« 越後掌握! Gackt に祈れ! | トップページ | Victory »

栄冠は君に・・・

約2週間、熱戦が続けられてきた
「第89回 全国高等学校野球選手権大会」。
地方大会も含めると、参加総数4081校。
今日の決勝戦で、その頂点が決まります。
一足早めですが・・・、文部大臣?いや、朝日新聞社社長ばりに?オイラなりの感想を・・・。

すべての試合を観たワケではないので、キチンとした感想が言えるかどうかは、分かりませんが。
今年も波乱含みの 「夏の甲子園」 だったと思います。

プロ野球スカウトの 「不正な活動」 に端を発して、何となく、 「特待生制度」 の問題にも繋がって行ったような 「野球界」 ・・・。
春のセンバツや夏の甲子園にもその影響は少なからず現れていたのではないでしょうか・・・。
しかし、そんな社会の暗い部分にも負けず、高校球児たちは、精一杯のプレーを見せてくれました。

昨年の決勝戦を彷彿させるかのような、佐賀代表の 「佐賀北」 と三重代表の 「宇治山田」 の延長15回、引き分け再試合。
甲子園大会最速記録をマークした 仙台育英高校の 「佐藤由規投手」。
久々に 「ドカベン」 を思い起こさせてくれた 「新潟明訓高校」 ・・・、ベスト8まであと一歩でしたが、ナイスファイトでした。
そして・・・、難病を持ちながら、甲子園のマウンドに立った愛工大名電の 「柴田章吾投手」 ・・・。
まだまだ、思い出に残る学校や選手、みなさんの心の中にもあると思います。

決勝に勝ち残ったのは、佐賀代表の 「佐賀北」 と広島代表の 「広陵」 です。
広陵は、中国地方から勝ち上がったチームですので、出来れば優勝して欲しいトコロですが。(^_^;)

やっぱり、もう、どちらも頑張って欲しいですね。
ちなみに 「がばいばあちゃん」 で有名な島田洋七さん・・・、広島出身の 「広陵OB」 で、幼い頃には、佐賀で暮らしていたコトもあり、やっぱり、 「佐賀北」 vs 「広陵」 、どちらにも頑張って欲しい、とのコト。(^_^;) 

「選手権大会」 である限り、その頂点は 「優勝」 なワケですが、地方大会を含めたすべての学校の選手ひとりひとりに、何か得るものはあったのではないでしょうか。
そう言う意味で、 「栄冠は皆に輝く」 ・・・、そんな風に思いたいのです・・・。

|

« 越後掌握! Gackt に祈れ! | トップページ | Victory »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

甲子園、梅雨明け直後に始めたらいいと思いません?
だって、暑いですよね。いっつも異様な暑さの中やってるでしょ。
すこしは未来ある若者の体を考えてやってくれ!と思うのですが。

栄冠以前に命でしょ。

投稿: たがこし | 2007年8月22日 (水) 22時19分

>たがこしさん

コメントありがとうございます。
今年は、例年にも増して、暑さが厳しい年ですね・・・。
昔聞いた話しですが、甲子園のマウンドの気温は、
真夏の炎天下で50℃くらいになるとか・・・。

「熱中症」。
まず心配になりますが、やはり高校球児、並々ならぬ
基礎体力と、体調管理、水分 (塩分) 補給を充分に
行なっているのだと思います。

むしろ気になるのは、観客席の人たちです。
帽子もかぶらず、ハチマキに黒の詰襟学生服スタイル
の応援団・・・。
ある意味、試合中の選手よりもキツイと思います・・・。

飛躍して、すみませんが・・・。
そのうちに、甲子園球場もドーム化?


投稿: 穀物。 | 2007年8月23日 (木) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 越後掌握! Gackt に祈れ! | トップページ | Victory »