« Gacktに まけるな? 民放でも・・・?! | トップページ | 曇天に 想う »

美しい国の 忙しい内閣と 騒がしい国会・・・、

 & はた迷惑を被ってる? 地方自治体選管担当・・・。(^_^;)

え~~っと、またまたシロート視点で政治を見ているんですけど。
参議院の本会議にて 「教育改革関連3法」 と 「イラク特措法」 が与党の賛成多数で可決されたようです。
各議案の詳細については、国会や参議院などの関連サイトで確認して頂きたいと思いますが・・・。
例によって、(^_^;) 今回も与党vs野党の激しい攻防戦が繰り広げられたようです。

野党の強い抵抗を押し切っての与党の強行?強硬?採決。なんだか最近このパターンばかりですね・・・。
(ーー;)

ニュース番組で、野党の人が言ってましたけど。
「民主主義とは所詮、多数決で決まるモノなんですか??」

・・・、言ってる意味は分かります。
でも、国会って、多数決で法案を決めるんですよね。
「賛成の方は、ご起立願います」 って。 (^_^;)
参議院の定員って、240人くらいでしたっけ。 その中で、与党である自民・公明の人が多いのであれば、もう絶対数で野党は負けてますよね。 どうなんでしょうか?? (^_^;)

オマケに、まだまだ 「国家公務員改正案」 が残っているので、この時点で会期延長が決定。
と、同時に、夏の参議院選挙も7月22日から29日へと日程がずれ込むようです。

まぁ、安倍総理のコメントでは
「 『天下り』 に対しては厳しい対応をして行かなければならない。 その為の会期延長」
らしいのですが・・・。
別の議員からは、こんなコメントも・・・。
「参院選がずれ込めば、いま騒がれている年金問題についての風当たりも弱まるだろうし、夏休みに入る事で投票する人も少なくなる見込み。 そうなると、与党に有利な展開が望める・・・。」

いや・・・、(ーー;)
年金問題への、国民からの問い合わせはいづれ落ち着くかも知れませんが、そのあとに控えているのが、肝心の5000件に対しての照合作業。 風当たりキツイのは当然のコトと受け止めて、作業を進めなければならないのでは?? (ーー;)

そして、国民の政治離れ、投票率の低下、などが問題となっているのではないのですか??
たしかに、 「天下り問題」 は、キチンと対策を考えてもらわないと困ります。
国会で、喧々囂々と派手に衝突してるのも、すべて国民のためを思い、少しでも良い法案を施行させるため・・・、と言われるのであれば、それもそうかも知れません。
もし仮に、参院選の投票を夏休みにずれ込ませるのが、安定した政権を維持させるための、与党側の戦略だったにしてもですよ。
「投票率が下がれば、選挙戦が有利になる」 発言はどうでしょうか??

前にも書いたかも知れませんが、オイラたち、いち国民が政治に関わろうとすれば、市民団体の署名活動に加わるとか、各自治体の首長との座談会とかに参加するとか・・・、
あるいは、供託金を用意して自ら立候補するだとか・・・(^_^;)
色々あるワケですが、時々しかないけど、一番身近で一番手軽な方法が、選挙に投票に行く、ってコトなんですよね。
国民のみんなが、選挙に立候補してる人に投票するってコトは、スゴク大切なコトだと思うんですよ。
なので、政治家の方々も、オイラが本当に、
「あ、この人に投票しよう!」
って思えるくらいの姿をみせて欲しいです。
・・・、一応、今度の参院選では、この人かな~、って方はいますけどね。(^_^;)

で、余談なんですが。
実は、各地方自治体では、選挙への準備が進められてるそうで・・・。元々の選挙日 (22日) の日付が入った用紙や看板などをすでに印刷、製作しているトコロもあるとか・・・。
作り直しになる、と嘆いてましたね・・・。
そして、ずれ込んだ日程には、ちょうど各地方での夏のイベント行事が・・・。
選管&観光 (企画) 課、・・・。(T_T)/~~~

国会での与党vs野党、思わぬところまで波紋を広げてますね・・・。(ーー;)

|

« Gacktに まけるな? 民放でも・・・?! | トップページ | 曇天に 想う »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

無党派層が選挙の結果を左右するので
「無党派層は投票に行かないでほしい。」
「寝ていてくれたらいいのに。」
なんて言って、問題になった総理が居ましたっけ。

あの人、自分は支持率最悪だったくせに
未だにやけに威張ってますよね。

投稿: たがこし | 2007年6月21日 (木) 09時45分

>たがこしさん

コメントありがとうございます。

・・・、ああ、あの人ですね。(^_^;)
結構、恰幅も良かったしそれなりに重厚感もあった
方なんで、何かやってくれるんじゃないかな~?
とは、思ってましたが。
ある意味、やってくれましたね。(^_^;)
何気に、問題発言のオンパレードな方でした。

その後、与党は、それを逆手に取って、 「推薦」 ・
「公認」 としながらも 「無所属候補者」 を次々と
選挙に送り出してます・・・。

・・・、 「無党派党」 ってのを結成すれば、政権取れ
ないかな・・・。(゜-゜*) 

投稿: 穀物。 | 2007年6月21日 (木) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Gacktに まけるな? 民放でも・・・?! | トップページ | 曇天に 想う »