« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

仙光の夏・・・。

日本の夏、・・・って、なんかのCMコピーみたいですが。(^_^;)

P1000731

今夜は、 「線香花火」 をやりました。
毎年、夏が終わる頃には、何故か線香花火をやってしまうんですよね~~。

と言うか、夏は、まだまだ終わり、って感じはしないんですけど。
それでも、夕方には段々涼しくなってまして、昼間との温度差も広がってきてます。

そんなこんなで、今日で8月も終わり。
なんだか、長かったような、あっという間だったような
1ヶ月でしたね・・・。

今年の夏は、
「参議院選挙」 に始まり、 「世界陸上2007 大阪」 で
終わる・・・。
ホントに熱い (暑い) 夏だったと思います。

明日から9月・・・、みなさん、この夏の思い出はたくさん出来ましたか??

ちなみに、画像の線香花火、その名も
「思い出つくる線香花火 (お徳用増量) 」 。(-_-)v

P1000728

オイラのこの夏の思い出も、これで 「増量」 (笑)


| | コメント (2)

この料理 手強いメニューたち 「焼きそば」

ハイ! 「手強いメニュー」 の登場です。

毎年、8月16日には、檀家になっているお寺のお盆のお祭りが行なわれるんですけど。
そのお祭りの露天の「焼きそば」 が美味しいんです!

やっぱり、檀家の人たちがボランティアでやってるんですけど、マジ美味しいですよ。
ホントにお店出して売っても絶対にイケます!
と言っても、別に特別なモノではなく。
定番の 「ソース焼きそば」 で、1パック300円。
焼く人の腕でしょうかね~~。

さて、そんなごく普通な 「焼きそば」 なんですが、オイラのおなかには大丈夫なのか?と言えば・・・。
正直、あまり相性は好くないんですけど、少量ならば、
なんとか・・・。
今年も、1パックだけ買って、家族にホンのちょっとだけ分けてもらっって賞味。
・・・、今年は、ちょいとソースが辛め・・・。 (^_^;)
いつもより、控えめにしておきました。

さてさて、 「焼きそば」 で、ちょっと気になるのが、
「カップ焼きそば」 。
インスタントの 「カップ麺」 の 「焼きそば」 バージョン
なんですけど。

アレって、
「焼いてない」 のに、 「焼きそば」 なんですよね~~。
まさに、焼きそばソースの妙!と言うべきか・・・。(^_^;)

ちなみに、かつてお腹が元気だった頃の経験上、カップ焼きそばは 「2分15秒~2分30秒」 で、湯きりを始めて、ソースを絡めて食べるのがベストだったと思います。
カップ麺の賞味タイムが 「2分30秒」 くらいって言うのは結構、話題になってた気がしますが・・・。

話しは戻りますが、お盆祭りの 「焼きそば」 。
年末にちょっとだけ食べる 「年越しそば」 と並んで、年に数回だけ、食べれるのを楽しみにしているメニューでもあります。(^_^;)

| | コメント (2)

国技 観・・・。

朝青龍・・・、やっぱりモンゴルに帰るんですね。
でも、基本的には、謹慎状態は続くらしく、親方同伴、
行動にも色々と制限も付くとか・・・。
兎も角、心理的な、そして、 「肘」 と 「腰」 の治療を受けて (^_^;) 、充分に回復した上で、また日本に戻ってきて欲しいですね。

まぁ、朝青龍については、マスメデイアをはじめ、色々なトコロから色々な意見が出ているワケで・・・。もう、あとはコトの成り行きを見守るしかない、って感じですが。

秋場所も近づいてきて、その話題になってる 「相撲」
オイラ自身、今まで 「日本の国技」 とか書いて来たんですが何となく気になったので、ちょいと調べてみました。
某有名フリー百科事典サイトでは、日本の国技として 「相撲」 と 「柔道」 が挙げられているんですけど。
「相撲」 については、どうやら、文部科学省からも正式な国技としては認定されていないようで・・・。

コトのはじまりは、明治42年に両国に完成した大相撲のための常設館。
その名前がなかなか決まらなかったらしいんですが、結局、どなたかの提案で 「国技館」 となった、らしいです。
元々、相撲はスポーツではなく、力持ちの男が神様にその力を奉納する、と言う 「神事」 だったそうです。

太古の時代よりその原型があり、戦国の時代には、武士たちの娯楽 (&トレーニング) とされ、江戸時代から現在までは 「興行」 と言うカタチで人々に親しまれ続けているのが 「相撲」 。

公に認定されていないとしても、もう 「公然たる国技」 と言っても好いのかも知れませんね。(^_^;)
ちなみに、国技館といえば 「 [『 蔵前 』 もあったよね」 と言う声もあるかと思いますが・・・。
遍歴としては
初代両国国技館
1909 (明治42) 年5月~1946 (昭和21) 年
    ↓
蔵前国技館
1954 (昭和29) 年9月~1984 (昭和59) 年9月
    ↓
現行両国国技館
1985 (昭和60) 年~現在
と言う移り変わりになってます・・・。

ミーハーっぽくて、すみませんが、あの升席には一度、座ってみたいな~、なんて思っているオイラ。(゜-゜*)

| | コメント (0)

やっと晴れたと思ったら・・・

すでに、 「普通の月」 でした。(>_<)

P1000709

みなさんは、 「皆既月食」 楽しめましたか??

次回は、2010年らしいです。
う~~ん、次こそは!(゜-゜*)遠い目…

| | コメント (0)

今宵 皆既現象が・・・。

・・・と、何だか、一見おどろおどろしいタイトルですが。

「皆既月食」 です。
太陽 → 地球 → 月 が一直線に並んだ時に、月が地球の影にすっぽりと覆われる現象で、前回、2001年以来6年ぶりの天体ショーです。
「ペルセウス座流星群」 に続いて、かくれ天文ファンのオイラは、もちろん 「皆既月食」 にも興味津々。

・・・とは言え、穀物。地方、今日は朝から天気が好くなくて、先ほど、3時前くらいからようやく太陽が顔を出し始めた具合で。

本格的な 「皆既月食」 は、夜の7時前あたりから始まるらしいんですけど果たして上手く見えるかどうか・・・。
観測条件としては、月の出が早い東日本の方が、良いようですね。

オイラの家は、
微妙に山に囲まれてる環境なんですけど。
なんとか頑張って観てみたいです!

と言うか、正直、「お天気がんばって、持ち堪えて~」、って感じなんですけどね。(^_^;)

| | コメント (0)

感 <( _ _ )> 謝

「姉さん! 事件です!」
・・・と言うネタで、ピンと来る方々は。(^_^;)

いや、マジでびっくりです。
何が?って・・・。

「キル・ビル風林火山」 のアクセス数がすごいんです。
とは言え、もっとアクセス数が伸びてる人気ブログはあるんでしょうけど、 「地味に 地味~に」 書きなぐってるMyブログとしては、一大事件。
「GTRパトカーネタ」 以来の快挙です。(笑)

アクセスして下さった みなさん 
本当にありがとうございます。<(_ _)>
そして、 「風林火山」 に葉月役で出演の真瀬樹里さん、ありがとうございます。<(_ _)>

・・・、アクセス数伸びたとたんに、敬称略から一転して「さん付け」 。こんなオイラで、すみません。(T_T)

そんなオイラのブログを「旬の話題のブログ」に
ピックアップして頂いた@nifty;スタッフのみなさん、
ありがとうございました。<(_ _)>

こんなつたないブログですが、これを励みにこれからも 「地味に 地味~に書きなぐり」 たいと思いますので、
みなさん、また観に来て下さいね。宜しくお願いします。<(_ _)>

| | コメント (2)

キル・ビル風林火山

今年の大河ドラマって、主役以上に周りの役者さんが、かなりに際立ってますよね。(^_^;)
「今川義元」 役の谷原章介に始まり、伊武雅刀、千葉真一、佐々木蔵之介、Gackt、緒方拳さん・・・、そして、伝兵衛。(笑)
ホントに脇、固めすぎって感じです。(^_^;)

さてさて、そんな前フリで今週の 「風林火山」 。
またまた、真田幸隆が主人公。
このドラマって、
真田一族の再興の物語でもある気がします。
武田家、上杉 (長尾) 家、とかと同じレベルでエピソード入ってますよね~~。

今回、注目したのは、
そんな真田家に仕える、女忍者・・・、葉月です。

うっかりしてました。
「葉月」 役の 「真瀬樹里」 、実はスゴイ女優さんです。
とりあえず、
ご両親が、母、野際陽子さん、父、千葉真一さん・・・。
何気に、親子共演だったんですね~~。
うかつだった。(^_^;)

な~んだ、こんだけ大河、大河、そして Gackt って騒いでて、いまさらか、と思っているみなさん、
ホントにスミマセン。<(_ _)>

さらに、
タイトルからお察しの方もいらっしゃると思いますが。
ハリウッド映画、 「キル・ビル」 にて、殺陣指導と演出を担当した 「剱伎衆かむゐ」 と言うグループ。
真瀬樹里は、その創立からのメンバーであり、 くだんの映画、「キル・ビル」 にも出演しています・・・。

伝兵衛~~、スゴイ人とコンビ組んでるよ~~。(笑)

余談ですが、葉月の活躍を見てて何故か民放時代劇の
「水戸黄門」 が思い浮かびました。
「お銀さん」 ・・・、由美かおるさん・・・、もうかなり長い間 「お銀さん」 演じてますよね・・・。
後継者、選ぶなら、第一候補は是非・・・。(゜-゜*)
 

| | コメント (3)

なんじゃ そりゃ~っ (T_T)

・・・、と松田勇作ばりに熱い夏。
なワケですが。

泊まりの駅員さんが、駅のシャッターを開けずにコンビニに朝食を買いに行っている間に始発の時間。
お客さんが列車に乗れなかったとか、

また、警察官が警察手帳を見せてキセル乗車したとか・・・。(T_T)
なんだか、 「やってらんね~よ」 、的なニオイも、漂ってくるこの2件のニュース。

泊まりの駅員さんの気持ち、何となく分かるような気がします。おなか、空きますよね・・・。
でも、コンビには24時間営業です。
始発前に、ゆっくりと食事が出来る時間を採るコトを
オススメします。その方が消化にも好いと思いますので・・・。

で、キセルの警察官さん。
お堅い職業で、大変かとは思います。こちらも、色々な面で気持ち的に余裕が持てない毎日を送っていたのでしょうか・・・。ギチギチな勤務で余裕どころか、どこか緩んでしまったのでしょうかね・・・。
残念です。学生手帳ならば、 「学割」 も利いたのかと思いますが、警察手帳では、職権乱用にしかなりません。(T_T)

熱いですね・・・、暑いです。色んな意味で暑いです・・・。

| | コメント (3)

「情操アニメ」の精霊たちよ・・・

 ※ 今回の記事、久々の長回し&ネタばれアリです。m(__)m

「ミヨリの森」
久しぶりに、原作を読んでみたい、と思ったアニメに出会いました。 思い出したのは、ジブリアニメの 「平成狸合戦ぽんぽこ」 の一場面。

「ミヨリの森」 と同じように、自然を破壊しようとする人間たちに森の住人、タヌキたちが立ち向かう。
ただし、今回の 「ミヨリ~」 の方が、よりリアルさが増しているように思えたのはオイラだけ?

家庭の事情により、祖父母が暮らす田舎に引っ越してきた主人公の 「ミヨリ」 。
小学6年生の彼女は、戸惑いながらも、次第に自然に包まれた田舎の環境に順応していく。

注目したのは、ミヨリの母親登場のシーン。
おそらく、昭和40年代に生まれ、昭和から平成へ、20世紀から21世紀の転換期に生きてきた彼女。
米騒動、湾岸戦争、バブル経済、そしてその崩壊・・・。

ミヨリの母親もそんな世の中に順応しようと懸命に生きてきた一人。しかし、そんな彼女の都会での家庭環境は決して幸せではなかった・・・。
母親の姿をクールに、やさしく見つめるミヨリ。
親の背中を見て育ったからか・・・?

でも、大切なものを守りたい気持ちは、胸の中にある。
ミヨリは、法を犯しても、ダム計画を進めようとする大人たちを、人間の仲間たち、そして森の精霊たちと共に撃退するが・・・。
ダム計画を進める大人たちのセリフも心に残った。
「私たちにも生活がかかっているんだ!」
そう、世の中にはそうやって生きている人たちもいる。
とても残念ながら、たぶん、このセリフこそが、現代社会の 「リアル」 。

そして、ダムが建設されるコトにより、その工事に携わる人たち、完成したダムの水力発電によって生きる人たちも確かにいる。

森を守ったその先には、何がある?
物語は、そこでハッピーエンド的に終わっているが、ミヨリたちの人生はまだまだ続く。
やがて、大人になるミヨリたち。
止められない高齢社会。必死で守った森や田舎も過疎が進む。精霊と共に森に生きる?
そんな思いが広がるよりも、第2、第3の 「森の危機」 の方が早く進むだろう・・・。

自然破壊を、環境破壊を食い止めたから、それで終わりの物語ではない。
「ミヨリの森」 には、現代社会のもっと奥深い問題が含まれている・・・。

「風の谷のナウシカ」 から 「もののけ姫」 まで・・・。
今の地球環境そのものを啓発するアニメは多数ありますが、このような 「情操アニメ」 が増えるのは、やはりそれだけ現代社会に危機感が増している、と言うコトでしょうか・・・?

テレビ画面の中の2次元の物語ではありますが。
精霊の姿も見えず、ともすれば、風の流れを感じる事も忘れがちになる、今を生きるオイラのココロに、何か一石を投じるモノを感じました・・・。

| | コメント (0)

21世紀の 山本山 ・・・

YAHOO!ニュースで、大発見なトピックス。

「ipod!」 逆さにしても 「ipod!」 ・・・、なるほど。
たしかに・・・。 (゜-゜*)

| | コメント (4)

この料理 この一品。 [第8話]

P1000706

え~っと、 「この料理 この一品。」 今月は、
都合により、第7話と第8話、と書き込みしています。

で、第8話は・・・。
「素麺」 !

夏、と言えば 「素麺」 。
冷やし中華とか冷麦と並んで定番メニューですね。
オイラ自身も、ちゃんと食べれる麺類って 「素麺」 なんですよ~。(^_^;)

寒い時期は、暖めて 「にゅうめん」 。
そして夏は 「冷やして」 。
でも、あまり冷やしすぎると、おなかに・・・。(^_^;)

ざるの横にあるのが、自家製の麺つゆです。
「だし昆布」 と 「いりぼし」 、 「はなかつお」 で
だしをとったあと 「みりん」 と 「しょうゆ」 で味付け。
麺は、小豆島産。普通よりも、長めに茹でたモノ。

上置き、とかは無し。麺つゆに、きざみネギを少々。
これで充分です。 美味しいですよ!(^.^)

| | コメント (0)

朝青 「流」 ?

テレビのニュース番組で、久しぶりに 「朝青龍」 の姿を見ました。

無精ヒゲに不機嫌そうな表情・・・。
なんでも 「解離性障害」 と言う診断とのコですがト・・・。

彼自身も不安定な状態ならば、それを取り巻く相撲協会の対応も今ひとつ不安定な感じで・・・。
最初の時の
「土俵で汗を流せば治る」
と言う姿勢はどこへやら、一転、モンゴルへの帰国も認める柔軟な方向に。

肝心なのは、朝青龍が回復するために一番良い方法を採るコトなんですが・・・。
オイラが個人的に一番心配しているのは、仮に朝青龍がモンゴルに帰国したとして、もしかしたら、二度と日本に戻ってこなくて、そのまま引退、なんてコトになりはしないか、と言うコト。

日本の国技、 「相撲」。
「横綱」 と言う立場におかれた彼への周囲の反応。
それへのプレッシャーからか、 「彼自身のスタイル」 を貫き通そうとした朝青龍・・・。

あくまでもメデイアを通じた彼しか知らないオイラ・・・。
考えすぎ、であればそれに越したコトはないんですが。
いずれにせよ、今後の成り行きが心配ですね・・・。

| | コメント (0)

ボルトは知っている?

沖縄那覇空港での航空機事故・・・。

今日、爆発の原因が燃料タンクのボルトによるモノだという報道がありました。
燃料タンクのボルトが外れ、穴を開けたため燃料が漏れた、とのコト・・・。

連日の報道で、爆発の瞬間の映像が流れていますが、もしも、乗客の避難が遅れていたら・・・、もしも避難している最中に爆発が起きていたら・・・。
考えるだけでも、恐いですね。
乗客全員が避難したあとで、機首部分から脱出するパイロット・・・、その瞬間に爆発が。
衝撃で、落下するパイロット。 機首部分は、地上からもかなりの高さだったので映像を見ながら、マジで大丈夫だったのか?!とも思いましたよ。

そして・・・。
くだんのボルト部分は定期検査では確認しない場所だとか・・・。
そう言えば・・・、少し前に、前輪が出てこなくて胴体着陸した事件。 あの時の前輪もボルト絡みのトラブルじゃなかったでしょうか??

あくまでも素人の視点からでしかないのですが・・・、こうした事故が続く限り、旅客に関わる機体とか車体とか、みんなひっくるめて点検の時に、 「確認をしない箇所」 とか 「点検をしない箇所」 なんて無いような気がしてなりません・・・。

検証のためにいまだに現場に残されている機体。
航空機会社は、イメージダウンに繋がるとかで、機体に記された社名を塗りつぶしたとか・・・。
そんなコトに気を回しているよりも、事故検証で確認された事実を真摯に受け止め、旅客会社として、相応しい対応を行なって欲しいと思います・・・。

| | コメント (0)

Victory

やっぱり・・・ですね~~。
「第89回 全国高等学校野球選手権大会」 。
決勝戦。

佐賀北 & 広陵高校。

たぶん、使い古された言い回しになってしまいますが、
まさしく 「筋書きのないドラマ」 ですよね~~。

あそこで、逆転満塁ホームラン・・・か。
魅せてくれますね~。 (゜-゜*)

選手たちそれぞれには、思いもあるかと思いますが、
見てて (聴いてて) 悔いのない試合だったと思いました。

PS. 配達のために、途中からはカーラジオで聴いて
    いたんですけど。
    実況担当アナいわく
    「スタンドはものすごい歓声です!」

    ・・・、いや、あなたの声もかなりに・・・。(^_^;)
    満塁ホームランの場面とか、スピーカーの音、
    割れてたし。(笑)

夏の高校球児たち、本当にナイス・プレー! でした。

| | コメント (0)

栄冠は君に・・・

約2週間、熱戦が続けられてきた
「第89回 全国高等学校野球選手権大会」。
地方大会も含めると、参加総数4081校。
今日の決勝戦で、その頂点が決まります。
一足早めですが・・・、文部大臣?いや、朝日新聞社社長ばりに?オイラなりの感想を・・・。

すべての試合を観たワケではないので、キチンとした感想が言えるかどうかは、分かりませんが。
今年も波乱含みの 「夏の甲子園」 だったと思います。

プロ野球スカウトの 「不正な活動」 に端を発して、何となく、 「特待生制度」 の問題にも繋がって行ったような 「野球界」 ・・・。
春のセンバツや夏の甲子園にもその影響は少なからず現れていたのではないでしょうか・・・。
しかし、そんな社会の暗い部分にも負けず、高校球児たちは、精一杯のプレーを見せてくれました。

昨年の決勝戦を彷彿させるかのような、佐賀代表の 「佐賀北」 と三重代表の 「宇治山田」 の延長15回、引き分け再試合。
甲子園大会最速記録をマークした 仙台育英高校の 「佐藤由規投手」。
久々に 「ドカベン」 を思い起こさせてくれた 「新潟明訓高校」 ・・・、ベスト8まであと一歩でしたが、ナイスファイトでした。
そして・・・、難病を持ちながら、甲子園のマウンドに立った愛工大名電の 「柴田章吾投手」 ・・・。
まだまだ、思い出に残る学校や選手、みなさんの心の中にもあると思います。

決勝に勝ち残ったのは、佐賀代表の 「佐賀北」 と広島代表の 「広陵」 です。
広陵は、中国地方から勝ち上がったチームですので、出来れば優勝して欲しいトコロですが。(^_^;)

やっぱり、もう、どちらも頑張って欲しいですね。
ちなみに 「がばいばあちゃん」 で有名な島田洋七さん・・・、広島出身の 「広陵OB」 で、幼い頃には、佐賀で暮らしていたコトもあり、やっぱり、 「佐賀北」 vs 「広陵」 、どちらにも頑張って欲しい、とのコト。(^_^;) 

「選手権大会」 である限り、その頂点は 「優勝」 なワケですが、地方大会を含めたすべての学校の選手ひとりひとりに、何か得るものはあったのではないでしょうか。
そう言う意味で、 「栄冠は皆に輝く」 ・・・、そんな風に思いたいのです・・・。

| | コメント (2)

越後掌握! Gackt に祈れ!

毎度おなじみ、大河ドラマのコーナーです。(^_^;)
(多少ネタばれ、ご注意下さい。) m(__)m

勘助、やっぱり窮地に一生を得ましたね・・・。
伝兵衛、ナイスタイミングです。(-_-)v
女忍者は出てこなくて・・・、結果的には、大井夫人 (晴信の母) に助けられたカタチになりました。

そして Gackt 。。。  景虎として、越後をまとめていくと共に、長尾景虎のイメージも固まってきています。
最初は、ただただビックリ続きな登場シーンたっだのですが、その荒ぶる心を毘沙門天のチカラによって静かに燃え上がらせようとしているのを感じます。
調略により越後を統一した景虎・・・、幼い頃に、姉である桃 (仙桃院) と共に草の葉で、チャンバラごっこをした景虎。その時と同じキモチで、同族である長尾政虎の心を草の葉で切り開こうとする・・・。

本編終了後のコラム 「風林火山紀行」 では、 「仙桃院」 のエピソードで、謙信の後継者である 「上杉景勝」 (信長・秀吉・家康の時代の人) の出生にも触れられてましたし・・・、やっぱり大河ドラマって、大まかには歴史の勉強になりますね。(^_^;)

で、もひとつ。
先週発売のテレビ番組情報誌にて、 「川中島ロケ」 の記事が載っていました。
やっぱり、やるんですね、あのシーン!(笑)
白馬の王子のごとき Gackt ・・・、すでに戦国武将じゃないし。(^_^;)

そうそう! 週末の25・26日辺りに、上越市主催の春日山地区 「謙信公祭」 にて。
Gackt がそのまま、上杉謙信役で登場するらしいです!

歴史の歯車の音を響かせて、大河は流れる・・・。

| | コメント (2)

残暑 返上!

猛暑お見舞い 申し上げます。(T_T)

・・・、いや、冗談ではなくマジで。尋常じゃないですよ。
昨日も気温40℃超えのニュース。
各地では熱中症で倒れる方々も・・・。
心よりお見舞い申し上げます。

と、言ってる自分自身もかなりにヘロヘロ。
小学校の百葉箱も、きっとヘロヘロ。(T_T)

降水量が少ないのも大きいですよね。
夏の夕立、と言えばお馴染みのはずですが。
穀物。地域・・・、まったく降ってません。(T_T)

「充分な水分補給を!」

とも言われていますが・・・、
人間は、汗をかくと一緒に塩も出てきます。
塩分も大量に消耗してるんですね。
なので、飲むのであれば、塩分とか栄養分とかを含んだ・・・、スポーツドリンクですよね。
どうか、みなさん、体調には充分気をつけて下さい。

で、あまりの猛暑に耐えかねて、壁紙もチェンジ!
思い切って、こんな感じで・・・。 
少し暑さが和らぐまでしばらくは、コレで行きます。

せめて、このブログにアクセスして下さった方々に涼を感じていただければ・・・。


| | コメント (0)

「大振り」 王子

昨夜のアニメ 「大きく振りかぶって」 の放送開始時間が、めっちゃ遅かった・・・。(T_T)
週末までは、午前中、ゆっくりできるから助かってるんですけど。(^_^;)
午前1時25分スタートはキツイ。普通、寝てますよ。(笑)

予約して次の日にゆっくり見る、って方法があるだろ。
と言うご指摘ももちろんあると思います。
が・・・・・、残念ながら、ただいまデッキがぶっ壊れてて録画はムリ。(T_T) ← 直せよ!(ーー;)

で、本題の 「大きく振りかぶって」 と言うアニメ。
少し前にもご紹介しましたが、オイラが興味を持った
「ドカベン」 以来の野球アニメなのです。

なんと言っても、キャラクターたちの心理描写が好いんです。
「ドカベン」 も、登場人物の心理描写は結構ありましたし、野球のルールを巧に織り交ぜた試合展開なんかもあったりで、かなりに深いマンガだったんですけど。

いかんせん、当時まだまだ若かったオイラは、そんな深みよりも、次々と登場する個性的なキャラの 「背負い投げ投法」 とか 「砲丸投げ投法」 とか、 「通天閣打法」 とか・・・、&、 「秘打 G線上のアリア」 とか・・・
           ↑ (結構マニアック?!(笑) )
そんな奇抜な 「ワザ」 の方ばかりに目が行ってたんですよね。(^_^;)

対する 「大振り」 は、そんな特別なワザを持った選手はいないけど、その分、心理描写の方を掘り下げていると思います。
例えば、バッターについては、味方チームはもちろん、相手チームの選手ひとりひとりをていねいに描いています。いわゆる、 「アウト要員」 とか 「三振キャラ (雑魚キャラ) 」 なんて存在は感じませんでしたね。

いまの高校生が実際どんな風なのかは、正直よく判りませんが、 「大振り」 について、あえて言わせてもらえれば、極めて普通の 「リアル野球マンガ」 ?
「ドカベン」 とはまた少し違った視点での 「ステキな野球マンガ」 と言えると思います。

で、今回のタイトルの 「 『大振り』 王子」 ・・・。
今年の甲子園では「王子」は登場しないんですね。
いや、 「王子」 自体が流行りモノだった・・・?(^_^;)
なので、せめてアニメの世界だけでも・・・と、勝手に
「王子」 を名づけさせてもらいました。(笑)

| | コメント (0)

この国を守る ココロとチカラ

昨夜、憲法9条をテーマにした特集番組が放送されていました。
「改憲派」 と 「護憲派」 に分けれてのディスカッションを中心とした2部構成での内容でしたが・・・。
自分自身、ホントに情けないんですけど、第1部を見た時点でチャンネルを換えてしまいました。
換えたチャンネルでは、女優の吉永小百合さんが、戦争体験をつづった朗読の番組が放送されていました。

前者のディスカッション番組を途中までしか見ていないオイラとして、どこまで発言する資格があるのかは判りませんが・・・。
何故、国を守る最後の砦が 「武力」 なのでしょうか?
「改憲」 を唱える多くの人たちは、日本の外交政策をどのように思っているのでしょうか?
いや、勿論、あらかじめ、外交政策を行なった末の最終的な判断での 「武装論」 と言うコトなのかも知れませんが・・・。
国を守るチカラと言うのは、決して 「軍備としての武力」 だけではないはずなのです。

今夜、同じテレビ局で 「京都、大文字の送り火」 の放送を見ました。
戦争を容認し、もしも日本も戦争に巻き込まれるようなコトになれば、人々が愛でる美しい四季の景色も、文化的な情景も、こののち生まれ出でる新しい生命 (いのち) までも、すべて焼き尽くされてしまうのです・・・。

オイラの持っている感情は、まだまだ軽はずみな 「平和理想論」 かも知れません。
「憲法9条」 について論じるためには、 「日米安保条約」 や 「集団的自衛権」 とか、外交政策に関わる事柄も、もっともっと勉強する必要があると思います。

なので、今宵、このブログは、まだまだ発展途上的なオイラのちっぽけなココロの欠片でしかありません。
ですが、そのココロの欠片は、ずっと大切に持ち続けていたいと思っています。
この国に生まれ、この国に育ち、・・・多少、悲観はしていますが、この国を思うココロがある限り・・・。

| | コメント (2)

戦国 甲子園!

「第89回 全国高等学校野球選手権大会」
昨日の第4試合は、
新潟明訓高校vs山梨県代表の甲府商。

激戦でしたね。
序盤に双方得点しましたが、その後はゆずらず投手戦に。
明訓高校は3人のピッチャーで上手く繋げて、延長12回表。ついに均衡破れ、明訓が決勝点を・・・。

この試合、 「越後」 の明訓と 「甲斐」 の甲府商、と言うコトで、NHK大河ドラマさながら、と言う感じも。
一足早い、 「川中島」 ならぬ 「甲子園」 。 (^_^;)

Gackt は登場しませんでしたが、見事、明訓高校が勝利して、3回戦にコマを進めました。
まさに 「戦国 甲子園」 。 (-_-)v

そうそう、今回の 「新潟明訓高校」 の登場にちなんで、このブログでも、マンガ 「ドカベン」 のネタを書かせてもらってますが、 「ドカベン」 の舞台である明訓高校は、たしか 「神奈川県立明訓高校」 。
新潟明訓高校もドカベン明訓のようにこのまま勝ち進んで欲しいですね!

それから、もひとつ。
第2試合に登場した、
「仙台育英高校」 の 「佐藤由規」 投手。
なんと、最速、 「155キロ」 を投げたそうです。
残念ながら試合には負けてしまいましたが、
好投手 「佐藤選手」 には 『弾丸王子』 の名前を贈りたいですね。 (^_^;)

夏の甲子園、まだまだ球児たちの熱い戦いは続いています!

| | コメント (0)

黒い故意人・・・? (ーー;)

「白い恋人」 で有名な北海道の製菓会社が製品の賞味期限を偽装していた疑いが・・・。
生肉業者の偽造事件も記憶に新しいこの時期に、またまた偽装疑いの事件です・・・・・。(ーー;)

なんでも、内部告発で発覚していたにも関わらず、会社側がなかなか公表していなかったとか・・・。
「北海道でのお土産に」 と、 「白い恋人」 を楽しみにしている人たちの気持ちを裏切る行為。
悲しいですよね。
本当に・・・、食べ物は、ちゃんと扱って欲しいです。

| | コメント (0)

いわゆる ひとつの共通点?

「ギャル曽根」・・・・・・。
なぜに あんなに入るんだろう?

かなりこじ付けっぽいんですが、彼女とオイラの共通点を探してみました。
さしずめ・・・。

「大食いタレント」 と 「食えないオトコ」 、とかね。(-_-)v

ふはははは・・・・、 (^_^;) はぁ~~。(T_T) 
残暑はまだまだキビシイですね・・・。 (゜-゜*)

| | コメント (0)

ギョクオン ホウソウ

1945年 昭和20年 8月15日 正午。

当時、尋常小学校高等科だった父は、今は亡き祖父から家族揃ってラジオ放送を聴くように言われたそうです。
昭和天皇が、終戦を国民に知らせる 「玉音放送」 。

オイラ自身、その放送 (部分的に) は、終戦番組の中でしか聴いたコトがありません。
内容と言っても、あの有名な
「絶え難きを堪え 忍び難きを忍び」
の部分しか知りません・・・。

あの日、父たちはどんな気持ちで、放送を聴いていたのでしょうか・・・。
この時期になると、時々父親とも、終戦の話しをしますが、 「玉音放送」 のコトは、ラジオの音声が不鮮明で、何をしゃべっているのかよく判らなかった・・・、なんて言ってますが。(^_^;)

高度経済成長期を経て、機械工業の輸出産業、バブル経済の崩壊・・・。
東京オリンピック、大阪万博・・・、長野冬季オリンピック、愛知万博・・・・・。
敗戦の瓦礫から積み上げられてきたこの社会に、いま自分たちは暮らしています。

しかし、いまでも、戦争で負った傷に
「堪え難きに堪え 忍び難きに忍び」 ながら生きている人がいます。

先日、テレビで、、漫画家水木しげるさんの自伝的戦争体験記のドラマが放送されていました。
水木さんは、兵役で南方へ。
戦地で左手を失いながらも復員。漫画家になり、妖怪マンガ 「ゲゲゲの鬼太郎」 を大ヒットさせました。
水木さんと共に戦争に行き、戦死していった仲間たち。
そして生き残った水木さん・・・。
『玉砕なんてくだらない!』
「鬼太郎」 に登場するキャラクター、 「ねずみ男」 のそんなセリフに、戦争に対する、様々な思いが込められていたように思いました・・・。

戦後 62年・・・。

「62年前に戦争があった」 と言う過去形の表現になってしまうコトは否めませんが、
「戦争があった事実」 を受け継ぎ、また次代に繋いでいくコトが、今を暮らしている自分たちの、ひとつの役割でもあるのだろう、と思います・・・。

| | コメント (0)

迎火 (むかえび)

8月13日は、盂蘭盆の 「迎火 (むかえび)」 でした。
昼過ぎに、家の裏山の墓地に、ご先祖さまを迎えに行きました。

穀物。家は、約7代前の 「多三郎」 と言う人までが確認されています。
「多三郎」 さんは、江戸時代の人です。
その他に、3~4の墓石がありますが、それは穀物。家がこの地に移り住む以前にいた人のお墓だとか・・・。
すでに、石に彫られた文字が読めなくなっているお墓もあります。

墓地には、人間の墓だけでなく、曾お祖父さんから、両親が若い頃までの時代に農耕用に飼っていた牛とか、当時から代々飼い続けていたイヌとかネコとかのお墓もあります。

墓石、と言ってもちゃんとしたモノではなく、簡素な石を使っているのですが、代々の動物たちを同じような箇所に埋葬しているので、血縁はなくても、何となく 「合祀墓」 っぽくなっています。(^_^;)

我が家の奥座敷 (^_^;) の床の間にも祭壇が用意されて、ご先祖様の位牌が並べられています。
お盆の間は、ご先祖様の霊は我が家に帰ってくる、と言われています。
動物たちの位牌は無いんですが・・・、一緒について帰ってきてるのかな?(^_^;)

お盆の間も、お墓にも参ります。 「留守参り」 と言って、故人がいないお墓の掃除をしたりするのです。
こうした一連の行事は、16日の 「送火 (おくりび) 」 まで続けられます・・・。

| | コメント (0)

ペルセウス The 流星群!

ただいま、午前4時すぎです。
東の空からは、 「オリオン座」 が昇ってきています・・・。

沖縄で有名なのは、「オリオンビール」。
ビール片手に星空をながめる・・・か、一度やってみたいな・・・。(゜-゜*)遠い目…
ま、それは好いとして。(^_^;)

昨夜のリベンジ?! と言うワケ?で。
今宵もまた、3時すぎに目が覚めて、ちょいと夜空を見てました。
昨夜とは、うって変わって満天の星空!
オイラのねぐら 「離れ」 の横の畑に上がる道に寝転がって、イザ、天体観測。(^_^;)

・・・、! 見えた!!
 見えましたよ~~~、流れ星。(-_-)v

「流星群」 と言う呼び名から、 「流れ星ご一行様」 みたいなイメージを持っている方もいるかも知れませんが。
実際は結構、まばらです。
ピークを過ぎてたからかな~~。(^_^;)

カシオペア座辺りから、西南の方に視線を移していくと、時折、視界の中にホントに、スーーッって感じで
星が流れていくんです。

なので、願い事してる余裕はナシ。(笑)
途中、南の方角から何度か雲が来たので、星が隠れてしまうコトもありましたし、ピークの次の日と言うことで、なかなか現れませんでしたが、それでも約1時間ほどのあいだに、大小あわせて、5~6個は見えました。(-_-)v
起きてみて好かった・・・。(゜-゜*)

さて・・・、そろそろ、新聞配達も来る頃だし・・・、
さ、二度寝、二度寝。(笑)


| | コメント (0)

流れ星を観たかい?

1年に一度訪れる 「ペルセウス座流星群」 。
今朝未明が、観測できるピークだったみたいです。

オイラも、トイレに起きたのがちょうど午前3時頃。
見えるかな~~と思いながら、庭に出てみれば、あいにくの曇天で・・・。
結構、厚い雲が夜空いっぱいに広がっていたのです。

目を閉じて、何も見えず♪
悲しくて 目を開けても それでも、何も見えません。(T_T)

雲よ、去れ~~っ!
「ペガサス流星け~~ん!」(>_<)P
・・・いや、 「ペルセウス座流星群」 なんですけどね。(^_^;)
しばらく、雲が晴れるのを待っていましたが、眠気のほうが勝ってきて、残念ながら再びふとんの中へ。

学生の頃に、友だち有志数人で、物理の先生のお宅に泊めさせてもらい 「ハレー彗星観測会」 をやりました。
先生ご自慢の天体望遠鏡には、白い尾を引いた彗星がハッキリと映っていました。

昔は結構、星空に興味があって、夜中に三脚にカメラを取り付けて、星が動いていく写真を写したりもしてました。
星座の観測とかも、よくやってたな~~。

今でも、夜空を見上げると、その頃のコトを思い出しますね・・・。
「ペルセウス座流星群」 ・・・、来年は観えるかな~~。 (゜-゜*)遠い目…

| | コメント (0)

Gackt 必中!

Gackt 景虎、今週も魅せてくれました!
揺るぎない信念で、緒方拳を Get!
伝兵衛、いつの間にか「鉄砲指南役」に・・・。

・・・にしても。
最初は、Gackt の登場シーンも短くて、まるでその瞬間だけが違う世界のように思えていましたが、登場シーンが多くなるにつけて、次第に大河そのものが染まってきています。 (^_^;)
「的を射る」 と言うよりは、まさに 「的を得る」 と言う感じ。(-_-)v (笑)

「たたかいは好まぬ。 京に上り、帝をお助けする。」
でもね、それはまさしく 「上洛」 と言うモノで、戦国時代では、 「上洛」 を果たした武将が世の中を治める、と言う仕組みになっているのでは。(^_^;)

さらに、都までの道中に立ちふさがる敵もいますよ。
自分からは仕掛けないけど、向かってくる敵には容赦なし。そう言うコトですか?(^_^;)

そして、勘助、バレバレです。(T_T) またまたピンチ。
何だか、緒方さんとGackt にすっかり手玉に取られてる・・・みたいな。

ホントにね、途中で主人公が変わっちゃうんじゃないか、って勢いがまたしても。(笑)
来週は、あの女忍者 (くのいち) と伝兵衛に助けられるんでしょうか~~?

伝兵衛、またまた大活躍?! 平蔵 (佐藤隆太) に負けるな!(^_^;)

歴史の歯車の音を響かせて、大河は流れる・・・。

| | コメント (2)

心の倦み

数多くの特定疾患の中に 「ベーチェット病」 と言う疾患があります。 この疾患は、皮膚症状、眼症状や口腔内の潰瘍、を主に、全身に症状が起こる 「慢性再発性」 の 「全身性炎症疾患」 です。
口腔粘膜の潰瘍は、ハッキリと症状に現れ、眼球への症状は特に重要とされており、重度の場合失明に至るコトもあります。また、潰瘍は消化管へ現れる場合もあります。
患者は、皮膚の痛みと食事制限を課せられるコトになります・・・・・・。

この 「ベーチェット病」 と言う特定疾患を持ちながら、甲子園のマウンドに立った高校球児がいます。
昨日、試合を行なった 「愛工大名電」 の 「柴田章吾」 投手です。
医師からは、野球を諦めるように言われたにも関わらず、彼は夢の舞台に立ちました。

そこに至るまでには、本人の努力は勿論のコト、周りの人々の理解無しでは成し得なかったコトだと思います。
多くのメディアが彼を賞賛し、エールを送りました
オイラ自身も、驚きと尊敬と感嘆の入り混じった思いで、彼を見ているのですが、同時に、同じ難病患者として、どうしても追いつけない、別世界の存在のようにも受け止めてしまうのです。

生まれながらにして、生きる選択肢が定められている人がいます。
最初から、多くの夢を持つコトを諦めている人もいます。

「同じ病気の人たちへの励みになれば」
定められた環境を打ち破らんとする彼の言葉は、確かにオイラの心には届きます。ただ、その言葉をいま一歩受け止め切れないのは、慢性的に湧き上がる自分自身への不安なキモチが、羨望や、あるいは偏僻を生み出しているからなのかも知れません。

定められた環境、逆境を打ち破るコト、すなわち、自身を乗り越えるコト。
そう、言葉では簡単に表せますが、いま本当にオイラに必要なのは、自分と彼を比較して悲観したりするコトではなく、そんな社会の様々な情報を通して、自分自身と向き合いながら、常に一歩前へと、踏み出すココロなのかも知れません・・・。
何だか、まとまりのない記事になってしまいましたね。
スミマセン。(^_^;)

| | コメント (2)

オトナ買い? Gackt 買い!

・・・、だんだん、タイトルもゆるくなってますか? (^_^;)
先週の大河ドラマは、ネタにしなくても好いかな・・・と思ってたんですけど、さっき再放送の、しかもラストシーンだけ観て、やっぱりカキコ。(笑)

勘助、まんまと捉まっちゃいましたけど、どうするんでしょうか? いや、やっぱこれは作戦で、そのまま潜入捜査ってヤツですよね。脱出する時が見モノですが。
まぁ、取り敢えずは、鉄砲100丁、揃えるしかないんでしょうが。
案外、にっちもさっちもいかなくなって、そのまま、越後の軍師になってたり・・・、なんてコトはない。(T_T)

で、最初考えてたタイトルは、
「出○一丁! 鉄砲百丁!!」
・・・、どうなんでしょうね~。
正直、この大河ドラマコーナー (笑) のタイトル決めもある意味、岐路に立たされているのではないかと思う次第です・・・。

| | コメント (0)

お盆休み

今日から 「お盆休み」 と言う方も多いかと思います。
高速道路では、昨夜から帰省ラッシュも始まっているとか・・・。
みなさん、 「いなか」 に帰るんですね~~。

ウチは 「いなか」 が、ありません。と言うか、むしろウチが 「いなか」 みたいな・・・。
いや、厳密に言うと、そんなに遠くないところに祖母の実家があって、子どもの頃は、時々遊びに行ってました。
今は亡き、曾お祖父さんが、渋~~いお茶を入れて、飲ませてくれてましたっけ・・・。(゜-゜*)遠い目…

学生の頃は、 「夏休み」 の前は、妙にワクワクしてましたね。一年の中で一番長い、まさに 「長期休暇」。
もちろん、宿題とかもあるんですが、それよりも、 「日曜日が40日も続く」 と言うテンションの方が高かったんですね。(笑)
(当時は、土曜日も毎週授業があったんですよ!)

で、付け加えての思い出として、 「終業式」 や 「始業式」 とかの、校長先生の長~~い 「ハナシ」 。
先日の、 「夏の甲子園」 の開会式での某文部大臣とかのハナシを聞いててふと思い出してしまいました。(笑)
夏休み前の 「終業式」 ・・・、空調の回りの悪い体育館とかでの先生のハナシの最中に、ぶっ倒れてた生徒もいましたっけ・・・。(T_T)
さすがに、甲子園の高校球児はタフですね。プラカードを持った女子生徒さんも負けてません。やっぱりタフです。(笑)

さて・・・、
社会人の 「夏休み」 の話しに戻りましょうか・・・。(^_^;) 
一応、仕事は、お休み貰ってますが、これと言って予定もナシ。

見れば、部屋の様子も少々、荒んでたりしますので、 「上半期の大掃除」 を。
あるいは、筆不精ながらも、残暑見舞いを書いてみたりしたいと思ってます・・・。

| | コメント (0)

「ドカベン」 もうちょい掘り下げます。

「夏の甲子園」 、地元代表校は、残念ながら敗退してしまいました・・・。結構好い試合だったんですけどね。
あと1点取れたなら・・・。

今日は、新潟県代表の 「新潟明訓高校」 の試合があったらしいです。しかも初戦突破!
「新潟明訓高校」 は、先日も紹介した、野球マンガ
「ドカベン」 の舞台である 「明訓高校」 のモデルとなった学校です。
作者の水島新司さんが新潟県出身での繋がりだとか。

で、 「ドカベン」 の短期集中連載企画で、「新潟明訓高校」 vs 「明訓高校」 のストーリーもあるんですよ。
読みきりコミックスにもなってました。
オイラが、 「新潟明訓高校」 の存在を知ったのも、そして 「ドカベン」 のモデルだと言うコトを知ったのも、その本を書店で見つけたのがきっかけです。
リアルタイムで 「ドカベン」 を読んでた頃から随分後になっての話しです。

先の震災でとても大変な時期に、県予選を勝ちあがり、甲子園でまず1勝した 「新潟明訓高校」 、ぜひとも頑張って欲しいです。

| | コメント (2)

嗚呼、756号・・・、野球ネタ小さじ少々

メジャーリーグ、サンフランシスコ・ジャイアンツの選手、 「バリー・ボンズ」 が、ハンク・アーロンの記録を抜く756号ホームランを打ったのは、数日前のコト。

「756号」 ・・・??
オイラの記憶では、すでにはるか昔に、王貞治さん (当時、讀賣ジャイアンツ) が抜いています。
何年くらい前だっけ? と調べてみると、なんと1977年。・・・約30年前です。(T_T)
王貞治・・・あの頃、アナタも若かった・・・。(^_^;)
それから、引退までさらにホームラン100本くらい打って、800本は越えてたと思います。

で、バリー・ボンズ選手は、違う話題でも騒がれてますよね・・・。(ーー;)
いや、ビリーじゃないんです。「バリー」。(^_^;)
入隊するのなら、まだ好いんですが、キャンプインじゃなくて、魅惑の境地へフェード・イン。(T_T)

ダメですよ。薬物乱用。
とか何とか言ってるうちから、今度は日本のプロ野球チームからも 「筋肉増強剤」 の使用者が・・・。
プロ野球史初、とか言ってますが、不名誉な 「初」 ですよね。
「土俵で稽古して、汗流せばいいんだよっ!」
・・・・・・、嗚呼、違う違う。そうじゃない。 (T_T)

| | コメント (0)

1945 ナガサキ

天を指す右手は原爆の脅威を
水平に伸ばした左手は平和を
そして、閉じた目は原爆犠牲者の冥福を祈る姿・・・。

長崎市平和公園にある平和記念像の姿です。
62年前の今日、長崎に原子爆弾が投下されました。

「原爆投下は、しょうがない」

と言う発言は日本の歴史上、最後の防衛庁長官でありまた初代の防衛大臣であった 「久間章生」 氏の言葉。
しかも、彼は、被爆地長崎の出身者だそうです・・・。

戦争を知らないオイラ。
第二次世界大戦の背景に、各国のどのような力関係があったのかも詳しくは知りません。
しかし、それにしても、原子爆弾では多くの尊い命が犠牲になっているのは紛れも無い事実・・・。
「ヒロシマ」 「ナガサキ」 の歴史は、決して 「結果論」 などではなく、これからの 「核廃絶論」 や 「平和論」 への問題提起であり続けるのだと思います・・・。

元大臣とか、長崎市出身であるコトは、もとより、ひとりの日本人として、ナガサキの人々、ヒロシマの人々、
平和記念像、原爆ドーム、そして、これからの日本と向き合って欲しいと思います。

そして、それは勿論、オイラ自身にも当てはまるコト。
ひとりの日本人として、人間として・・・・・・・。

| | コメント (0)

夏が来た!

P1000704


 「残暑お見舞い 申し上げます」

いや・・・、ホントに。
暦の上ではもう 「残暑」 なんですよね・・・。でも、今日も朝から 「夏真っ盛り」 と言う感じ。(^_^;)

今年は、7月中旬から8月上旬にかけて、台風4~5号が来たり、遅かった梅雨明けだったりで、本格的な 「夏到来」 が先送りになったのかも・・・。(^_^;)

タイトルの 「夏が来た!」 ・・・、昔は、渡辺美里の歌をよく聴いてました。 「サマータイム・ブルース」 とか。
CDアルバムとかも集めてましたね。 また、聴いてみようかな・・・。

さてさて、今日から
「第89回 全国高等学校野球選手権大会」 俗に言う 「夏の甲子園」 が始まります!
地元県の高校も、イキナリ初日からの試合です・・・。
頑張って、まず一勝して欲しいですね!

「高校野球」 といえば、若かりし頃、リアルタイムで野球マンガの 「ドカベン」 読んでました。アニメにもなってましたよね。かなりメジャーな作品なので、オイラと同じく、マンガを読んだり、アニメ見てたりしてた方、いると思います。

で、そのマンガに登場するキャラが・・・、味方チームだと、葉っぱを咥えてて、ボール球しか打てない人だとか、ピアニストでいつも 「秘打」 を編みだしてる人だとか・・・、ライバルチームも、土佐犬相手に練習してたりだとか、ものすごい直球やフォークボールを投げる人だとか・・・。 とにかく、キャラクターの大半が、超高校級、を超える球児たち。(^_^;)
普通っぽい野球マンガなんですけど、実は松坂や松井もビックリ、って感じの・・・。(笑)
でも、面白くって、結局コミックスは、全巻そろえちゃいましたね。(^_^;)

で、最近、また面白い野球アニメを発見。
「大きく振りかぶって」 と言うタイトルのアニメです。
原作からではなく、アニメから入ったんですが、キャラのみんなが、好いんですよね~~。
超高校級、を超える人、ってのは登場しないんですけど、何だか妙にリアルで観てて感情移入出来る気がするんですよ。

「ドカベン」 以来の野球アニメ発見!と言う感じです。
こっち方面では、BS-i で木曜日の深夜枠にて放送中です。

| | コメント (2)

この料理 この一品。 [第7話]

P1000684


久しぶりの、 「この料理」 ・・・、この一品、ではなく4品目ですね。 そうです、今回のメニューは 「病院食」 !

「入院日記」 にも書きましたが、正直言って、今回の入院中に 「病院食」 を出して貰えるとは期待していませんでした。
でも、出ましたよ。退院2日前に、昼食だけ。(笑)
ええっと・・・。 一緒に付いていた伝票には
「CD軟菜」 と記されていました。
「CD」 はクローン病のコト。 「軟菜」 は、字のごとく 「軟らかい野菜」 でしょうね。(^_^;)
でも、ジャガイモ、結構しっかりしてましたよ。(笑)

そして、お粥の量もかなり多い。 これ、ウチで食べてるより絶対、量ありますって。(笑)
カロリーは、全部で1200キロカロリー・・・、タンパク質が50グラム?! いやいや、一日の摂取量、越えちゃってます。(^_^;)

P1000694_2


オイラの場合、タンパク質は1日30グラムが上限なんですよね~。もちろん、完食はムリでした。(^_^;)

「この1品」 と言うコトで、あえて1品、ピックアップするならば・・・、やはり 「魚」 ?
どうやら、 「みそ焼き」 らしいです。
案の定、塩気も脂気も無い、パサパサな・・・。(笑)
一緒に付いてたブロッコリーは普通でした。

P1000686


でも、美味しかった。
お粥も、3分の1くらい、ジャガイモ&ニンジンも、魚もひとくち、ふたくちくらいしか食べれなかったんですけど、美味しかったですね。何よりも、病院で食事が出来たってのが、感動です。(笑)

一番食べたの、味噌スープだったかな。 8割くらいは飲み干してましたし。(笑)

ごちそうさまでした。(⌒人⌒)

| | コメント (2)

1945 ヒロシマ

62年前、ヒロシマに1発の爆弾が投下されました。
それは、長い年月が経った今日の日も、人々の心を焼き続けています。

かつて、「産業奨励館」と言う名のごく普通の建物だった 「原爆ドーム」 は、寡黙なまでに佇んでいますが、
灼熱を浴びたその自らの姿を以ってヒロシマの記憶をいまも伝え続けているのです・・・。

| | コメント (2)

絶不調・・・?!

・・・、いや、オイラじゃないんですよ。

オイラは、何となく大丈夫なんですが。
大丈夫じゃなさそうなのは、一昨年に購入した、HDD DVDデッキ。

録りためておいた番組をダビングしようと、新品のディスクを挿入。
でも、なぜか初期化失敗で、それっきりディスクが取り出せない状態に・・・。
ずっと、 「ディスク読み取り中」 か 「ディスクを修復しています」 の表示が出っ放しで。一応、テレビの番組は支障なく観ることは出来るんですが、録画&再生が一切NG。(T◇T)/~~~

・・・、少し前から、動作が不安定なところがあって、
ヤバイかな~、とは思ってたんですが。
暑さかな~~、それとも、湿気かな~~??
いや、日中でも窓とか開けて換気したり、湿気や室温は上がらないように気をつけていたんですけどね・・・。(ーー;)

いまHDDに入ってる番組は諦めるとしても、とりあえず修理に出さなきゃ・・・。
考えたら、オイラって、結構、録りためるクセがありましたからね・・・。
ホントに残したい番組は? 大切に録っておきたい番組とかを考えてみろ、って言う 「警鐘」 って言ったら大げさかも知れませんが・・・、そんなふうにも思えたり。(T_T)

| | コメント (0)

「おなかのナカミのそのゆくえ」 入院日記 後編

引っ張り続けた 「入院日記」 もいよいよ最終回。
検査から2日経ったその日のお昼過ぎ、病棟主治医からの所見がありました。
すでに手渡されていた 「入院治療計画書」 には、
「十二指腸クローン病」と記されていましたが、今回の念入りの小腸検査によって、 「空腸」 ・ 「回腸」 にも狭窄が確認されました。

特に深刻な部分は、胃から小腸 (十二指腸) への入り口の狭窄。次に 「空腸」 から 「回腸」 につながる部分の狭窄、そして 「回腸」 から 「大腸」 へ繋がる部分の狭窄と続く、とのコト・・・。
現状のままだと、いづれは閉塞を起こしてしまう可能性もある・・・、とのコトで。

対処法としては、以前から話題に出ていた腸疾患への新薬 「レミケード」 を使うか、あるいは、 「免疫抑制剤」 を投与するか・・・。
実は、オイラの治療方針については、検査を担当した医師団の中でも意見が分かれたそうです。
「イッキにレミケードを使ってみても良いのでは?」 と言う派と 「まずは免疫抑制剤から」 の段階的導入派。

で・・・、ここでお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、 「段階的導入」 と言うコトは、まず 「免疫抑制剤」 から投入してもいづれは、 「レミケード」 に行き着く、と言う方針らしいです・・・。
加えて、 「レミケード」 を投与する場合には、あらかじめ狭窄部分を少し広げる外科的な処置もしておいた方が良い、との話。
でも、オイラの場合、まだそこまでする必要もない症状であるコトも説明されました。
なので。結論としては一応、まずは「免疫抑制剤」から始めるコトに。

「免疫抑制剤 イムラン」 は普通は外来で服用するクスリとのコトで、その後、2日ほどレントゲンなどでバリウムがお腹に残っていないかを確認して、退院、と言うハナシになりました。
7月14日は、おりしも台風4号が中・四国地方に最接近していた時で、その日の夜半も強風が吹き荒れていました。
「ちゃんと、経鼻栄養を取っていても、人によっては症状が進行する場合もある。」
「穀物。さんは次の治療段階に入る時期が来ていたんですよ。」
と言う趣旨の主治医の言葉がアタマの中で巡ります。
「免疫抑制剤 イムラン」 と言うクスリ、効果も期待されますがもちろん副作用もあります。そしてそれは 「レミケード」 も同じコト。
そんな不安をよぎらせながら、台風一過、快晴の退院の日を迎えたのでした。

家に帰ってみると、一番にイチローが 「しばらく居なかったな・・・」 みたいな顔つきで寄ってきました。
はぁ~~~~。(^.^) やっぱり自分の家が一番好いですね。(*^_^*)

「免疫抑制剤 イムラン」 や 「レミケード」 については、また近いうちにブログで紹介したいと思います。
随分と引っ張ってしまいましたが、穀物。の5日間の 「検査入院日記」 、ひとまずこれにてお終いです。
最後まで読んで下さったみなさん、ありがとうございました。
あ、ブログ 「徒然なる まめ に」 はまだまだ続きますよ~~~。(^_^;)
今後とも宜しくお願いします。<(_ _)>

| | コメント (2)

昭和の唱を・・・。

先日亡くなられた 「阿久悠」 さんの追悼番組を放送していました。 歌謡曲から、アニメソングまで、実に幅広いジャンルで、作詞されていたのですね・・・。
思わず口ずさんでしまう歌がいくつも・・・。

放送局が、NHKだったので、阿久悠さん作詞の歌が流れていたのは、ほとんどが 「紅白歌合戦」 。
それもスゴイことですよね。
その時の時代を映し、人々の心に残る唱を作り続けた阿久悠さん。
どうか、やすらかに。心よりご冥福をお祈り致します。

| | コメント (0)

仮面ライダー Gackt !

日曜日でもないのに、なぜ 「Gackt」?(^_^;)

でもね、いい響きだとは思いませんか??
なかなかイケてるように思うんですけど。(笑)
石ノ森さん&東映さん、どうでしょう??

なんだか、YAHOO! JAPAN のトップページに
「仮面ライダー」 ネタの広告が載ってましたので・・・。
このシリーズも・・・、歴史が長いですね。オイラの子どもの頃からすでに放送してました。
「ウルトラマン」シリーズと、どっちが長いんだろ??

でも、最近の 「ライダー」 は、昔とはまったく様相が違ってます。(*_*)
電車に乗る! もののけに憑依される!! ライダーキックは、いまいずこ!?(T_T)/~~~

「賀集利樹」 とか 「オダギリジョー」 がやってたシリーズ辺りから革新が始まってたのでしょうか?(^_^;)
ファン層も広くなってるみたいで、子ども番組なのに、お母さんたちもターゲットに入ってます。(笑)
むしろ 「お母さん狙い」 の気もします。(^_^;)

嗚呼、結城丈二 (山口暁) ライダーマンよ永遠に・・・。
あえて、メジャーな 「ぶいすりゃー!(笑)」 ではなく、ライダーマンを持ってきてみました。(笑)
いや、初代ライダー役の 「藤岡弘」 さんもいまも独特の雰囲気で健在ですが。(^_^;)

「仮面ライダー」 か・・・。あの頃、オイラは若かった・・・。(゜-゜*)遠い目…

ところで、8月3日、午前11時現在。 昨夜から猛威を振るってた 「台風5号」。
すでに通り過ぎたはずなんですけど、依然、荒れた天気です。
早く、遠くに去ってくれ~~~。(T_T)/~~~

| | コメント (0)

「掘り下げて 小腸検査」 入院日記 中篇 

さてさて、またまたお待たせ致しました。入院日記の続きです。

小腸内視鏡・造影検査は2日目の1時半頃から行なわれました。
外来の検査準備室にて、鼻の穴に軽い麻酔。そしていよいよ検査室へ。

で、その検査室に入って見れば、またまた昔入院していた時の看護師さんがいて感動の再会パート2。(笑)
検査には、看護師さん含め、3人くらいの医師や技師の方が付いてました。 さしずめ、 「穀物。担当医師団」 、ですね。(^_^;)
血圧計とパルスオキシメーターを付けて、まずは鼻から内視鏡カメラを挿入。 今回は、造影剤を入れるチューブよりも太いので、少し緊張。
「穀物。 行きま~~す!(声は古谷徹で) 」って感じで。(^_^;)
その太さは約4ミリ。
・・・、胃カメラの時と同じくチューブが入って行く時に、今度も胸の辺りが結構キツかったです。造影剤のチューブは大丈夫だったので、どうやら4ミリ辺りの太さがボーダーラインかも・・・。
先生、オイラの血圧、大丈夫??
カメラ担当の先生は病棟の主治医でもある女医さん。カメラさばきも軽やかに?! 胃の内部を通り抜けていよいよ小腸に・・・。
一通り撮影などを済ませたあと、カメラの管にガイドワイヤーを通して、カメラを抜き、今度は、造影剤のチューブを挿入。 
おぉ~~、 「消化管内換装」 、ワザですな。(^_^;)
でも、普段、 「夜間経鼻栄養」 で挿入するチューブのガイドワイヤーはモロ金属線なので、ワイヤーだけ体内に残ってる状態は、正直ちょいとコワかったり・・・。
まぁ、検査チューブのワイヤーは見た目、優しそうでしたが。(^_^;)

でもって、チューブは進むよ、どこまでも。小腸内部に到着して、造影剤 (バリウム) の投入です。
この辺りから、オイラ自身も結構キツくなって来てましたので、麻酔薬を少し投入。
何となく、看護師さんや先生とは会話を交わしていたのですが、そのうちに意識もうろう・・・。
気がつくと検査は終わっていました。
あとで聞いた話しですが、造影検査は、バリウムを腸管内に流して角度を変えて撮影したりしたため、カラダの向きを色々と変えてたみたいで・・・。
「穀物。さん、うつぶせにした時に、苦しそうに、ウンウン言ってたので、検査早めに切り上げたんですよ~。」
検査後に女医さんから聞いた話です、知らぬ間に、弄ばれてたんですね。(笑)
で。気になる検査結果ですが・・・。 それは次回の講釈で・・・。(T_T) 引っ張ってスミマセン。

つづく。

プチ次回予告編
== 医師団の意見、分かれる?!
      ウワサの新薬、投入・・・か?!
次回 入院日記最終章 
「おなかのナカミの そのゆくえ」 
数日間の検査入院は、これからの穀物。に何を与えたのか・・・? ================

| | コメント (0)

力士の品格・・・

「朝青龍」 ・・・、ついに処分が下りましたね。
9月 (秋場所 東京両国) 
11月 (九州場所 福岡国際センター) 、出場停止。
11月場所終了まで謹慎、および 30%の減給。
&親方も責任を負い、一緒に減給らしいです。(T_T)

キビシイようですが、仕方ないですね・・・。
と言うか、地元に帰って油断してたのかも知れませんが、日本のニュース番組に取り上げられてちゃダメですよ。(T_T)/~~~

まぁ、彼の場合、今回のコトだけではなくて、これまでの場所中での行ないが、積もり積もって、のコトだったようにも思えます・・・。

「横綱としての品格を・・・」 と言う声も聞かれますが、「相撲」が日本の国技として重んじられるのであれば、やはり、まず 「力士としての品格」 でしょうか?

「モンゴル相撲」 にしても、 「格式」 とか 「品格」 とかあると思うんですけど、その辺り、意外にアバウトなんでしょうか? それとも、朝青龍自身がアバウトなんでしょうか?(^_^;)

ともあれ、色々と話題の尽きない、 「朝青龍」 。
日本の相撲ファンの気を揉ませるコトなく、どうか腰の故障も、キチンとゆっくりと養生して来年の初場所に望んで欲しいところです。

| | コメント (2)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »