちがもう二度とオイラの前に姿を現す事のない現実を知りました。

なぜ、簡単に命を絶つことが出来るのでしょうか?
その心の向こう側には、命の重さをも凌駕するほどの 「闇」 が存在するのでしょうか。

リセット出来るのは、仮想空間だけでのハナシ。
目の前に、すぐ傍にいる、大切な人のぬくもりを、息遣いを感じる事が出来るのならば、その気持ちを大切にして欲しい。

その心の「闇」の引き金をひく前に。

| | コメント (0)

yell -エール- 花のように

みなさんは自分自身の 「応援歌」 を持っていますか?
・・・、いや、別にオリジナルで「穀物。の歌」みたいな感じの歌でも好いんですが。(^_^;)
例えば、いま流行してるヒットチャートを、心の中で応援歌にしてるとか・・・。

オイラは、普段はあまり歌は聴かないんです。その代わりに、「落語」、「落語」、また「落語」。(笑)
でも、時々、心に残る歌を聴いた時に、思わずCDを買ってしまったりします。(^_^;)

最近、よく聴いているのは、 「kokua」 の 「Progress」 。
「kokua」 は、スガシカオが仕掛け人のユニットです。
某ドキュメンタリー番組のテーマソングにもなってます。
「あと一歩だけ、前に・・・」 このフレーズが好いんですよね~~。 落ち込んだ時や、気合を入れたい時など、「落語」 よりも即効性があるので(笑)よく聴いてます。

そして、またひとつステキな歌に出逢うコトが。
それは、 「Gackt」 の 「野に咲く花のように」 。

この歌は、先日偶然に深夜番組で流れていたモノで・・・、ある高校の卒業式に Gackt が、みんなにナイショで、プチライヴをプレゼントする、と言うものだったのですが、その時に歌われていたのです 。
・・・、いや、このタイトルを聞いて、雁之介さんの
「裸の大将」 を思い浮かべた方々! ある意味、オイラとベクトル近いです。(笑)
「心外だなあ!」 と思われた方、それもアリです。(^_^;)

で、話しを戻すと、この歌は、先に書いたように、卒業していく学生たちを歌ったモノなんですが、その歌詞の端々に、何となく、いまのオイラの心情と重なるものもあったりして・・・。学生なんて、もう遥かに昔のコトなんですけどねぇ~。 (苦笑)

そして、Gackt 自身についても、ごく最近から少し興味を持ち始めてて・・・。 先に紹介した、スガシカオも不思議ムードタップリの人ですが、Gackt も負けてませんね。
劇場版アニメ 「機○戦士Zガン○ム」( 伏字か (笑) ) のテーマソングで、
「んっ! この左上からの強いプレッシャーは!?」
などと、思ってしまっていましたが・・・。
この 「野に咲く花のように」 は、実に静かなバラードなんですけど、それでいて、とてもチカラが湧いてくるような歌なんですよね~。不思議。

そして・・・、Gackt のフィールドは 「大河ドラマ」 へも!
現在放送中の 「風林火山」 に武田信玄の終生のライバルである、上杉謙信の役で登場予定。
いつ登場するんだろう~~、楽しみです。でも、あの声質で戦国武将!?いやいや、きっとクールに決めるんでしょうね。(笑)

兎にも角にも Gackt さん、かなり期待しちゃってたりします。 せっかく某アニメ番組のネタも出たコトですし。
もう、このセリフネタも、ずいぶん使い倒されているとは思いますが、ここは、青いオヤジのランバ・ラルさんで〆させて貰いたいと思います。

・・・、「Gackt は、違うのだよ!Gackt は!」 (笑)

 <(_ _)>

| | コメント (8)

一輪の華

出世して、ラクをさせているワケでもなく、むしろ、いまだに心配をかけているんだと思います。

生後まもなくのオイラは、寿命が限られていて、
「どんな事をしてでも、生き延びさせよう」
と言う強い気持ちの元で育てられ、今日まで命をつなげて来る事が出来たのだと思っています。

色々と贈り物を考えてみましたが、どれもイマイチなモノばかりでした。
ただ、毎年の今日の日に、花を贈ることは、慣例とされているようなので、今年も華を贈ります。

そして、いまのオイラに出来る精一杯のコト・・・、今朝も、元気に  ( と言うワケには、なかなかいかない時もありますが (苦笑) )

ごくごく普通に、
「おはよう」
と、挨拶を交わすコトが出来ました。

今日の日を ありがとう。

| | コメント (4)

「絶食」 解除。でも・・・。

え~~っと、
数日前から、また少しづつ食べ始めてます。
基本は 「茶がゆ」 オンリーで。

いまのトコロは、体腸は大丈夫なんですけど。 
イマイチなんだかイケてない。(T_T)
そんなに食べてはいないのに、やるコトなすコト、
「消化不良」 ってカンジです・・・。(ーー;)

キモチが、欲張り過ぎているんでしょうか・・・?

| | コメント (2)

空腹の はざま

イマイチ、体調がスッキリしない連休明けです。(@_@)
しばらく、絶食を続けていたためか、「体腸」の方はまずまず回復しているのですが・・・。
カラダがダルい。 ダルダルです。(T_T)
・・・、もしや、5月病??(笑) まさかね~~。

さて、 「体腸」 の話題が出たトコロで、以前少し触れた 「空腹のはざま」 について書こうと思います。

みなさんが、 「空腹」 を感じるのは、どんな時ですか?
スポーツや、仕事などをしたあと? 胃カメラとか内視鏡検査などで絶食してる時も、そうかも知れませんね。(^_^;)
このように、ほとんどの場合が、おなかがカラッポになった時ではないでしょうか?
このような空腹の状態は 『生理的な空腹』 ですよね。 トイレに行きたい、とか、疲れたのでゆっくりと休みたい、とか、カラダが要求している事柄、と言う意味で。

しかし、炎症性腸疾患、クローン病患者であるオイラには、もうひとつの 「空腹感」 を感じる時があるのです。
それが、 『心理的な空腹』 です。
例えば、夜間経管 (経腸) 栄養 「鼻ちゅー」 が終わったあとに、通常の昼間のエレンタールを口からグビグビ飲んだりしてて、おなかが、程よくタプンタプンになってる状態の時でも、 「おなか空いたな~」 と感じるコトがあるのです。 極端な場合、エレンタールを飲んでる最中にも空腹感は感じます。

「それって、もしかして 『摂食障害』 じゃないの??」
と思われた方もいると思います。実際、オイラ自身もそうではないか?と思い、少し調べてみたのですが、どうも違うようで・・・。

「摂食障害」 の中の 「過食症」 と呼ばれる症状は、何らかのストレスが原因で、大量に食事を摂ってしまい、そのあと自分で喉に指を入れて、食べ物を戻してしまうケースが多いのですが、オイラの場合、 「食べたい」 と言うキモチは強いのですが、カラダが受け付けない、と言うか、いざ食べてやろう!と思っても心理的にリミッターが掛かっているような感じです。
しかも、その原因がストレスからくるモノだとするのであれば、ストレスの原因そのものも、 「食べれない」 と言うコトで・・・。 なんだか、パラドックスっぽい状態になってますが。 (^_^;)

分かりづらい説明だったと思いますが、こんな風に日常的に、ふたつの「空腹」の間を行ったり来たり。
「空腹のはざま」 に生きているオイラだったりするのです。 でも、これは、もしかしたらオイラだけのケースかも知れませんし、炎症性腸疾患、クローン病や潰瘍性大腸炎を患っている方々みんながそうであるとは言い切れません。

こんな感覚を感じてるのって、・・・・・、オイラだけなんでしょうか~~?

| | コメント (2)

安全? 安心? アンタッチャブル??

楽しく過ごすはずの連休最終日に、とても痛ましい惨事が起こりました。
大阪府吹田市の遊園地、 「エキスポランド」 にて、立ち乗り型のジェットコースター 「風神雷神2」 の脱線事故。

まず、この事故で亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、負傷された方々に対しましても心よりお見舞いを申し上げます。

さて、事故後、頻繁にニュースにてエキスポランド側の記者会見が報道されていますが、内容をそのまま受け止めれば、このアトラクション、通常点検するはずの時期を先延ばし、しかも事故の原因と考えられている、コースターの車軸は一度も交換したことが無いとか・・・。

おおよそ、乗り物と言うのは
「ベビーカー (チャイルドシート) 」 から 「宇宙船」 まで、基本的に消耗品と考えるべきです。
 ↑ 決して茶化しているのではなく、真面目な話。

自動車にも定期点検の時期は定められていますし、時々事故の報道がある旅客車両、及び飛行機にも当然、修理・点検は義務付けられています。
遊戯施設のアトラクションだけ例外なんてのは、絶対にない!

「エキスポ」 側からのコメントでは 「USJ」 の影響が大きく他にも閉園を余儀なくされている遊技場がある、とか。
対策として新たなアトラクションを設置したため、コースターの解体検査を行なうスペースが無くなったため、検査を先送りした・・・・・・。

これについては、すでに怒りの感情は通過してしまっています。それ以上に深刻ですよね。
すべて結果論でしかないのですが、もっと方法があったはず、解体検査を行なうコトは、もちろん必要なコトですが、せめて車軸の交換をしていれば、今回のような惨事は起きなかった可能性もあるのです。

確かに 「エキスポランド」 も多くの従業員が働いている遊戯施設です。集客率を伸ばし、利益を上げてサービス産業界での生存競争に勝ち残る・・・、そうするコトで従業員の生活を保障するコトも大切だとは思いますが。

その前に、楽しく過ごすために来園する、
「お客さんの安全の保障」 でしょう?

この記事は、あくまでもマスメディアからの情報を元に既述していますので、もしかしたら偏った視点の部分があるかも知れません。
ただ・・・、ひとえに残念に思ったコトは、 「エキスポ」 側の説明や取材を受けている社長の対応の様子などから、アトラクションに対する 「安全管理」 の 「あ」 の字も感じられなかったコトです。

「そこに、 『安全』 は、あるのか!?」

| | コメント (2)

休み明け キツイ理由(ワケ)

ゴールデンウィーク、大型連休もついに終わってしまいました。
みなさんは、どんな休暇を過ごされたのでしょうか??

さて、今日からまた、いつもの日常が始まりましたが。
・・・、カラダがキツイです。(@_@;)
もうすっかり、生活のリズムが連休モードになってしまっているんでしょうね。
結構、夜更かしもしてましたし。(T_T)
それに、昨日のエジプト旅行が意外に堪えてるのかも知れません。(^_^;)

幸いなコトに、連休明けの今日の仕事は、それ程の配達物はありませんでしたが、明日からまた増えると思います。 微妙にカゼっぽい気もするんですが、気のせいと言うコトで・・・。(T_T)

早くキチンと元のリズムに戻さなければ・・・。 しばらくは、ホフク前進で、カラダを慣らしてくコトにします。
みなさんも、どうかくれぐれも、連休のちの体調には気をつけて下さいね。(^_^;)

| | コメント (2)

ちょいとエジプト日帰り旅行

大型連休、ゴールデンウィーク最終日の今日。
あいにくの空模様の中、行ってきました! エジプトへ。
しかも、ただのエジプトじゃありません。
古代エジプトですよ!  しかも日帰りで!

・・・、と言っても、別に 「どこでもドア」 を通ったワケでもなく、ましてや、のび太くんの机の引き出しの中に入ったワケでもなし。(笑)

ハイ、実は 『吉村作治の早大エジプト発掘40年展』 に行ってきたのです。
テレビ番組などにも結構、よく登場されている吉村教授です。エジプトでのミイラ発掘作業のコトもご存知の方も多いかと思います。

雨天だから、少しは人が少ないかな~、と言う考えは、甘かったようで・・・、さすがに、連休最終日と言う事で、かなりの人でした。 
それでも、そんな人の波をかきわけながら。(^_^;) 重厚な雰囲気の展示会場を携帯用の音声ガイダンスを片手に、発掘された展示物をじっくりと堪能するコトが出来ました。

中でも、今回の展示のメインである 「青いミイラマスク」 は圧巻!
古代エジプト王朝のかなり高い地位にあった、セヌウと言う名前の人物のミイラに被せてあったマスクです。

ミイラが入っていた木棺と一緒に展示されており、やはり、保存状態に気を遣ってか、照明も少し落とし気味でした。 また、木棺が発見される様子や、中のミイラから丁寧にマスクをはずす様子を映した映像も流れており、重厚さと臨場感もグッと増しているように思いました。

さらに、発掘されたセヌウのミイラをCTスキャンする事で、CGによる生前のセヌウの顔を復顔した映像も流れてたり・・・、昔、テレビで、発見された骸骨の上から粘土で復顔をする内容のサスペンスドラマを見たことがありますが、いまやCGで再現できてしまう・・・、いやはや科学の進歩ってスゴイですね。(^_^;)

また、ミイラマスク以外でオイラの興味を引いたのは、化粧用のパレットや、木や土で作られた食器やランプ。
展示物には、古代エジプトの祭儀用の神像や装飾品、石版などが多かったのですが、化粧道具や食器、と言った日常的なモノを観ていると、数千年前には、これらのモノは、実際に人々に使われていて、それを時を隔てたオイラがこうして眺めている・・・、
そう考えると、なんだか不思議な気持ちにもなりました。

古代のエジプトの人たちって、自分たちが使っていた日用品などを、いまこうしてオイラが美術館で眺めている、なんて想像も出来なかったでしょうね~~。 時の流れって、ホントに不思議で神秘的です。

なんだかオイラ自身も、数千年の時を経て、古代エジプトの旅に行った・・・、 
つもりになれた (^_^;) 連休をしめくくる一日でした。

| | コメント (0)

こどもの日

5月5日は、 「こどもの日」 。
・・・、とは言え、オイラ自身は、すでに 「こども」 と呼べる年齢でもなし。
( 精神年齢には、ツッコミなしで (^_^;) )
そして、我が家にも、 「こども」 がいないので、何の変哲もない普通な休日を過ごしました。

Uターンラッシュも始まっていますが、好い天気でもあり、全国の行楽地では、たくさんの人でにぎわっていたとか・・・、そんなニュースをテレビで眺めながら、ゴロゴロ ゴロ寝。(笑) そんな感じで過ごしていると、ふと思いついたのですが・・・。

そういえば、 「オトナの日」 ってのは、ないな・・・。
「母の日」 、 「父の日」 、 「敬老の日」 ・・・、いやいや、 「成人の日」 と言うのがあるじゃないですか!とモニターのそちら側でツッコミを入れているアナタ。

オイラが思うに、 「成人の日」 は、 「大人になる日」 であって、決して 「オトナの日」 じゃないと思うんですよ。
それでは、 「オトナの日」 とは、どのような日なのか? と言うコトになるんですが、うっかりそのまま読んでると、ちょっぴりアダルトなイメージも、かもし出します。(笑)
ではなくて。(^_^;)

要するに、普段あくせく働いているオトナも、この日ばかりは、 「思い切り羽を伸ばせる日」 を作りましょう、ってコト。
終日、ゴロ寝してても好いし、ゴルフ・釣り・パチンコ三昧でも好い。
この連休も、もちろん仕事をしてる人もいますし、時間外労働であってそうでなし (>_<) と言う感じのサービス残業に追われている人もいる。 競争社会の中で生き残りを目指すオトナたち・・・。
そんな人たちのために、
「オトナの人格を重んじ、幸福をはかるとともに、のんべんだらりと過ごす」 コトを趣旨とする。
それが、 「オトナの日」 。

・・・、いや、ここまで書いててよく考えれば、中には5月5日以外の連休は、全部その 「オトナの日」 を満喫してたよ~、って言う人もいるんでしょうね。きっと。 (^_^;)

| | コメント (0)

日本国憲法。叫び!

今回は、2本立て。 第9条の次は、第25条です。

すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
② 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
( 日本国憲法 第25条 引用 )

ニッポンの経済成長とともに、国民の最低限度の生活のラインも、その都度変動していると思います。
事実、障害基礎年金の支給額も物価の変動とともに細かく変わってたりもします。 生活保護支給額も同じように変動があるのでしょうか??

障害者自立支援法が施行されて、福祉分野の様々な部分で自助努力の割合が高くなって来ています。
リハビリ補助の大幅な削減、介護難民と呼ばれる人たち・・・。

ネットカフェやマンガ喫茶に寝泊りしながら、暮らす若者。 ニート・ワーキングプア、と呼ばれる人たちの間に分け入って就労を目指す身体障害者の人たち・・・。

テレビ放送も、もうすぐ完全、地デジオンリーになり、チューナーを買い足すか、テレビそのものを買い換える必要があります。 コミュニケーションや情報収集の手段として、とても便利なパソコンも、日々新しいOSが登場し、セキュリティソフトの更新も難しくなっているケースもあります。
携帯電話とネットカフェの併用で、コミュニケーションと情報収集の面では上手く社会を泳いでいく術を見つけていく・・・、そして、そんな暮らしだけに溺れないように、息継ぎの方法も見つける必要もあります。

もちろん、そんなモノを何も望まなければ、それで済むのかも知れません。上を見れば切りがない。もう少し、もう少し良い環境、がいつの間にか 「贅沢」 と呼ばれるようになってくる・・・。

日々此れ心持ち次第。 とも言いますが。 

人が生きていくうえで、何を以って 「健康で文化的」 と言えるのでしょうか?
これだけ、物質的に飽和状態な社会の中で、
「最低限度の生活」
って、いったい何なんでしょうか??

| | コメント (0)

日本国憲法。祈り・・・。

5月3日は、憲法記念日。 しかも、現在の日本国憲法が施行されてからちょうど60年目の年です。
人間で言えば、還暦ですね。そんな、日本国憲法ですが、最近やたらと話題に上げられていますよね。
「護憲」 ? 「改憲」 ?? その狙いは、 「第9条 戦争の放棄」 。

正直言って、オイラ自身も憲法については、ほとんど知識がありません。 全部で100何条かあって、天皇のコトとか、武器を持たない、と言う事とか、基本的人権の尊重、のコトとか・・・。
よく知らないんだったら、書かなきゃいいのに、と思ってる方もいらっしゃるかと思いますが、自分が住んでいる国の憲法です。せっかくなので、自分の素直な気持ちも盛り込んで、ちょっとだけ触れてみたいと思います。

憲法第9条。 戦争の放棄。
いま、この条文が大きく揺らいでいます。 
時代に即した内容に・・・、さらに国際貢献に適した条文を・・・。 改憲派からは、こんな声が聞こえて来るようですが、さかのぼってみれば、今の内閣総理大臣のお祖父さんが、日米安保条約に深く関わった岸信介。
日本とアメリカの関係をより深めるためには、改憲は必要である、と言うコトでしょうか。

対して、軍備はいらない、大戦の悲劇を繰り返さないように。との護憲派。
気持ちはスゴク伝わってきます。第9条を崩す事により、再び戦争をする国になるかも知れない・・・。
たくさんの人たちが犠牲になる戦争は、決して起こしてはならない。 その思いはオイラも持っています。
オイラの祖父も、兵役で遠い南の島に行きました。 戦争がなかったら、もしかしたら90歳を迎えた祖父の姿を見る事が出来ていたかも知れません・・・。

戦争による軍需産業や、戦後の復興パワーを評価する人もいますが、高度経済成長と所得倍増計画、競争社会にバブル経済・・・、そんな時代を積み重ねながら歩んで来たがゆえに、 「豊かさ」 と 「脆弱さ」 と 「危うさ」 の入り混じった、今の日本の姿があるのではないでしょうか?

1960年代には、 「日米安保闘争」 という大規模なデモ活動が起こりました。日本政府に真っ向勝負で、立ち向かった人々です。今の日本では、そんな無謀なコトをしようと思う人はいないでしょう。
みんな、憲法のコトはスゴク気にはなってるけど、政府に委ねるしかない、と思ってる。

「憲法は、その国の人々のためのルールではなく、その国に住む人々の安全を保障するための、国のルールである・・・。」
そんな、言葉を聞いたコトがあります。

そして、オイラたち国民には、近い将来、反政府デモとは、まったく違う、 「国民投票」 と言う選択肢が委ねられようとしています。
自分たちが、安心して暮らしていくためにも、日本国憲法についても、もう少し知っておいた方がいいかな・・・、とも思ったり。 まとまらなくて、スミマセン。(^_^;)

| | コメント (0)

空中遊泳

ゴールデンウィークも折り返し地点。5月に突入し、子どもの日も間近な今日この頃。
折からの雨と風で、残念ながら5月晴れとはいかない空に、それでも極彩色の巨大なサカナが悠々と泳いでいるのです。

少子高齢化社会とは言っても、こういう風景が見れるのは、やっぱり好いですね。
4月の終わり辺りから近所の空に次々とサカナたちがのぼってきました。
3月の 「雛人形」 が家の中の華ならば、5月の 「こいのぼり」 は大空の華。

仕事がら、 あれ~~? あそこのお家は、老夫婦しかいないはず・・・、とか思っても、この連休に帰省してくるお孫さんのための巨大ゴイだったり。(^_^;)

子どもの成長を願ってやまない大人たちの気持ちも相まって、この時期の大空は、まさしく 「うなぎのぼり」 な 「こいのぼり」 って感じです。

| | コメント (0)

I’m in shock!オレの胸に堕ちてくる~ ♪

ゴールデンウィーク! 大型連休だというコトで、相変わらずのんべんだらり (^_^;) と部屋の掃除にいそしんでいた先日のコト。
気がついたら、日付も変わっており、テレビでは深夜枠で、アニメ 「北斗の拳」 の劇場版をやってました。

※ 「北斗の拳」
  20数年前に、週間少年ジャンプと言う漫画雑誌に
  連載されたバイオレンスアクションマンガです。
  主人公が 「北斗神拳」 なる一子相伝の暗殺拳を
  使って強敵たちと闘いを繰り広げていくストーリー。
  テレビアニメ化されたり、劇中のセリフが
  流行ったり・・・。 今でも人気は続いており、
  パチスロのキャラになってたり。 現在は外伝?
  として、コミックバンチと言う雑誌で「蒼天の拳」と
  言うタイトルで、連載されてます。

で、放送してたのはそのリメイク版。
・・・こういった、作品にありがちなんですが、オリジナルのインパクトがあまりにも強すぎてたりすると、リメイクを観た時に、微妙に複雑なキモチになりますね。
特にアニメの場合は、演じる声優さんやキャラのイメージの影響は大きいかと・・・。
いや、宇梶さんが、悪いとは思ってませんよ。
ただね~~・・・、妙に大人ぶってた 「バット」 。 ただの悪党になってしまってた 「サウザー」 。そして・・・。
やたらに饒舌になってた 「ラオウ」 。 (T_T)
オイラの中では、師匠とのエピソードあってのサウザーだし、ラオウはあくまでも寡黙な拳王なのです。
ただ、ストーリーの中で 「修羅の国」 の存在が描かれてたのは、ちょっと意外でした。
「VSサウザー篇」 のタイミングで 「修羅の国」 が登場するってコトは、当然、 「VSラオウ篇」 のあとに 「修羅の国 篇」 へ続く可能性が高いってコトで・・・。
楽しみではあります。 個人的には 「VS元斗 篇」 は端折らないで欲しいな・・・、ファルコ好きだったし。(^_^;)

で、今までオイラが、書き連ねてきたオリジナルの思い入れなるモノは、たまたまオリジナルを観ててそれが強烈に印象に残ってたからなんですよね。
もしかしたら、今回のリメイク版を観て初めて 「北斗の拳」 と言う作品を知った人もいるはず。
そんな人たちにとっては、むしろオリジナルの方が違和感を感じる存在なのかも知れません・・・。
あるいは、オリジナルを知ってる人たちの中にも、新解釈や新設定に 「おぉっ!」 って新鮮さを感じてる人もいるかも知れません。

要するに、アニメであれ、実写の映像であれ、その作品を観た人の受け止め方や感じ方次第、ってコトなんだと思います。
「北斗の拳」 はこうあるべき、と言う概念は、観る人それぞれが大切に持っていれば好いのかと思います。

でもね・・・、またまた振り出しに戻っちゃって別作品のハナシになっちゃいますが、声優陣がスッカリ入れ替わってしまった 「ドラえもん」 には、やっぱり微妙な抵抗感があるのです。(笑)

| | コメント (2)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »