« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

この料理 この一品。 [第6話]

、。P1000451

今日は、6月29日。
6.29で、無・肉。 でもハンバーグ??
と言うワケで、今月のメニューは 「とうふハンバーグ」 です。・・・、見事に、 「露天風呂」 のパクリですね。(T_T)

で、主役のハンバーグ。 
その名の通り、主成分は 「豆腐」 。
その他には、 「たまねぎ」 ・ 「ニンジン」 ・ 「若鶏のササミ」 ・ 「パン粉」 ・ 「エゴマ油」 を使っての穀物家の自家製です。 (-_-)v
大きさは大体お店で売ってる 「ミニハンバーグ」 くらい。
ソースもケチャップも無し! でも、アッサリと美味しいんです。 (^^)
腸疾患患者用の 「とうふハンバーグ」 って、かなりヘルシーで健康食だと思いますよ。
健康な、みなさんにもオススメです。
う~~ん、美味、美味!

| | コメント (2)

6.26 ババンバ バンバンバン♪

6月26日・・・、みなさん、何の日だったかお分かりでしょうか?

・・・、タイトルで、何となく感ずいて下さった方もいるかも知れませんが、6.26 で 「ロテンブロ=露天風呂」 の日だそうです。

で、母親が町内の婦人会で、美作三湯のうちのひとつ、県北の湯原温泉に行ってきました。
温泉宿の宿泊料金が、6,260円だったり、26日の早朝、6時26分からは、「御湯取りの儀」と言う神事が行なわれたり・・・。
温泉街の各店舗も、 「6.26」 にちなんだサービスがされていた、とのコト。

このイベント、今年で21回目と言うコトで、温泉好きのオイラとしては不覚にも、いままで知らなかったのですが。来年はチャンスがあれば、ぜひ行ってみたいですね・・・。

いや、来年と言わず、近いうちに・・・。 温泉、行きたいな~~。 (゜-゜*)
ちなみに、お土産に 「温泉まんじゅう」 を頼んだのですが、「食べるの~??」と言う視線で一蹴されてしまいました。(^_^;) (笑)

| | コメント (0)

へ~んしんっ!

「えっ!?」
と、本当に声に出して、テレビの画面を凝視してしまいました。と言うのが・・・、ホントは書く予定ではなかったのですが。
今しがた、N☆Kの某アニメ評論番組を見ていたのですが、実業家でノンフィクション作家の 「岡田斗司夫」 さんが出演されてたんですよね。
岡田斗司夫さんは、別名 「オタキング」 とも呼ばれているその業界では著名人。(^_^;)

なのですが・・・、どう見ても別人。 オイラが知ってる岡田さんじゃない・・・。
でも字幕ではちゃんと 「岡田斗司夫」 。(T_T)

オイラが、最後に彼を見たのは、2年ほど前のやはり
N☆Kの 「真剣10代 しゃべり場」 と言う10代の若者たちのリアルディスカッション番組。
その時は、とてもかっぷくの好い体型で、いかにもどっしりとしてて・・・、こういう言い方は語弊があるかも知れませんが、一般に持たれているいわゆる 「オタク」 のイメージに近い人でしたが・・・。

おそろしく、ダイエットしてるじゃないですか!! この人は別人だ・・・、ホントにそう思いましたよ。
急いで調べてみたんですが、某情報サイトでは、2006年にダイエットに成功した、と紹介されてました。

ホントに、他人 (ひと) の体型をあれこれ言うのは、失礼この上ないコトではあるのですが、・・・、スゴイ。
皮肉とか、嘲笑とか、そう言うのではなく、素直にスゴイ、と思いました。

やっぱり・・・、最近大好評のビリー隊長のミッションに成功したのでしょうか・・・。(^_^;)
正直なトコロ、昔の岡田さんの方が、いかにもひとくせありそうで、いまは普通の人、って感じですが、オタキングから、壮年実業家に大変身! まさにそんな印象でした・・・。(゜-゜*)

| | コメント (0)

牛抜き、お願いできますか?(゜-゜)

北海道の食肉製造加工会社の不正事件・・・、次々に続報が流れてますね・・・。
最初の記者会見での取締役である息子に真相を明らかにするように促されていた場面は、ホントにイタかったです・・・。

最近の牛丼は、色々と細かな注文が出来るそうですが・・・、この事件に関しては、もう 「汁だく」 とか 「ねぎだく」 とかのレベルぢゃなくて・・・、
もう偽装不正が 「だくだく」 ぢゃないですか~~!(T_T)

肉! ミンチ! 鳥! 混入! 鳥! 混入! 鳥! 賞味期限! 横流し! 肉! ミンチ! 全員解雇! ガス欠! 
どんだけ~~~っ!(T◇T) って感じで。

ホントに・・・。 これはあくまでも 「わたくし事」 になるんですが、正直オイラ、最初はこの事件についてはあまり興味がなかったんですよね。
クローン病で、食事制限があり、牛肉とか揚げ物のコロッケとかはNG食品なので、自分で言うのも、ひどい言い方ですが、 「対岸の火事」 的に見てたんですよ。

でも、あまりにもひどすぎます。
ニュースにも出てましたけど、若いお母さんが
「アレルギーを持っている子どもが食べたら、タイヘンな事になってたかも・・・。」
そう! 美味しいはずのコロッケを食べて辛い思いをするのって、ホントにイヤだ!

まぁ、ここまで来てしまったのだから、このまま業務を続けるコトは極めて難しいと思います。
でも、全員解雇を言い渡された従業員の気持ちも考えて欲しい。
「安いものを買う消費者も悪い」
との責任転嫁と取れる発言もありましたが・・・、これについては、今回の事件だけでなく、もっと深い部分で問題があるのかとも思います・・・。

色々と思いは込み上げてきているんですけど、これだけは、ハッキリと言いたいです。
どうか、どうか、社会のみんなが、安心して食べる事の出来る食品を提供して欲しいです。
オイラみたいに食事制限があれば、それは仕方がないコトですが、健康な食べ盛りの子どもとか、家族団らんの夕食とか・・・、美味しい食べ物を囲んでの人々の幸せなひと時を裏切らないで欲しい・・・、そう思います。

| | コメント (0)

準レギュラーなんですか?(゜-゜)

お~~い、長尾景虎さ~~ん・・・。

と、呼んだら今週は信玄の甥である 「寅王丸」 の登場です。
スゴイですね、戦国時代は。 まだ年端も行かない子どもを担ぎ上げて、後継者争いが、いまから勃発!?
同時に、信玄のダークネス度も凄みを増してきてます。

で、今川家もいまさらながらですが、伊武雅刀と藤村志穂さんで盛ってるんだな~~って。(T_T)
信玄の老臣役の加藤武と千葉真一のセリフが深かったですね。特に、加藤さんのセリフは、さりげなくも深みがありました・・・。

で、
もう一度スタジオから現場へ呼びかけてみますが。(笑)

「お~~い、Gackt 謙信さ~~ん!」

・・・、あっ!居ました、居ました!
予告編にちょっとだけ。(^_^;)
どうやら、来週は、登場するみたいです。 (゜-゜*)

| | コメント (0)

カラオケ同行会。

昨日は、久しぶりにカラオケに行ってきました。
メンバーは、心臓疾患の仲間&いつも患者会でお世話になってるボランティアの方々たち。
ボラさんたちは、地元の医大の学生さんで、心臓病の子どもの、親御さんが作っている患者支援団体の行事などで、病児たちのお世話をして下さっているのです。

オイラも子どもの頃は、ボラのお兄さんやお姉さんたちに面倒をみてもらってましたが、いまやそのボラさんたちの年を追い越して、おじさん世代に・・・。(T_T) (笑)
で、実際、オイラたち青年層のメンバーは患者会のイベントなどでも独自の担当を持ってたりするので、ボラさんたちと連携しての企画と言うのは無いんですよね~。
で、せっかく一緒に患者会に関わっているので、親睦を深めよう、と・・・。

いや~~、みなさんカラオケ上手いっすね、ホントに。
N☆K 「のど自慢」 出場してみない?って感じで。(笑)
唄うのは、あまり・・・全然、得意じゃないオイラとしては、ゆっくりとみんなの歌声を、聴く側さん。 (笑)
今回の記事のタイトル通り 「カラオケ同好会」 ならぬ、くっついてるだけの 「同行会」 (笑)

しか~し! 油断は禁物・・・、迂闊にもボラさんと、アニソン 「タッチ」 (岩崎良美のオリジナルヴァージョン) をデュエットしてしまったではないですか!? (^_^;) さすがにテレましたね。 ここだけのハナシ、もし歌わせられても、 (ひと昔前の) アニソンなら何とか・・・、って感じはしてるんですが。(笑)

でも、まあ、普段あまり接点のなかったボラのみなさんとこんな風に一緒に遊ぶのも好いかな~、て思います。
遊びの中にも、それなりに得るモノはありましたし・・・。
これからも、こんなイベントはやってみたいですね。

さしあたり・・・、
「タッチ」 は、も少し練習しとこ・・・。(゜-゜*) (笑)

| | コメント (4)

そのマウンドの上で・・・。

桑田真澄は、高校時代、PL学園高校野球部で、清原和博とともにプレーをしていた頃から、有名選手でした。
高校卒業後は1985年にドラフトで読売巨人軍に入団。
( たしか、清原も入りたかったんですけど、入れなくて、西部ライオンズに入団したんですよね・・・。 )

巨人時代は、肘の怪我に泣きながらも、投手として目覚しい記録を残しましたが、2006年に引退。
そして、2007年・・・、彼はピッツバーグ・パイレーツの投手としてメジャーリーグのマウンドに立っていました。
招待選手ながらマイナーリーグからの再出発。
右足首の故障などを乗り越えて、彼は再び背番号18を背負う。

その夜、大勢の野球ファンが待ち望んだ、シアトル・マリナーズのイチローとの対戦・・・。
ツーストライク、ワンボールのあと、外郭低めの変化球に、イチローのバットは空を切りました。

39歳、日本人としては最高齢となるメジャーデビュー。
「あきらめない」 、
大好きな野球を追い続ける彼の一途な思いが、そのマウンドの上にあったのだと思います・・・。


| | コメント (0)

曇天に 想う

今日は、雨。
梅雨入りのち、しばらくしての本格的な雨の一日、と言うコトで、ブログにも傘をさしてみました。

さて、実はオイラは雨が苦手。休日に雨が降ったりすると、あまり外出するコトはなくて、ゴロ寝してると本当に昼寝をしてしまっているコトもあります。(^_^;)

でも、今日はポストマンの仕事がありましたので、昼過ぎから配達にGO!
・・・う゛~~、雨の日ってホントにイヤですよね。配達物が濡れないように気を付けなければ・・・。
それに、一応 (^_^;) 職業ドライバーですので、雨の日の運転は、余計に疲れる気がします・・・。
でも、それは、仕事をしてる上では、必要なコトですし・・・。(^_^;)
で、こんな雨の日の曇った空を見ていると・・・、なんだか最近の社会全体も曇ってるように思えてきます。

先日の温泉施設での爆発事故。ニュースを見てホントにビックリしました。
亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り致しますと共に、負傷された方々へお見舞い申し上げます。

なんだか、責任の所在がハッキリしなかったのには、憤りを感じました。
関東地方の地下にガス田が在るコトは、すでに確認されていたコトなんですよね。ニュースでも、実際に千葉の方で湧き出しているガスを家庭で使っている様子を放送してましたし。
科学がこれだけ発達している現代です。地下のガス田の大体の位置は予測出来るのでは?
そして、法、あるいは条例の整備によって、源泉掘削および保守管理に際しては、ガス検知を充分に行なうべきですよね。
オイラも、温泉は大好きです。 人々が癒され潤う温泉。安心して楽しみたいものです。

さて、続いてはJRの架線事故。
・・・、この蒸し暑さです。冷房が止まったままの車内は、かなりのモノだったと思います。
体調を崩された方もいたとか・・・。(ーー;)
ニュースでは、雨の中駅までの道のり、いや線路を歩いていく人の列が・・・。
文明の利器。そのものが人々にとって便利であればあるほど、こうしたトラブルの際には社会的にとても大きな影響を及ぼしてしまいます・・・。

話しは少し戻りますが・・・、遊戯施設で事故が起きれば、全国で一斉点検。 温泉施設で事故が起きればまたまた一斉点検・・・。今回の架線事故もやはり一斉点検でしょうか?

なんだかな~~、と言う気持ちもしますが、それはやはり、流れとしてそうなってしまうのでしょうかね~。
明日も雨かな~~? ま、梅雨ですからね・・・。(^_^;)

| | コメント (0)

美しい国の 忙しい内閣と 騒がしい国会・・・、

 & はた迷惑を被ってる? 地方自治体選管担当・・・。(^_^;)

え~~っと、またまたシロート視点で政治を見ているんですけど。
参議院の本会議にて 「教育改革関連3法」 と 「イラク特措法」 が与党の賛成多数で可決されたようです。
各議案の詳細については、国会や参議院などの関連サイトで確認して頂きたいと思いますが・・・。
例によって、(^_^;) 今回も与党vs野党の激しい攻防戦が繰り広げられたようです。

野党の強い抵抗を押し切っての与党の強行?強硬?採決。なんだか最近このパターンばかりですね・・・。
(ーー;)

ニュース番組で、野党の人が言ってましたけど。
「民主主義とは所詮、多数決で決まるモノなんですか??」

・・・、言ってる意味は分かります。
でも、国会って、多数決で法案を決めるんですよね。
「賛成の方は、ご起立願います」 って。 (^_^;)
参議院の定員って、240人くらいでしたっけ。 その中で、与党である自民・公明の人が多いのであれば、もう絶対数で野党は負けてますよね。 どうなんでしょうか?? (^_^;)

オマケに、まだまだ 「国家公務員改正案」 が残っているので、この時点で会期延長が決定。
と、同時に、夏の参議院選挙も7月22日から29日へと日程がずれ込むようです。

まぁ、安倍総理のコメントでは
「 『天下り』 に対しては厳しい対応をして行かなければならない。 その為の会期延長」
らしいのですが・・・。
別の議員からは、こんなコメントも・・・。
「参院選がずれ込めば、いま騒がれている年金問題についての風当たりも弱まるだろうし、夏休みに入る事で投票する人も少なくなる見込み。 そうなると、与党に有利な展開が望める・・・。」

いや・・・、(ーー;)
年金問題への、国民からの問い合わせはいづれ落ち着くかも知れませんが、そのあとに控えているのが、肝心の5000件に対しての照合作業。 風当たりキツイのは当然のコトと受け止めて、作業を進めなければならないのでは?? (ーー;)

そして、国民の政治離れ、投票率の低下、などが問題となっているのではないのですか??
たしかに、 「天下り問題」 は、キチンと対策を考えてもらわないと困ります。
国会で、喧々囂々と派手に衝突してるのも、すべて国民のためを思い、少しでも良い法案を施行させるため・・・、と言われるのであれば、それもそうかも知れません。
もし仮に、参院選の投票を夏休みにずれ込ませるのが、安定した政権を維持させるための、与党側の戦略だったにしてもですよ。
「投票率が下がれば、選挙戦が有利になる」 発言はどうでしょうか??

前にも書いたかも知れませんが、オイラたち、いち国民が政治に関わろうとすれば、市民団体の署名活動に加わるとか、各自治体の首長との座談会とかに参加するとか・・・、
あるいは、供託金を用意して自ら立候補するだとか・・・(^_^;)
色々あるワケですが、時々しかないけど、一番身近で一番手軽な方法が、選挙に投票に行く、ってコトなんですよね。
国民のみんなが、選挙に立候補してる人に投票するってコトは、スゴク大切なコトだと思うんですよ。
なので、政治家の方々も、オイラが本当に、
「あ、この人に投票しよう!」
って思えるくらいの姿をみせて欲しいです。
・・・、一応、今度の参院選では、この人かな~、って方はいますけどね。(^_^;)

で、余談なんですが。
実は、各地方自治体では、選挙への準備が進められてるそうで・・・。元々の選挙日 (22日) の日付が入った用紙や看板などをすでに印刷、製作しているトコロもあるとか・・・。
作り直しになる、と嘆いてましたね・・・。
そして、ずれ込んだ日程には、ちょうど各地方での夏のイベント行事が・・・。
選管&観光 (企画) 課、・・・。(T_T)/~~~

国会での与党vs野党、思わぬところまで波紋を広げてますね・・・。(ーー;)

| | コメント (2)

Gacktに まけるな? 民放でも・・・?!

ハイ、昨夜の 大河ドラマ は、もう Gackt フィーバー。(笑)
「越後の龍」 と言うタイトルの割には、ちょっとしか登場しなかったじゃないか! とか、色々とファンのみなさんの思いはあるかと思いますが・・・。
オイラ的には、 Gackt 初登場は、あんな感じでOK。
最初っから飛ばしてたら、勿体無いです。
この先あと半年もあるんだし、出し惜しみしてても好いのでは?(笑)
徐々に・・・徐々に・・・。
小出しで行けば、それだけクライマックスの 「川中島」 が盛り上がるってモンです。(-_-)v

さて・・・、今日の新聞のテレビ欄を見ていて気が付いたんですが。
民放でもサプライズが起きるようです。

民放の娯楽大河ドラマと呼ばれている ( かどうかは、分かりませんが (笑) ) 、かの有名な 「水戸黄門」 !
なんと! 
今宵 「風車の弥七」 が再び登場するそうです。

とは言っても、初代の 「弥七」 を演じられていた中谷一郎さんは、すでにお亡くなりになっており、二代目の 「弥七」 として、内藤剛志が演じる、とのコト!

「風車の弥七」 ・・・、オイラ、かなり好きでした。どこからか飛んでくる、赤い風車に胸躍らせていたモノです。
故 中谷一郎さんは、かなりご高齢まで、弥七役を務められ、トランポリンアクションも吹き替えなしで、されてました!

二代目役の、内藤剛志・・・、オイラの中では、渋さとコミカルさを併せ持ち、現代劇でも時代劇でもこなす俳優、というイメージですが。
果たしてどんな 「弥七」 を演じてくれるのでしょうか??
内心、ドキドキ、ワクワクです。(笑)

ただいま、午後7時45分。(笑)
水戸黄門 第37部 第11話、このあと すぐです!
Check it out チェケラ!!


| | コメント (4)

乱世の華 Gackt 降臨!

※ ネタばれ御免<(_ _)> 
大河ドラマ 「風林火山」  第24回 越後の龍。

今週ついに、Gackt が登場しましたね。 シーン自体は先週の予告編と大差ない長さでしたが・・・。
登場シーンは、おぉっ!!って感じでした。
Gackt 謙信 (・・・まだ、長尾景虎ですが・・・。) 明らかに、違う光を放ってましたね。毘沙門天のオーラでしょうか?(^_^;)
もー、まんまビジュアル系武将ですよ!(笑) 
色々な諸説はあるんですけど中には、実は謙信は女だった・・・!? と言う説もあるくらいですから、ビジュアル系の Gackt 謙信は、めっちゃイケてます。
「我にチカラを与えたまえ!」
いや・・・、もう充分に、視聴者を惹きつけるチカラは持ってます。今後の活躍がスゴク楽しみですね。

で、主人公の山本勘助は、九死に一生を得てました。(^_^;)
案外、主人公が途中で死んでしまう、と言うのもストーリー的には斬新だと思いますが、考えてみれば、そのパターン、大河ドラマではすでにやってますね。
複数の主人公が、途中で死んでいくんですけど、リレー形式で物語を繋いでいくという・・・。
このブログをご覧になっている、大河ドラマ好きの方、思い当たる大河ドラマをぜひコメントにて。<(_ _)>

話しを戻して。(^_^;)
勘助を助けたのは、真田幸隆。
先週、勘助から、路上キャッチのごとく、武田方に誘われてた、あの真田氏です。(笑)
その真田氏が、どうやら今週も主役っぽかったです。
勘助が介抱されていた寺の住職は、笑い上戸。(^_^;) でもこの人が、真田家の旗印のきっかけになった
「六道銭」 を与えるのです・・・。 史実なのか脚本なのか、どちらにしても興味深いシーンでした。

真田氏は、こののち武田氏に仕え、武田が滅びると豊臣家に。
そして、関が原の合戦の時には、弟の幸村が豊臣方に。兄の信之が徳川方に付き、勝敗がどちらの勢力に決しても、真田家を存続させる方法を摂り、江戸時代の幕末までその家を繋いで行きます。
戦国時代は、そんな風に必死で家系を繋いで行ってたんですよね・・・。
それにしても、真田幸隆役の佐々木蔵之介、好いですね~~。オイラの視点は、今川義元から徐々に真田幸隆に移りつつあります。

それに比べて、種子島 (鉄砲) により瀕死の重傷を負ったはずの勘助。 信玄との会話で、
「種子島などは、馬のくそ」
発言が飛び出したり・・・。
あの~~、ウチ、ちょうど夕飯時だったんですけど。(笑)
そんな風に、 「種子島 (鉄砲) 」 を笑い飛ばしていた武田氏も、息子の勝頼の時代に織田信長の三段式鉄砲隊によって大敗してしまいます。
その武田信玄も今週は・・・、
「尾張名古屋は城で持つ」 、ではありませんが、 「勘助あっての武田信玄」 みたいな言われ方をして、ちょいと焦りが出てきたみたいで・・・。
そんな信玄の心の動きを見るのもまた好し。

こうしてみると、信長や秀吉、家康たちの天下人以前の歴史も面白いものですね。
これまでは、あまり興味がなくて正直 「川中島の戦い」 くらいしか知らなかったのですが、もう少し知りたくなってきました。

歴史の歯車の音を響かせて、大河は流れる・・・。


| | コメント (4)

この料理 手強いメニューたち 「パスタ」&・・・

猛攻! ボンゴレ&ペペロンチーノの美味いワナ。(笑)

久々の 「手強いメニューたち」 です。 前回に引き続き、 「麺」 で。(^_^;)

あれは昔・・・、
と言ってもクローン病を発症したあとですが。
当時は、ようやく食事制限の要領が掴みかけてきた頃・・・。と、同時に、ちょっとづつ冒険心が出てきたあの日、あの時・・・。(笑)

元々、パスタはあまり食べる方ではなかったのですが、何故か急に食べてみたくなり。(T_T)
果敢にもコンビニの、 「ペペロンチーノ」 に挑戦。

「ペペロンチーノ」 、ちょっとこじゃれた流行のパスタ。
わが身の上を充分知りながらも、誘惑に負けてしまったのでした。(T_T)

で、初ペペロンチーノのその味は・・・??
辛い! マジ、ヤバイです。
あとで聞いた話しですが、ペペロンチーノって辛いんですね。(T_T)
腸疾患、ギリギリのラインを身を持って体感。(^_^;)

それから、しばらくのち・・・。
今度は、 「ボンゴレ」 です。(笑)
アサリが入っててヘルシーな印象の 「ボンゴレビアンコ」 です。 イケる! と思いましたね。
でもイケませんでした。(T_T)
やっぱり、辛いっスよ!(@_@;)
あとで聞いた話しですが(笑) ボンゴレは、元々は辛くないハズ、とのコト。
では、何故そんなに辛かったのか・・・、唐辛子、でした。(T_T)
そりゃ、辛いハズですよね。

またまた、ギリギリのラインを以って体感。(笑)
以来、非常に残念ながら 「ボンゴレ」 と 「ペペロンチーノ」 とは、疎遠となる事に。
で、今回は 「パスタ」 の続きに 「&・・・」 がありますが。

最近、流行の(^_^;) 「ガツン系フード」。
ハンバーガーとか、ハンバーガーとか、ハンバーガーとか。(笑)

いまの体調が体腸なだけに、ムリっぽい、と言うかまずムリなんですけど。
もし試してみれば、 「小腸」 & 「大腸」 には、間違いなく、ガツンとは来るでしょうね。(笑)
嗚呼、残念。 腸疾患なだけに 「断腸の思い」 ですが、これも 「性 ( さが ) 」 ってヤツですか。(^_^;)

| | コメント (0)

検査 一段落。

5月の下旬から短期集中で行なわれていた、消化管の検査が13日 (水) の 「小腸造影検査」 と15日 (金) の主治医の所見を以って、一応一段落しました。

13日は、昼の1時から2時までの間での検査の予約でしたので、正午過ぎくらいには病院に到着。
しかし、検査室がなかなか空かず結局、検査に入ったのは3時すぎ。(^_^;)
今回は、水分補給と検査中の薬剤投与のためにブドウ糖か何かの点滴を装着。
鼻の穴から小腸までチューブを入れて造影剤を注入するので、鼻に軽い麻酔のゼリー (キシロカインゼリー) を塗って、例によって 「チューブ、入りまーす」 って感じで検査開始。

チューブ挿入時に少し咳き込みましたが、検査自体は一番ラクだったように思います。
基本的には、造影剤を入れながらのレントゲン検査。
だたし、結構忙しかったですね。(^_^;)

点滴とチューブにつながれたまま、 「はい、少し右を向いて~」 とか、 「左に向いて」 とか 「そのまま、うつ伏せー」、 とか。(T_T)
色々なポーズで検査は進みます。
以前名古屋市内で、地元新聞社の取材を受けた時のカメラマンさんよりも 「注文の多い造影検査」 。(笑)
鼻に入っているチューブについては、いつもやっている 「夜間経腸栄養」 の時に入れるチューブより、少し太目な感じだけでしたので、そんなに違和感はありませんでした。検査技師さんとも会話が出来ましたし。(^_^;)
そして、案の定、鼻が痛かったです。チューブを入れたまま色々と向きを変えたりしましたので、どうしても鼻の穴に当たったり引っかかったりして・・・、鼻イタイってば。(笑)
検査技師の人に訴えると、まるで機械に油を注すがごとく、すかさず、キシロカインゼリーを鼻から投入。 
さすがに、造影剤を入れ終えた検査後半は、チューブを抜いてもらいました。(^_^;)

で、気になる検査の結果ですが・・・。
やはり、造影剤のチューブでも小腸に入ることが出来ず、比較的に濃度の薄い造影剤 (ガストログラフィン?) を流し込んで撮影。
「空腸」 と 「回腸」 の辺りに狭窄の可能性がある、とのコト。小腸の内部はもっと確認したい、と言うコトで、7月の中旬にて、検査入院するコトになりました。

その検査の結果次第で、新薬 「レミケード」 の適用になるらしいです。しかし、 「レミケード」 は心臓病の患者に対しては、慎重な扱いをしなければならないようで・・・、検査入院中にエコーなど、いまの心臓の状態なども調べてもらうコトになりました。

また、狭窄部分の状態によっては、外科手術にて、バルーン拡張か、ステントを使っての拡張治療の可能性も・・・。
クローン病を発病してから約6年・・・、 「食事制限」 という栄養療法中心に行なってきたオイラの闘病生活が、いま大きく変わろうとしています・・・。

| | コメント (2)

ホウジョウ ヒストリー

先の大河ドラマの記事にて、
北条氏は1333年に滅びたのでは?
それよりのちの1546年の 「河越夜戦」 の時に何故、北条氏がいるのか?? と言うご質問を受けましたが・・・。
実は 「北条氏」 については、オイラもあやふやな点があり、少し調べてみましたトコロ。

出てきた答えは、違う時代にそれぞれの 「北条氏」 が存在した、と言うコトでした。
まず、1333年に滅亡した 「北条氏」 は、 「執権北条氏」 と呼ばれる鎌倉時代にあった 「北条氏」。
「執権」 、と言うのは鎌倉幕府の職名で将軍を補佐して政務を統轄する役目を持っていたようです。
初代執権は、鎌倉幕府初代将軍の 「源頼朝」 の義理の父親、北条時政。
そののち、約130年、16代に渡って続きますが、繰り返し書いていますように、(^_^;) 1333年に鎌倉幕府の衰退と共に滅びます。
「執権北条氏」 での有名人は、8代目執権の 「北条時宗」 。
少し前に何かとお騒がせだった狂言師、和泉元彌の主演で大河ドラマになっています。
「元寇」・・・モンゴルが攻めてきたのが有名でしたね。

さて、話しを戻せば・・・。
「執権北条氏」 が滅びて約150年ののち、1480年代に 「伊勢新九郎盛時=早雲」 と言う人物が世に現れます。(早雲は号です。)
伊勢新九郎=早雲は、備中 ( いまの岡山県井原市辺り ) の出身と言われ、関東に進出したのちに駿河の国から次々と周りの国を攻め滅ぼし、相模の国を征服して戦国大名の先駆けとなりました。
息子、氏綱の時代に 「北条氏」 を名乗り伊勢新九郎=早雲ものちに 「北条早雲」 と呼ばれるようになります。

ちなみに伊勢新九郎盛時=早雲が 「北条氏」 を名乗ったワケは、先の 「執権北条氏」 にあやかってのコトらしいです。
歴史上では 「執権北条氏」 と区別するために、早雲が起こした北条氏のコトを 「後北条氏」 と呼んでいます。

先日の大河ドラマ 「風林火山」 で上杉憲政、8万の大軍に対して8千の兵力で大勝した北条氏康は、初代早雲の孫です。
難攻不落の小田原城にて、長くその勢力を保ちますが、早雲から数えて4代目の氏政、そして5代目氏直の時代には、約20万の大軍を持って豊臣秀吉に攻め込まれ、 「後北条氏」 5代の栄華も約100年で、潰えてしまうのです・・・。

歴史の歯車を響かせた・・・、ホウジョウ ヒストリー・・・。

| | コメント (1)

介護は、会議室で行なわれてるんじゃない!

のっけから、俳優、織田裕二の超有名なセリフを使わせてもらいましたが。(^_^;)
介護報酬の不正請求の疑いにより、行政から新規および更新指定不許可処分がなされている
「コムスン」 ・・・。
処分がなされた直後には、処分逃れとも受け止められる業務譲渡が行なわれようとしたり・・・。

そして、いま、 「コムスン」 の親会社である 「グッド・ウィル」 は、介護業務からの撤退を表明。
外部団体への業務譲渡が行なわれようとしています。

介護がビジネスとして行なわれる時、そこにはやはり 「利益」 と言う存在がとても重要視されます。
日常生活で、誰かの助けを借りなければ生きていけない人たち。
介護ビジネスにとっては、そんな人たちに対しても、利益にならなければ、手を差し延べるコトは出来ないのです・・・。
本当に、それで良いのでしょうか?

いま、介護の現場は非常に厳しい状態に置かれている状態です。障害者自立支援法による、介護・リハビリに対しての制限の増大。 また、介護する側の負担の増大も。
そして、今回の福祉介護会社の介護報酬の不正申請事件・・・。

現代社会は、 「自助努力」 が求められている世の中になっているのだと思います。
介護ビジネスにしても、介護される側からすれば一見 「幇助」 に見えますが、介護する側に立った場合、厳しい 「自助努力」 を迫られる現状があったのだと思います。
そして、そこに 「法の抜け道」 を見つけてしまったのだとすれば・・・、とても残念なコトですが。

不正を犯した場合の行政処分は、当然必要なコトですが、同時に、いまも介護の手を必要としている人がいるのも事実です。
健康な人たちとまったく同じ生活、とまでは行かないかも知れませんが、自分で生活するコトが困難な人にとっても、今日の日が安心して暮らせる一日でありますコトを、心から祈るばかりです・・・。

| | コメント (0)

北条クライマックス!

勘助、討ち死に~~~っ!? って、イキナリ、タイトルどおりクライマックスなんですけど。(笑)
10日の大河ドラマ 「風林火山」 は、なかなか見ごたえのある回でした。

「河越夜戦」
北条氏康、やりますね~~。
それに引き換え、上杉憲政、油断しすぎ。(T_T)
ま~、上杉方8万の軍勢vs北条方8千の兵力とでは普通に考えれば、上杉軍に軍配は上がるのでしょうが。(^_^;)

そして、今川義元が武田信玄に見せた 「種子島」 (鉄砲) 。
16世紀の中ごろから後半、鉄砲 (火縄銃) の出現によって日本の戦 (いくさ) の様子は大きく変わっていきます。
これから勢力を伸ばして行こうとしている武田家も、信玄の息子、勝頼の時代には、織田信長の鉄砲部隊によって大敗し、武田家は滅亡して行きます。
また、今川義元も、同じように織田信長によって桶狭間にて討ち取られるんですよね。

さらに、今回、小勢力で勝利を収めた北条軍も、これより40数年後、息子、氏政、孫の氏直の時代には、豊臣秀吉によって滅ぼされる・・・。

信長、秀吉、家康、の3人の天下人が中心になる歴史上では、いつも滅ぼされていく側の3人の武将たち。
武田、今川、北条・・・、思えば、この16世紀中ごろが、一番輝いていた時だったのかも・・・。

そして! 勘助です!!
ラストで見事に狙撃されてしまいましたが!?
勘助討ち死にで、次週より主役交代!? 
大河ドラマ 「風林火山」
       ~信玄vs謙信 竜虎激突!!~
って感じで・・・。
来週から、Gackt が主役です。・・・、なんてね。(笑)

歴史の歯車の音を響かせて、大河は流れる・・・。

| | コメント (2)

ドキがムネムネだったんです・・・。(T_T)

・・・、スミマセン・・・。 なんとも、今宵のタイトルは・・・、 「ドキがムネムネ」 って、いまさらな感じですよね。(T_T)
でも、こんなタイトルですが、内容はきわめて真面目です。 そのハズです。(^_^;)

で、肝心の内容は先日の 「胃カメラ検査」 の続きです。
と言っても、今度はおなかのネタではなく、カテゴリーが 「Going My pomp」 であるように、心臓に関するコトです・・・。

実は、 「胃カメラ検査」 では、確かにおなかもキツかったのですが、心臓の方もけっこうキツかったんです。
ちょうどカメラが食道を過ぎた辺りから、なんだか心臓がきつく締め付けられるように痛くなり始め、動悸も速くなってきて・・・。
一応、先天性心臓疾患、ファロー四徴症であるコトも伝えてあったので、万全の態勢で検査は進められていたのだと思っているのですが・・・。
「大腸検査」 の時にはこんな状態にはならなかったのですが、やはり体内の 「食道」 と言う心臓にかなり近い位置に異物が入ってきてたので、心臓も何らかのストレスを感じていたのだろうか、とも思ったり。

検査のあいだ中、看護師さんが背中をさすってくれて、
「穀物さん、大丈夫、検査は順調に進んでますよ。」
とか、声をかけてくれてたりしてたんですけど、それでも

「少し呼吸が速いようですね。 ゆっくりと息をしてみて下さいね。」
なんて言われたり。 動悸が速くなってるんだから、呼吸も速くなりますよ・・・。(^_^;)

とか思いながらも、何とか全身のチカラを抜いてリラックスするコトを試みてみると、何となく心臓の痛みも軽くなったような気もしたりしたのですが・・・、検査前に注射した鎮痛剤の作用で、心臓の動悸が速くなる場合もあるとのコトで。
いよいよヤバくなったら、プロレスでギブアップする時みたいに、ベットをバンバン!って手で叩いて知らせようかとも思いながら、結局、何とか持ち堪えるコトが出来ました。カメラを抜いたあとは、心臓もラクになったので、やはり異物が入ったコトが原因だったのかも・・・。

検査後の説明の時に、心臓の痛みについても言おうと思っていたのですが、十二指腸にも潰瘍があった、と言う事実があまりにも心に重く圧し掛かり、結局言いそびれてしまいました。

心臓病で、 「胃カメラ」 や 「内視鏡検査」 を受けたコトのある人って、他にも大勢いますよね。
他の人は、どんな感じなんでしょうか?? やっぱり、胸が苦しくなったり動悸が速くなったりするんでしょうか??
それ、かなり気になります。
そして、検査はまだ、 「小腸造影検査」 が残っていますので、検査前の心に余裕がある時に、心臓のコトも話しをしてみようと思っています・・・。

| | コメント (4)

Gackt の気配・・・!

大河ドラマ 「風林火山」 。
先週は、武田信玄、今川義元、北条氏康の三国が同盟を組むストーリーでしたが、今週は、その北条氏康が、 「関東管領」 と言う役職についている 上杉憲政 に攻め込まれます。
歴史では、 「河越夜戦」 と言う戦。

え~~っと、あんまり詳しく書いちゃうとネタばれになってしまうので、程々のトコロで。(^_^;)
その 「河越夜戦」 の戦いの成り行き上、 上杉憲政 は、その時はまだ、 「長尾景虎」 と名乗っていた謙信に助けを求めるコトに。
「長尾景虎」 は、のちに上杉家の養子となり、
「上杉謙信」 を名乗ります。

いよいよ Gackt 謙信の登場です! 
・・・、が、先日のYAHOO!ニュースや、少し前に発売された、テレビ番組情報誌によれば、上杉謙信としての本格的な登場は、次の次、6月17日の日曜日から、とのコト。

なので、明日の日曜日の回では、次週予告、の映像にチラッと姿を見せるだけ、かと。(^_^;)
そして、この 「河越夜戦」 の回では、佐々木蔵之介演じる真田幸隆を味方に引き入れようと、またまた勘助が暗躍!? ちなみに、真田幸隆は、あの有名な真田幸村のお祖父さんです。

歴史の歯車の音を響かせて、大河は流れる・・・。

| | コメント (2)

彷徨える 年金

年金記録漏れ問題で社会的に大きな影響が出ています。

少し前に、「政界激震」の記事でも触れましたが、今回は現状でオイラの知っている情報から少し考えを書いてみようと思ってます。なにぶん、素人が考えるコトですので奥深くもなければ、緻密な分析でもありませんが、ごくごく普通の国民の思いとして読んで頂ければ幸いかと。
まずは、情報をかいつまんで・・・。

1. 社会保険庁のずさんな管理により、5000万件
   もの確認出来ない年金記録が生じた。

2. 年金記録を保管している5年間の時効を過ぎた
   人たちのために与党が 「年金時効撤廃法案」
   を衆議院を通過させた。

3. 自民党は当時、基礎年金番号設計導入時の
   厚生労働大臣だった管直人氏をビラにて糾弾。

4. また、安倍総理大臣は今後1年間で未確認の
   5000万件のすべての確認作業を行なう。確認
   出来ない件については第三者機関を今月中に
   設置して対応を開始する、と発表。

5. 年金の支払い記録が消失したため需給出来ない
   当事者3名が参院厚生労働委員会に参考人
   として意見陳情を。

と、まあ、こんな感じですが。
取り合えず注目したのは、 「ビラ」 と 「今後1年間で」 の部分。

確かに、大きな問題が生じた時に、その 「責任の所在」 をハッキリとするのは必要なコトですが。
本来ならキチンと需給出来るハズの年金が需給されず、不安に思っている人たちにとっては、自分たちの「年金の所在」の方が優先ですよね。(ーー;)

管直人 (民主党) を糾弾するビラについては、当の自民党内からも批判の声も出ているとか・・・。
タイミング的にも、参院選を控えての、民主党に対するイメージダウン、と言うか支持率抑止、と言うか・・・。
オイラ的には、所詮、選挙か・・・、ってな感じがしましたが。
でも、支持率下がってるの、内閣なんですよね・・・。(T_T)

で、年金対策に対しての評価は、上がってるんですけど、その対策の内容については、やはり疑問の声もあるようで。
ええっと・・・、実は算数けっこう苦手なんですけど。(^_^;) 
年金記録未確認の5000万件を単純に365日で割り算しても、1日あたり、13,7000件・・・。
日本中にどれくらいの対応窓口があるのか分かりませんが、取り合えず全国的にそのくらいの件数は、各対応部署で割って、こなしていかなければならないワケで。
さらに、すでに倒産してしまった企業もあったり、需給側についてはお亡くなりになった方や結婚などをされて苗字が変わった方など・・・。それらをすべてひっくるめて、今後1年間で解決していくんですよね・・・。
ホントに大丈夫なのかな~~? でも、やってもらわないと、実際、困ってる人がたくさんいるんですよね・・・。

こんなコトを書くと身もフタもないような感じがしますが、世の中に 「絶対 」と言う言葉はないんだと思います。
言い換えれば、 「間違い」 と言うのは、あるもの。
今回の年金記録漏れの問題も、要はチェック体制のあり方が一番のポイントだったんだと思います。
この1年間で、どれだけの人員が動員されるのかは分かりませんが、同じ過ちを繰り返さないためにも、年金記録の調査、照合、それらのチェック体制だけは、充分にお願いしたいと思います・・・。
どうか、彷徨える年金が 正しき主の元へ還りつきますように。

| | コメント (0)

喉元すぎれば・・・?

喉が、痛いです・・・。(ーー;)

日付が変わってしまいましたが、昨日、なんとか 「CT検査」 と 「胃カメラ検査」 を終えました。

朝8時半に、画像診断センターに到着。受け付けを済ませて予診室へ。簡単な問診のあと、いよいよ開始です。
・・・、この 「CT検査」 、以前も受けたコトがあったような気がしたのですが・・・。なんだか微妙。(^_^;)
造影剤を入れるための点滴を付けて、うつぶせに寝て、まずは造影剤なしで撮影。 そして、造影剤注入・・・、は好いんですが、結構勢いよく流れ込む造影剤に、あれ? こんな体験したかな~~?? って感じで。(^_^;)

でも、まあ、 「CT検査」 はあっという間に終了。
お次は、病院へ移動して 「胃カメラ検査」 です。
「胃カメラ」 は、以前の記憶からそんなにキツくない、と思っていたのですが・・・。

検査室に入って、胃の中をキレイにする液体をコップ一杯飲み干す。 昨日からの絶食で、喉が渇いてたので、素直に美味しかったです。(笑)
肩への筋肉注射、 (鎮痛剤&胃の動きを止める薬剤) & 喉への麻酔のスプレー。
でもって 「カメラはいりま~す」 って感じで検査開始。

キツイ! キツイっすよ。(T_T)
大腸の時にも書いたかも知れませんが、オイラ、鼻で息するのがスゴク苦手。(^_^;)
それでもカメラは、何とか胃に到達。 さらに、十二指腸へ・・・。

「・・・、穀物さん。 潰瘍が出来てますね・・・。」
ハイ、十二指腸にも、潰瘍発見。しかもかなり面積の大きなモノでした。
カメラが入ってる途中に、ほかの検査技師 (医師?) の方が2人ほど見に来たのですが。
まず一人目。 十二指腸まで、カメラは進み。
「ほら、潰瘍が出来てます。」
「あ~、あるね~~。」
なんて会話のあと、カメラは一度、胃まで後退。

そして、二人目・・・。カメラは再び進みます。でもって、さっきと同じ会話が繰り返されて・・・。
いや! お願いですから、2人一緒に来てください。(>_<) 一度で済ませて下さいよ。
おなかの中で、カメラが前後ろ動くのって、マジきついんですから!(T_T)

空気とか色素とか入れられながら、内部を撮影したのちに、 「胃カメラ検査」 も、何とか終了。
・・・、繰り返してスミマセンが、喉が痛いです。喉元すぎても痛いモノは痛い。(T_T)

正直言って、先日の 「大腸内視鏡」 がかなりキツかったので、ひと山越えた気分になってたんですけど、甘かったですね。(笑)
今日の 「胃カメラ」 もかなりキテました。う~~む・・・。

喉の痛みはまだとれません。 今宵の 「夜間経腸栄養」 、どうしようかと悩んでます。
ムリっぽいんですけどね~~。(>_<)
胃からの入り口の十二指腸にも潰瘍があって・・・、大腸へと繋がる部分も細くなってて潰瘍が出来てる・・・。
こりゃ、小腸・・・ヤバイかも・・・。(ーー;)
なんだか、ず~~ん、って落ち込んでます。
でも、まあ、ひとつだけ嬉しかったコトがあり。
それは、 「CT検査」 の時に、点滴のライン取りをしてくれた看護師さんが、かなりカワイかったコト。(笑)

そんなこんなで、おなかの検査ブログ 「胃カメラ篇」 、
もすこし続きます・・・。(^_^;)

| | コメント (2)

その薔薇を夢に見て・・・。

少し前の遠征の時に、欲しかったCDを Get しました。
その歌詞に、そのメロディーに、なんだかジーンときましたね。

おおよそ、3分と半分くらいしかないんですが、すべて英語で歌われているのですが、不思議と胸の奥にまで入ってくるのです。
「愛」 を口にするのは、気恥ずかしいコトですが、相手を想い慕うその気持ちが、そのものなのでしょうね・・・。
スミマセン・・・、この気持ちは、なかなか上手く表現できません。

ベット・ミドラー。
とてもあたたかくて、大切なメッセージを ありがとう。

| | コメント (2)

検査 続報。

ええ~~っと。
先日の大腸内視鏡検査の記事でもお知らせしましたが、検査は、まだまだ続きます。
「CMのあとも、まだまだ続きます。(5分だけ (^_^;) )」 って感じです。(笑)

6月7日 (木) 明日ですね。(^_^;)
朝の9時から 「CT検査」 。
そのあと、11時から 「胃カメラ検査」 が入ってます。

で、ちょっと聞いて下さいよ~~!
「CT検査」 なんですけど、最初は今日、6日に行なう予定だったんです。でも何故か明日に変更。しかも病院の検査室の予約が満杯、らしく近くにある画像診断センターにて行なう予定です。(>_<)
それから、病院に移動して、 「胃カメラ検査」 ・・・。
この 「胃カメラ検査」 も最初予定されてなかったのですが、行うコトに。なんだかな~。(^_^;)

でもって、来週は13日 (水) に 「小腸造影検査」 が予定されてます。
まさに、スマスマのビストロスマップ中居くん風に
「オーダー! CTと胃カメラ、ちょっと間を置いて造影もあるよ!おなかまるみえ フルコース」 って感じ。(笑)

でも、これらの検査は、すべて一度経験してますので、大体の要領は分かってるつもりです。
検査そのものには不安はないのですが、しいて言えば・・・、 「造影検査」 で、小腸にどれだけ潰瘍が出来てるかってコトですね・・・。
う~~む。やっぱり、気になります・・・。


| | コメント (2)

めずらしき ハイスペック・・・。

最近、国道を走っていると、時々R34のスカイラインのパトカーを見かけます。
確かではありませんが、GTRではないような・・・・・。
いや! ト○カとか、チ○ロQじゃなくて、ホンモノ! 本物です。(笑)

それにしても、一般道でR34のパトカーとは。
いや、別に不思議ではないのですが、普通は高速道路を流してそうな気が・・・。(^_^;)
パトカーと言えば、ク○ウン、あるいはプ○ッツしか見かけたコトのないオイラにとっては、それはそれはめずらしき存在だったのです。

調べてみたら、 「R34GTRパト」 は埼玉県警の高速機動隊に配備されているようです。
Z32とかGTOのパトとかもありましたね・・・。(^_^;)
そんなのに、後に付けられたら、すかさず道をゆずってしまいそう。
何かの間違いで(笑)追いかけられても、まず逃げられっこないですから・・・。
交通安全、家内安全。(^^)

| | コメント (0)

cool he's ( クール ヒズ )

すでに、6月に入り、衣替えの季節ですね。 
そう! クールビズ・・・ではなくて。(^_^;)

みなさんは、NHKの大河ドラマはご覧になってますか?
今年は、戦国時代屈指の名軍師と言われた 「山本勘助」 が主人公の 「風林火山」 。
武田信玄の家臣として、 「ヤマ勘」 のことわざの元となったと言われているアノ人です。

「武田信玄」 ・・・、は以前も大河ドラマでやりましたね。信玄が主人公で、確か中井貴一さんがやってたような・・・。
そして、ライバルの上杉謙信役は、柴田恭平! カッコよかった・・・ような、うっすらと記憶にあります。 (^_^;)

今回の信玄は、歌舞伎役者の市川亀治郎さん。
でもって、謙信役が・・・、と言うのはここでは、まだ置いといて。(^_^;)

先日の日曜日の放送では、久々に若き日の 「今川義元」 が登場! 
「今川義元」 と言えば、まず 「桶狭間」 を思い起こすと共に当然のごとく、すぐにお亡くなりになってしまうのですが。(笑)
今回は、武将義元誕生!の場面からじっくりと観るコトが出来ています。
いや、もう、クールですよね。 演じられてる 「谷原章介」 さんも! ・・・、谷原さんについては最近、偶然にも同じNHK枠ですが、全然違う番組でお見掛けしてしまい・・・。 何となく観てしまいそうです。
その番組については、またいづれ。(^_^;)

さて、義元以上にクール・・・と言うよりむしろダーティーっぷりを発揮しているのは、今川家の参謀的存在の 「太原雪斎」 。 演じる伊武雅刀さんも、かなりのオーラを発しております。
今回の 「風林火山」 は、武田家が治める甲斐の国と今川家の駿河の国、そしてそのうち豊臣秀吉に滅ぼされる(^_^;) 北条家の相模の国、三国が同盟を結ぶ話。
その裏工作には、もちろん我らが 「山本勘助」 も一役買っていたのですが、一番後ろで糸を引いてたのが、太源雪斎。 彼が今回の陰の主人公ですね。(^_^;)

歴史好きの方々にはご案内ですが、今川家には幼い頃の徳川家康 ( まだ、竹千代の頃 ) が人質として暮らしてるんですよね。
と言うコトは、家康の戦国武将として成功するノウハウは、雪斎から受け継がれていたのかも。 きっとそうに違いない。もっと、今川家にスポットを当ててくれれば、若き日の家康も登場するかも・・・。
そして、桶狭間にて、信長が・・・。 あのクールな谷原義元さん、どんなやられっぷりを見せてくれるのでしょう?いまから、楽しみです・・・・・、って、いや、番組は、あくまでも 「風林火山」 (T_T)
武田信玄&山本勘助がメインです。(^_^;)

で、ひとまず横に置かれっぱなしの 「上杉謙信」 は… と言えば?
いやいや、ちゃんと別記事にて、しっかりと書かせて戴きます。 (-_-)v 乞う ご期待?? (^_^;)

| | コメント (0)

ほしいモノ いろいろ

いま、結構ほしいモノとして、3つほどあります。

その1 その気になれば、手に入るかも。 (゜-゜*)

 「ニンテンドーDS(ライト)」

好いですね。結構みんな持ってます。 オイラの甥っ子も持ってますよ。(^_^;)
単なるゲーム機ではなく、学習ソフト、シミュレーションソフトなどがたくさん発売されているのが興味津々。
セルフ、クリスマスプレゼントとかで、Get しようかな~~、(笑)

その2 う~~ん、出来ればほしいですね。 (^_^;)

 「三輪原付バイク」

ピザ配達のバイク、でみなさんピンと来ると思います。 でも欲しいのは屋根付きじゃないヤツ。
いま、配達の仕事には軽四ワゴンを使っているのですが、街乗りには、やはり 「原付バイク」 でしょう!
しかも、 「三輪」 ってトコがミソ。(笑) 普通の原付スクーターと違って、後ろにキチンとした荷台が付いてるんですよね~。自動車よりも小気味好く、フットワークも軽そうです。それに安定感も好さげ。でも、購入資金がねぇ~~。(^_^;)
バイト代ためてみますか・・・。 元はすぐに取り返せるはず・・・。

その3 年末か、来年辺り・・・。

 「新しいパソコン」 または 「OS」

そろそろ、変え時かな~~・・・、とは思っているのですが・・・。 これも購入資金の面で今一歩踏み込めない状態。(^_^;)
デスクトップ、タワー型とか、かなり安く出回ってるんですけどね。
もしも購入するなら、いまと同じノート型にすると思います。それでも、かなり安くなってる気がする。
OS乗せ変え、と言う手もあるんですけど、そのためには、メモリとかも増設したり・・・。やはり買い替え?
ただ、 「Vista」 は、使いにくい、と言うウワサを何となくちらほら・・・。 実際のトコロ、どうなんでしょうか??
も少し、様子をみたいよううな気もしますが、ええい! 思い切って・・・・!?

とりあえず、3つすべてを手に入れるのは、ちょいとキビシイので・・・、切捨て御免の 「取捨選択」 ですね。(^_^;)
あ、でも何となく、予想では、あまりにも悩みすぎて結局、現実逃避的に 「ニンテンドーDS」 Get してる自分がいたり。(笑)

| | コメント (4)

不知火の白鵬。

内視鏡検査を終えてヘロヘロ状態の、その夜、スポーツニュースで、横綱「白鵬」の明治神宮、奉納土俵入りを見ました。

たくさんのファン、観客の 「よいしょ!」 との掛け声に乗せて、石畳にどっかと足を踏みしめて。
両方の腕を広げ、ぐぐぐっと、まるでテレビの画面から迫り出てくるような、不知火型の土俵入り・・・。

さすが、スゴイ迫力でした。
5月場所中にもアナウンサーが言っていましたが、白鵬の不知火型は、まさしく
「鳳凰が羽根を広げて飛び立つ様を思わせる」
土俵入り。
なんでも、古い親方の方々からは、白鵬、改め
 「柏鵬」 にして欲しい、との声も。 「柏」 の字は、その昔、 「巨人」 ・ 「大鵬」 ・ 「タマゴ焼き」 と言う言葉が流行った頃の大横綱 「大鵬」 のライバルであった 「柏戸」から来ているモノ。
「柏鵬時代」 と沸き立った、大相撲黄金時代を再び、と言う思いからでしょうか・・・。

奉納土俵入りを無事終えた白鵬は、生まれたばかりの愛娘にチュっとキスする微笑ましい場面も。
強くて優しい、そんな彼の一面も見るコトが出来ました。

スゴイな~~。やっぱり、白鵬ってスゴイ。 それにくらべて、オイラって・・・。(T_T) ハァ~~~。(ーー;)
正直、ヘコんでます。まぁ、仕方がないと言えば、仕方がないんですけどね。
いやいや、オイラだって、まだまだ。土俵に残ってます。残ってますよ!

負けない。 折れない。 退かない。(T_T)v (苦笑)


| | コメント (3)

家政婦 内視鏡は診た!

P1000538


6月1日 (金) に、大腸内視鏡検査を受けてきました。

え~~っと、フリーハンドで申し訳ありませんが、上の画像は一応 「大腸」 の図解のつもりです。 (^_^;)
下手っぴでお見苦しいかと思いますがお許しを。 <(_ _)>

さて、当日は朝9時前に病院に到着。受け付けを済ませて、検査準備室へ。
地域の検診を受けている方々はご承知かと思いますが、検査前に、大腸の内部をすっからかんにするために、まず 「腸管洗浄液」 と言う液体を飲まされます。
量は2リットルで、レモン風味、あくまでも 「風味」 (^_^;)

11時頃まで、ゆっくりと飲みながら時折トイレに。
前日は、夜8時くらいに茶がゆを少々、それ以降は、水を少し飲んだ程度だったので、4~5回のトイレ往復で、オイラの腸も、ほぼすっからかん状態に。

12時半頃に順番が来たので、いよいよ検査開始です。
3人の検査技師さんが担当してくれて、 「カメラ、入りま~っす」 、って感じでスタート。(^_^;)

ハイ! 初っ端の 「S状結腸」 、カメラ、腸壁こすってます! こすってます!(T_T) でも、ナとりあえず通過。
続いて、 「左結腸曲」 、・・・左脇腹、鈍い痛み。う~~、カメラが動いてるのが分かります。(T_T)

それから、約20分くらいかけて、カメラは進むよ、どこまでも。目指すは 「小腸入り口」 です。
最初、技師さんたちに背を向けて横になっているのですが、途中でカラダの向きを変えて、カメラが進んでいるモニターも見えるようになります。
・・・、自分の腸の中を見る、ってのも・・・、まぁ、普段見えない部分ですからね。(^_^;)
「横行結腸」 → 「右結腸曲」 → 「上行結腸」 を経て、やってきました、小腸入り口。

・・・、心配はしていたんですけどね・・・。
「穀物さん・・・、狭くなってますね・・・。」

どうやら、小腸の入り口が、狭窄している様子。 技師さんいわく、場合によっては強引にカメラを通して、一時的に狭窄を広げる、と言う方法を摂る場合もある、とのコトでしたが・・・。
オイラの場合、小腸の入り口の周りに潰瘍が発祥していて、それが治ったり再発、を繰り返して繊維化・・・、組織が硬くなってしまう状態にあり、このままカメラを進めても、腸内が血だらけになる、とのコト。
それは、イヤです。(T_T) もう充分、カメラさん、よくぞ小腸入り口まで来て下さいました。<(_ _)>

と言うコトで、小腸入り口から進むのを断念。 残る往路は、腸壁を撮影しながらゆっくりと戻ってきます。
最後の肛門のトコロで、肛門入り口内部の状態を良く診るために、カメラを ぐるりんっ てUターンさせるんですが、それが結構キツイんです。 イタイよ、技師さん。(T_T)

検査後の所見でも言われましたが、前回検査した時よりも、腸管全体に潰瘍が広がっていました。
特に、 「左結腸曲」 から 「上行結腸」 までの範囲で、比較的に面積が大きい潰瘍がいくつも・・・。
また、健康な状態の腸管の内壁には、血管が走っている様子がハッキリと見えるのですが、オイラの場合、特に潰瘍が起きている周辺の腸の壁は、腫れぼったく、浮腫んでいるような感じで血管が見える状態ではありませんでした。(ーー;)

そして、進めなかった小腸の状態も診るため、改めて 「小腸造影検査」 ・ 「胃カメラ」 ・ 「腹部CT検査」 のお達しが出されました。 来週、再来週にかけて、おなかの検査、フルコースです。 (T_T)

・・・・・・・、まぁ、クローン病を発症してから、かれこれ、6年ですからね・・・。ある意味、時期は来てたのかも。

「小腸造影」・・・、あんまり受けたくないな~~。アレって、鼻が痛いんですよね。(T_T)


| | コメント (2)

オイラも 激震! (T_T)

明日・・・、すでに今日ですが、いよいよ、大腸内視鏡
検査の日です。
何故か緊張して、目が冴えて、眠れません。
検査まえの完全絶食で、おなかも空いたし・・・・・・・。

いかん、いかん! 寝なきゃ・・・。

明日は、きっと、
オイラの体内 (腸管) が激震してるでしょう・・・。(T_T)

| | コメント (2)

場内乱闘!? 政界、激震 part 2

ニュースで、 「年金救済法案」 について、報道していました・・・。
71歳の老人が取材に応じ、コツコツと積み立てていた社会保険が、一部(かなり)支払われない実態に憤慨していました。
オイラ自身も、もう少し詳しく勉強しないとハッキリとは、分かりませんが、簡単に言えば、長いあいだかけて積み立てた貯金が、満期になってもキチンと手元に帰ってこない、と言う感じらしいです。

30日の国会会議場では、飛び交う怒号と、もみ合う人たち。 まるで、プロ野球の場外乱闘さながら・・・、いや議場の中ですから、 「場内乱闘」 ですね。(^_^;)
国民のために、カラダを張っているんだ! と言われれば、それまでですが・・・。腑に落ちないのは、なぜでしょう?(T_T)

漫然と、そんな中継の様子を見ながら・・・、 (与党、野党のどちらに問題があるかとか) そんなコトよりもっと根本的な印象で、ふと、思ってしまいました。

安倍総理・・・、

「慙愧に絶えない」

と言う言葉、まさに、このような有り様のときに使うべきでは?(笑)

| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »