« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

Gackt・・・、伝兵衛?!

え~~っと、大河ドラマ 「風林火山」 です。
すみません、放送を見ていた途中までは、 「Gackt 疾風」 とか 「~神軍」 とか色々と考えてまして・・・、もうそろそろ、兎に角タイトルに 「Gackt」 が付けばそれで好いのか?! なんてコトも思いながら考えていたんですけど。
申し訳ありませんが、
あと5~6回分くらいは、ご容赦を。(^_^;)

さて、ドラマ本編ですが・・・、いよいよ始まりました、 「川中島の合戦」 。その第1回戦。

軍師同士の策の読みあい、裏のかきあい、狙うは互いの敵将の首、ただひとつ!
戦国シミュレーションっぽい長尾軍の宇佐美vs武田軍の勘助がみどころですね。

そんな合戦の最中、武田の老臣、諸角の忠義の不覚。 そして、晴信の下した成敗は、・・・。
父である信虎を追い出し、忠臣、板垣信方を失うまでの晴信とそれからの晴信。 人を惹き付ける大将としての器は、まさに円熟の域に。
でも、長尾景虎からは 「卑怯者」 呼ばわりされてたり、散々なんですけど。(^_^;)
加えて今回は、春日源助が高坂弾正になる遍歴のエピソードも盛り込まれてたり。

そして肝心のGacktですが、相変わらず浮世離れしています。(^_^;)
彼ひとりだけ、出で立ちが別モノ。(-_-)v

冒頭の口上でぐいっと引き込まれましたが、殺陣はどうなんでしょうか?
Gackt 自身、剣道をやっていた、と言う情報があるので、立ち回りとかも期待してしいるのですが・・・。
何しろ長尾軍の大将ですので、見せ場としては、やはり、アノ場面しか・・・。(^_^;)

で、今日のタイトルの 「・・・伝兵衛?!」 ですが。
まぁ、あえてその意味はここでは、詳しくはご紹介しないコトにします。 今週、ご覧になっていない方は、来週土曜日の再放送を是非お楽しみに・・・。
特に、伝兵衛の登場シーンをご覧頂ければ・・・。(笑)

来週は、武田・今川・北条の三国同盟の話です。
・・・、桶狭間、ちょっとだけしか、やらないのかな~~。(゜-゜*)

歴史の歯車の音を響かせて、大河は流れる・・・。


| | コメント (2)

Gackt 延長・・・?!

一昨日のコトですが、大河ドラマ 「風林火山」 の撮影がクランクアップした、とのコト。
俳優陣の写真も公開されていましたが・・・、市川亀治郎、丸坊主です。
役柄上、武田晴信から、出家して 「信玄」 になる際に、亀治郎自身も地毛を剃ってしまった、とのコト。
ちなみに、史実での信玄は、うなじの上辺りにわずかばかり髷を残しており、厳密には出家していなかった、とか・・・。
信玄と共に、勘助も剃髪するんですけど、内野さんは、さすがに 「かつら」 なんでしょうね~。(^_^;)

さてさて、
ストーリーは、 「川中島の合戦」 に入り、いよいよ佳境に向かっていますが・・・。
なんと、この 「風林火山」 では大河ドラマ史上初めての放映中での急遽増話。
1話増えての全50話での放送となるそうです。
クライマックス 「第4次川中島の合戦」 にて、とても良いシーンがたくさん撮影できたので、増話の運びとなった、とのコトですが。 スゴイですね。(^_^;)
果たして、どのようなラストシーンになるのか。
いまから、とても楽しみです。

| | コメント (0)

「来者如帰 ( くるもの かえるが ごとし )」

NHK朝の連続テレビ小説 「どんど晴れ」 もついに最終回を迎えてしまいました。
最後まで見せ場たっぷりのドラマでしたが、最終週で、どのセリフよりも心に残っているのがこの一言。

 ― 「じゃあ、食べようか」 ―

主人公である若女将の夏美がデザインした加賀美屋の新しいデザート (シブースト) の試食シーン。
女将の環でもなく、柾樹でもなく、他の誰でもなく、あの人物がこのセリフ・・・。

たぶん、誰も気に留めない一瞬のシーンだったと思うんですけど、オイラにはスゴク心に引っかかったのですが。(^_^;)

最終回、一番最後に、やっと 「座敷ワラシ」 を見るコトが出来たその人物。
本当の意味で、新生 「加賀美屋」 にチカラをそそぐコトが出来るようになったんだな~、なんて思うと、あの試食でのセリフも納得、みたいな。(笑)

様々な困難を乗り越えてきた半年間。
大団円で岩手富士、一本桜のまなざしも優しく、
「加賀美屋」 は今日も 「どんど晴れ」 。

・・・、ああ、そうだ、
来週からは 「ちりとてちん」 が始まります。
女流落語家を目指す女性のストーリーらしいです。
「落語」 ?! (゜-゜*)
ぴこん、ぴこ~ん!!(笑)
また、
何気にシリーズブログになってたら、どうしよう。(^_^;)

| | コメント (0)

カウントダウン 民営化。

10月1日から、郵政事業の民営化がスタートします。

すでに、報道でもいろいろと言われていますが・・・。
ハッキリ言って、オイラ自身は、プチ困ってます。

町内の郵便局 (簡易ではない) のATM。
つい最近から土・日は完全に閉まってます。
以前は、土曜日は利用できたんですよっ!

コンビニのATMが、あるじゃないか、って?
手数料が高いんです。(T_T) こまかいコトでスミマセンが、手数料はバカになりません。

簡易郵便局も先行き不安ですよね。
存続が危ぶまれています。(T_T)

この郵政民営化制度。
3年後にもう一度見直すコトを前提に進められているとのコト・・・。

民営化前から、諸問題が浮き彫りとなっている制度ですが、3年後には、利用者の声が大きく反映されるコトを願っています・・・。

| | コメント (0)

ツーアウト・ツーストライク

雨の中、1点ビハインドの9回表・・・。

※ この記事は、 「おおきく振りかぶって」 のコミック
   読破済み、またはオンエア視聴済みの方向け
   です。

「バツゲームには、させない!」

・・・、 「おおきく振りかぶって」、
大きく大詰め直前です。
以前も書いたかも知れませんが、このアニメ、昔やってた 「ドカベン」 とは、また違った視点でのリアル野球アニメと言えるのでは。
オイラ自身、あえて原作読んでないので、毎回、毎回がスゴク楽しみ。
本屋さんでは、アニメの映像流しながら、原作コミック平積みで、売ってるんですけど。(^_^;)

とにかく、相手チーム、味方チームの選手たちの表現が豊かで、ストーリー展開のテンポも好いのです。

ヤバイ! ・・・、 「ドカベン」 のアニメ、レンタルしてますかね?
ホンキで、両方の作品を見比べて観たくなりました。(^_^;)

| | コメント (0)

おなかのナカミ探検隊 再び・・・。

久々に、 「自分ネタ」 です。(^_^;)

今日は、クローン病での通院日でした。
採血と問診・・・。そして、主治医からの言葉。

「穀物。さん、11月くらいにまた、カメラ (内視鏡) しましょうかね~~。」
「レミケード、どうしましょうかね~~。」

嗚呼、来ましたか。
薄々は気が付いてたんです。(T_T)

7月の検査入院から、約2ヶ月。
免疫抑制剤の 「イムラン」 を飲み続けています。
多少の胃腸障害や口内炎などが観られたものの、大きな副作用は出ていません。
おなかの調子もまずまずです。

そう。まずまずなんですよね。 「イムラン」 を服用しているとはいえ、決して症状が回復に向かっているワケではなく、進行を抑えているだけのコトなんですよね~~・・・。(^_^;)

なので、今後、定期的に 「内視鏡検査」 は行なう、とのコト。
そして、その先には 「レミケード」 の服用の確率はかなり高いようです・・・。

で、目前の不安は 「内視鏡検査」 。
またまた、 「胃カメラ」 なんですよね~~、これが。

ああ・・・、やだなあ・・・、 「内視鏡」 も 「レミケード」 も不安がイッパイです。(T_T)
何か手立てを考えよう・・・。(^_^;)

| | コメント (2)

「ねじれ角界?!」 それは 正義の鉄槌 だったのか?

大相撲 「時津風部屋」 に入門していた17歳の力士が稽古のあとに死亡する、と言う事件。
亡くなった力士の死因が、一大問題となっています。

土俵に金属バット、親方がビール瓶で殴打・・・。
相撲の世界では、 「かわいがり」 と言う体罰があるとのコトですが、金属バットやビール瓶での殴打が事実であるとすれば、 「行き過ぎ」 以外の何ものでもないのでは?

古来、武道や格闘技などでは、厳しい鍛錬が課せられますが・・・。
「親方」 と呼ばれるべき人が弟子を受ける時、実の親同然に、弟子の健康状態や生活の安全を守るのが 「義務」 であり、 「責任」 だと思うのです。

それが、今回は、入門からわずか3ヶ月で、17歳の若い命が絶たれてしまう結果に・・・。
亡くなった少年は、家に帰りたくて何度か部屋を逃げ出し、その度に親方に連れ戻された、とも。
その一方、 「親方」 は、角界では温厚で弟子思いの人物、と言う評判も・・・。
しかし、今回の一連の事件は、紛れも無い事実です。

親方が、そして兄弟子たちが、その少年に振り下ろした 「チカラ」 は、果たして弟子の成長を願ってのモノだったのか・・・。
「八百長問題」 や 「朝青龍問題」 など、ここ数年、角界も大きく揺らいでいます。

今回の事件も、どうか真実を、本当のコトを世の中の人々に伝えて欲しいです。
そして、二度と尊い命が絶たれるような過ちが繰り返されないコトを願う気持ちをこのブログから伝えたいと思います。

| | コメント (0)

お弁当のような?(T_T)

今回の新内閣についての もうひとつのリサーチは・・・。

「福田内閣の呼び名でピッタリなのは?」 というのも。・・・いろいろ出てますね。 (^_^;)

「貧乏くじ内閣」 とか 「尻ぬぐい内閣」 とか
「背水の陣内閣」 ・・・ なるほど ・・・。(゜-゜*)
「臨時国会乗り切り内閣」 ・・・ってなんだろう?
その場しのぎってコトですか?

「幕の内弁当内閣」 ってのはなぁ・・・ (^_^;)
ある意味、言い当ててるとは思いますが。
ちゃんと、三役とか、幕の内弁当の三種の仁義 (焼き魚・玉子焼き・蒲鉾) も揃ってるし。
誰がどの役かはご想像にお任せします。(^_^;)

オイラ的には、
「背水の陣内閣」
っていうのがイチバン近いのではないかとも思いますが、これらの名前を付けた方、おしゃれすぎです。(笑)

もっとストレートに、 「ニッポンのがけっぷち内閣」 で
どうですか?
冗談抜きで、 「がけっぷち」 ですよね?

| | コメント (0)

誕生! 福田内閣

自民党総裁の就任についで、国会で第91代の内閣総理大臣に指名。
そして今日、福田新内閣が誕生しました。
父親である故 「福田赳夫」 氏と共に、親子二代での内閣総理大臣への就任です。
※ W襲名ではありません。(^_^;)

閑話休題
国会会期中、と言うコトもあり、組閣はかなり流動的に。冬柴国土交通大臣や、舛添厚生労働大臣をはじめ、13名が再任。
民間リサーチでは、発足直後の支持率は57.5パーセント。歴代4位らしいです・・・。

安定政権を望む世論の期待感からでしょうか・・・。
でも、小泉内閣の発足時は80パーセント。
続く安倍さんの時も70パーセントを超えてたんですよね・・・。(^_^;)

テレビでの記者会見のちょっとユーモアも交えた几帳面な様子、または誠実なイメージ、と言う福田さんですが、オイラ自身は、福田さんへのイメージは、なぜか 「黒」 。 「黒」 なんです。

この人は、なんとな~く結構、深そうです。
配達の時にカーラジオの番組でも話題になっていましたが、かなりにしたたかな人らしい?ですね。

あの田中真紀子さんも福田新総理に向けては、猛々しく吼えていた、とか?
vs小沢一郎、というコトで、 「角福戦争」 の再来か?! とも言われていますね・・・。
折りしも、NHKの番組で放送されていましたが、
真紀子さんの父親であり、小沢氏の師でもあった故 「田中角栄」 氏は、日中正常化を成し遂げました。
ライバルであった福田赳夫氏の子、福田康夫氏は、
いま、アメリカに対してどのような対応を採るのか?

そして、その
福田新総理が、挙げているのが
「まず国内の政治不信の払拭」 なワケですが、
小沢氏はじめ野党が画策する 「衆議院解散総選挙」 にどう対応するのか?

安倍前総理の置き土産とも言える 「政局の転換」 。
福田流の新政権にちょっと注目、な状態です・・・。

| | コメント (0)

この料理 この一品。 [第9話]

P1000739


今月は、 「お味噌汁」 です。
みなさんは、毎日朝ごはんを食べていますか?
「食わないと元気が出ない」 という人も
「朝抜き」 という人もいるかと思いますが・・・。
オイラの場合は、基本的に 「朝抜き」 です。
と言うか、エレンタールの 「夜間経腸」 で、夜中に栄養が入ってるので、朝起きた時も特にお腹が空いてるワケでもなく・・・。と言った感じですが。(^_^;)

そんなオイラも、たまには朝ごはんを食べたりします。
いや、ごはんは滅多に食べてないですね。食べるのは主に 「お味噌汁」 だけ。(^_^;)

と言っても、特別なモノではなく。
味噌はオーソドックスな市販の併せ味噌で具はほとんど無し。 お豆腐かジャガイモ、ニンジンくらいですね。
あまりに具が少ないので 「味噌スープ」 って感じです。

以前、テレビ番組で、岐阜の 「郡上味噌」 を紹介していましたが、なかなか美味しそうでした。
いつか日本全国のお味噌汁を食べ歩き、やってみたいですね~~。
もちろん、 「具なし」 で。(笑)

最近は、友人から頂いた根昆布入り、かたくちいわしの煮ぼし粉を出汁に使っています。
美味しいですよ。
味噌汁だけでなく、麺つゆにもイケます。 (-_-)v
この煮ぼし粉、ウチで飼ってるスズムシも大好物です。
ようやく秋らしくなって来た朝夕に、好い声で鳴き始めました。(^^)

| | コメント (2)

キーパーソンは 「キシモト」さん

朝の連続テレビ小説 「どんど晴れ」 の夜の再放送。(^_^;)

老舗旅館 「加賀美屋」 のピンチに、懐かしい人々が次々と還ってきます。
ドラマ終盤と言うコトで、これまで登場した重要な人物たちが再登場するって言うのは、定石でしょうか。(^_^;)

で、すでに番組情報雑誌などで、ラストの結末なんかをご存知な方々が多いかとも思いますが、今回はそのラストに向けて、 「加賀美屋」 を救う?かも知れない人物たち・・・、偶然 (笑) にも同じ苗字の人たちについてちょこっと書いてみたいと思います。

まずは先週、加賀美屋に宿泊中に体調を崩してしまい若女将の夏美から手厚い看病を受けた 「岸本」 さん。
それから、土曜日のラストで、次週 (今週) の予告シーンでちょっとだけ登場した社外取締役の 「岸本会長」 。

そして、今日24日の放送で、柾樹から、外資系のホテルグループのコトを聞いていた、南部鉄器職人の弟子の彼も
「岸本 聡」 なんですよね~~。
彼は、
「みんなとはちがうカタチで加賀美屋のチカラになれるかも知れない」

と単身、東京へ・・・・・。

と、ここまで振れば、
ドラマの展開上、3人の 「キシモト」 さんは、何らかのつながりがあるのでは?
と思うのが普通ですよね。(^_^;)

このドラマを時々しか見ていないオイラでも、この人たちは、きっとご家族・・・。(゜-゜*)
なんて想像もしてみるんですが、さてさて、この3人の 「キシモト」 さんたちは、どんな活躍を?

案外、もうひとつの 「家族の絆」 が見えたり、とか?! 読み過ぎですか。(^_^;)

| | コメント (0)

プレリュード 川中島 Gackt 臨戦!

関東管領 上杉憲政は、すでに抜け殻に近く、長尾景虎の意のままに。
そして、村上義清は攻められるべくして攻められた・・・。
何となく、最近の日本の政治情勢と重ね合わせてみたくもなる展開ですが・・・。

3週間ぶりのご無沙汰でした。
大河ドラマ 「風林火山」 です。<(_ _)>

Gackt 演じる長尾景虎が朝廷より賜った 「従五位の下」 という位は、江戸時代では、公卿の最高位である 「正一位」 から下級官人の末位 「少初位の下 (しょうそいのげ) 」 のうち、貴族の末位とされていて、一般的な大名と言う位置づけでもあります。

すでに、調略の信玄vs老獪な謙信の尖兵となってしまっている村上義清・・・、なんだか見てると気の毒にも思えてきます。

そして今週は、もうひとつのタイトルも・・・。
「戦国武将 男闘呼組!」
武田軍の武将、馬場信春を演じる高橋和也は、その昔、 「男闘呼組」 と言うアイドルグループの一人でした。このグループ、ヒット曲は出したもののあまりにも演奏テクを追求しすぎたため、アイドルの一線を画してしまった、とか・・・、あるいは、根本的にデンジャラスなグループだったとか・・・。(^_^;)
「男闘呼組」 ファンのみなさん、ごめんなさい。<(_ _)>
でもデビュー曲はオイラも好きだったんですよ。
「乾いた~、フフ フン フン フン フン フン フン フン フン♪ フン フフン♪」
・・・、いや・・・、ほぼ鼻歌じゃん。(T_T)

水川あさみ、自害しなくてよかったです。
佐藤隆太演じる平蔵と共に終盤のキーパーソンのひとりとなる予感がひしひしと。
甲斐の猛将、鬼美濃 「原虎胤」 の娘、 「リツ」 は根回し万全、ある意味、勘助以上の名軍師かも・・・。
伝兵衛、今週はただの酔っ払いでした。(笑)

さてさて、
来週からは、いよいよ歴史に名高い 「川中島の戦い」 シリーズに突入です。
ちょうど第4コーナーに入ったくらいかな?
Gackt 景虎 (謙信) は強いですよ~~。毘沙門天ならぬ鬼神かも。乞うご期待?!

歴史の歯車の音を響かせて、大河は流れる・・・。

| | コメント (0)

どんどん、どんどん?

W襲名の続きのハナシです。(^_^;)

昨夜、二代目 林家木久蔵 ・ 久木扇親子の襲名披露興行の様子がニュースで流れていました。
挨拶の場面で、感極まり思わず落涙する二代目・・・。
「若旦那」 なイメージですが、やはり見えないトコロで苦労はされていたのかも。

演題は、木久扇さんは、やっぱり 「新・彦六伝」 ・・・。
この人、この演目と 「昭和芸能史」 しか持ちネタがないのでしょうか?(^_^;)
しかも、両方とも微妙に内容が、カブってるし。(笑)
おなじみの
「バカ野朗、早く喰わねえからだ」
の場面。 
この落語? やっぱりここがヤマだったんですね。(笑)

そして、二代目は、 「幇間腹 (たいこばら) 」 ではなく、 「片棒」 ? でもなく 「火焔太鼓」 を演ってました。
この 「火焔太鼓」 ・・・、通常のサゲとは別に、おめでたいバージョンの 「幻のサゲ」 があるんですよね・・・。
襲名興行、と言う事でもしかして、そちらのサゲを??

10分足らずのニュース映像のトリは、親子揃っての
「いやんばか~んダンス」 ・・・ (T_T)
まあ、好いんですけどね。 木久扇さんは、 「これ」 で身を立ててきたんですから。(笑)

| | コメント (0)

記載漏れどころではなく・・・。(T◇T)

年金保険料の横領事件が、また報道されています・・・。
今回、発覚したのは、市町村職員47件の横領で、その額およそ2900万円・・・。

現在、約5000件に対する年金記録記載漏れへの対応が進められているワケですが、こうも次々と不祥事が発覚してしまっては、その対応にも果たして信頼がおけるものなのか??
と、不安になってしまうのです・・・。

「年金」

って、解りやすく言えば、日本国民全員の積立金みたいなモノですよね?
その積立金を勝手に横領されたり、所在がわからなくなってたり・・・。
これでは、この国に暮らす人々の将来の保障を奪われたに等しいのでは?

「情けは人のためならず」

と言う解釈が当てはまっているのかどうかは、解りませんが、このように、一部の人たちの利権のために、将来の人生の保障とも言える年金制度が崩壊してしまうのは、納得がいきません・・・。(T_T)

| | コメント (0)

ご近所の・・・もとい 加賀美屋の底力に あの韓流も・・・?!

NHK朝の連続テレビ小説 「どんど晴れ」 ・・・のお昼の再放送です。(^_^;)

仲居さんたちが辞めて行き・・・、板場の料理人たちも去っていく・・・。
そんな窮地に立たされた老舗旅館、 「加賀美屋」 ですが、女将をはじめ家族、従業員一丸となって立ち向かいます。

「我が家に還ってきたように・・・。」

その思いをひたすらに込めて、体調を崩したお客さんにも心を尽くして接する女将の夏美。
しかし、その夏美の父親も病に倒れ・・・・・・・。

「どんど晴れ」 に次々と襲い掛かる暗雲、嵐・・・。
そんな事態に、ついにあの韓流スターが動く?!
さらに夏美の 「おもてなし」 の心が思わぬ展開に・・・?!

座敷ワラシの思いは、人々に届くのか・・・?!
いよいよ 「加賀美屋」 クライマックス!

で、今日の13時からのトーク番組、 「スタジオパーク」 に主演の比嘉愛未さんが出演される、らしいんですが・・・。
残念ながらオイラは午後の配達時間中です・・・。(T_T)/~~~

| | コメント (0)

「親子でリリース」 旅の収穫その3

旅の収穫シリーズ、第3弾。(^_^;)
今回の話題は、 「親子で襲名」 です・・・。
そして、カテゴリーに「趣味 落語」としているにも関わらず、本当に久々の落語の話題です。(^_^;)

以前、このブログでも記事にさせてもらった、落語家の林家木久蔵&きくおの親子がこのほど、東京帝国ホテルでW襲名披露を行なったそうです。

落語界初?!の親子でのW襲名ですが・・・、
初代 林家木久蔵さんが、 「林家木久扇」 に。そして、息子きくおが 「二代目 林家木久蔵」 に・・・。

で、襲名記念として、親子で収録した落語のCDもリリース。(^_^;) オイラも遠征先でそれを発見。すかさず購入してしまいました。

・・・、え~っと・・・。内容の感想ですよね?(^_^;)
演題は、きくお改め 「二代目 木久蔵」 が
「幇間腹 (たいこばら) 」 で、初代木久蔵改め 「木久扇」 が 「新・彦六伝」 。

二代目 木久蔵も木久扇も 「笑点」 ではおなじみの落語家さんですが、改めて 「落語」 を聴いたのは、実はこのCDが初めてなんです。
林家きくお・・・二代目 木久蔵・・・、う~~ん、正直、どうなんでしょうか??(@_@;)
5人抜きで真打に昇進した経緯もあるワケですが・・・。

このCDを聴いた限りでは、客席全体がどっと沸いてたワケでもなく・・・、むしろ自らがネタで使ってた 「スラッシュ、スラッシュ、どっと汗」 な感じがしないでもなかったんですけど・・・。(T_T)
いや、きくお→二代目 木久蔵ファンの方にはホントに申し訳ないのですが。(^_^;)

マクラの中では、
「 『片棒』 を楽しみにしていたみなさん、すみません」
とも言ってましたので、もしかして 「片棒」 が十八番?
では、どうしてそれを演らなかったのでしょう??
収録時間とかの諸事情があったんでしょうかね~~?
二代目 木久蔵の 「片棒」 も是非、聴いてみたいです。

で、話芸の方は、父親で師匠でもある木久扇に一日の長を感じました。
まず、開口一番 「私がスーパースターの・・・」 と言えるのは、木久蔵・・・いや木久扇さんか、 「にしきのあきら」 ぐらいではないでしょうか。(笑)

「新・彦六伝」 は、木久扇の師匠だった8代目林家正蔵→彦六をはじめ、昭和のはじめの銀幕スターを題材とした物まねネタが中心の話しですが・・・。
渥美清さんの物まねは、かなり似てると思いましたよ。
客席もかなりに沸いていて、落語家人生半世紀のパワーは感じましたね・・・。
ただ・・・、あれが落語なのか、はたまた漫談なのか?と言われれば、なんとも言えず・・・。(^_^;)

兎にも角にも、二代目 木久蔵&木久扇の親子、
今月21日から来年春まで、全国70ヶ所で、襲名興行を行なうそうです。 いつかライブ寄席に行ってみたいな・・・。(゜-゜*)遠い目・・・。

| | コメント (2)

朴璐美さん

「ろみねえ ろみねえ ぐぐいっと ろみ姉さん」
・・・のっけから  すみません。(^_^;)
昨日の深夜にBSにて 「アニメギガ」 と言う番組を放送していたのですが、そのゲストで出演されていたのが、声優であり女優でもある 「朴璐美」 さん。

お名前は 「ぱく ろみ」 と発音します。
「璐」 (王へんに路) の文字が変換できない場合もあるので 「朴ロ美」 と表示するコトもあるそうで・・・。ちなみにニックネームは 「ろみ姉さん」 だそうです。(^_^;)
そんな彼女とオイラの出会いは、
TVアニメ 「∀ (ターンエー) ガンダム」 でした。
主人公、ロラン・セアックのよく澄んだピンと張りのある声が印象的でした。

その他の代表作として 「鋼の錬金術師」 (ハガレン) の 「エドワード・エリック」 、 「NANA」 の 「大崎ナナ」 ・・・、
なのですが、すみません、オイラ2つともリアルタイムでは観てません。<(_ _)>
その当時、ストライクゾーンじゃなかったのかな~?
それから、番組では紹介されませんでしたが、
「SAMRAI 7」の「カツシロウ」 役も。
オイラ、このキャラ結構好きなんですよね~~。

番組内では、生オフレコのコーナーもあり、いくつかの作品を続けて流して声を充てて行くんですけど、作品が変わる瞬間にそのキャラに入り込む集中力ってのは、やはりスゴイですね。

トークのコーナーでは、女性として、少年の役を演じる難しさ、などもお話しされてたり、役に入り込むと普段のしぐさもオトコっぽくなったり普通に 「オレさ~」 なんて言ってしまう・・・、と言うエピソードも。
声優さんって、地声の方は別ですが、(^_^;) 基本的にすべて自分の声ではない状態で演技をするんですよね。
「ため息」 から 「泣き声」 「笑い声」 「叫び声」 まで・・・。
アニメや海外の映画の吹き替えなど、普段何気なく見てるんですけど、改めて声優さんの存在感を感じてしまいましたね~。

で、個人的なコトなんですけど、「朴璐美」 さんって、オイラの知り合いの女性に雰囲気とかがかなり似てるんですよ。 今は、まったく連絡を取り合っていないんですけど、朴さん見ながら、 「あぁ・・・、あの人は今いずこ」 なんて思ってしまいました。 (^_^;)

| | コメント (0)

「新型車両」 旅の収穫その2

え~~っと、こちらは少し前の9月初旬の 「遠征」 でのコトなんですけど。
関東までいくために、朝9時台の新幹線に乗車。
で、乗ってみてから、 「N700系」 であるコトに気が付きました。(^_^;)

おぉっ! 
いつかは、乗ってみたいと思っていた 新型車両。
内装の雰囲気もおしゃれに、そして窓側席の足元には、ノートパソコンなどのための電源が。
好いですね。好いですね♪

走行時の車体の揺れなどは、それ程変わったように思いませんでしたが、静寂性は向上してたかも。
背もたれに付いているテーブルのロックが使い慣れた従来のモノから若干変更されてて・・・、最初少し戸惑いました。(^_^;)

結構、早く乗るチャンスが来て好かったです。最低でも年に2回は決まって新幹線に乗る機会がありますので、これからもN700系に乗れるかも。
そういえば、トイレには一度も立たなかったので、今度乗るときは、トイレと洗面コーナーも、「要チェックや!」
(by SLAM DUNK 彦一) (笑)

で、新幹線エピソードを もひとつ。

以前、どうしても昔懐かしい 「0系」 または 「100系」 に乗りたくて、 「こだま」 狙いで1駅・・・1区間?だけ乗車したコトがありました。

おぉ~、初代新幹線、あの丸いお鼻の 「0系」 に乗れるのか?!、と胸躍らせながら待っていたのですが・・・、ホームに滑り込んできた 「こだま号」 は、残念ながら 「300系」 ・・・。(^_^;)
1駅乗車・・・、
判り易く例えれば、 「東京」 ⇔ 「品川」 間、ですね。
このエピソード、友人には 「なぜにそこまで?」 と言う顔をされちゃいましたが。(^_^;)

ウワサでは、 「0系」 ・ 「100系」 は、すでに運行されていないとか? いや、山陽新幹線にだけ運行されているとか・・・。
もしも、願いがかなうなら、(^_^;) もう一度、初代 「0系」 に乗ってみたいモノです・・・。(゜-゜*)

| | コメント (0)

「座談会」 旅の収穫その1

先週に引き続き、
昨日・今日の土日で、またもや 「遠征」 してきました。
今回は、会議ではなく 「交流会」 。
心臓病の患者本人のイベントで、参加メンバーは主に近畿地方在住の人たちなんですけど、関東や九州、沖縄からの参加者もありまして、懐かしい顔、はじめましての方々が、ずらりと集合。
今回も色々な方と交流するコトができました。

「交流会」 としての集まりですが、
日程の中には一応 「分科会」 と言うカタチでの学習?タイムもありまして・・・。 僭越ながら、オイラもそのひとつを担当させてもらいました。
「福祉医療」 「コミュニケーション」 「アンダー25」 (仮)
・・・etc、居並ぶタイトルうちで、オイラが担当したのは。

「生きる」

某名作邦画のタイトルみたいですね・・・。(^_^;)
でも、ここでのタイトルの意味は、 「心臓病患者として、生きるコト」
1時間半の時間枠で、ディスカッション形式で進行。

メンバーは、11人、他の分科会と比べれば、かなりに
こじんまりとしたグループになり、しかも、あまりにも枠が広すぎるテーマなので、上手くまとまるだろうか・・・、と不安ながらの開始でしたが。

「案ずるより生むが易し」 、で、心臓病を持ちながらの就労経験や恋愛、結婚、出産、などの話題で、かなり深く掘り下げた話し合いをするコトが出来ました。
早めに終わるかも知れない、と言うオイラの予想を見事に覆し、終わってみれば時間超過で、話しは尽きない、と言う展開。
少人数、と言うのも功を奏したのか、発言した方々の思いをじっくりと聞かせてもらいました。

この話し合いからは、 「結論」 は出ないのですが、参加メンバーそれぞれの体験談や人生観、などが、お互いの心に残り、自身の人生? 日常生活にも活かすコトが出来るチャンスがあるとすれば、今回の座談会は 「成功」 だと思います・・・。

実は、10月上旬に地元で行なわれる患者会のイベントにも、同じような趣旨の分科会を担当させてもらう予定。
オイラ自身も今回の経験を活かせれるように頑張ってみたいと思ってます。

「交流会」 で知り合えたみなさん、
そして 「分科会 生きる」 で話し合ったみなさん、
本当にありがとう! & 必ずまたお会いしましょう。

| | コメント (4)

やっぱりなのか・・・?! 総裁選・・・。

すみません、
今回のブログ、若干、ガ○ダム入ってます。m(__)m

当初は、候補者が乱立か? とも思われた 「自民党
総裁選挙」 ですが。
どうやら、福田康夫さんと麻生太郎さんの一騎打ちに
なるみたいですね・・・。

麻生さんの名前は、最初から浮かんでいたのですが、このタイミングで福田さんが復活・・・。(゜-゜*)
小泉内閣の時の官房長官で、 「年金未払い」 の発覚にて辞任、と共に表舞台から姿を消していましたが・・・。
どうやら、総裁選の支持率も福田さん寄りのようです。すでに過半数を超えているとか・・・。
官房長官時代の実績で、求心力は3倍か・・・、
いや、何気に5倍以上のエネルギーゲインが・・・。

でも、オイラは聞いてしまったんですよね・・・、ニュース番組での福田さんのあのコメント。

「場合によっては、 『貧乏くじ』 かも知れない。」

「貧乏くじ」 ・・・。こんな状況で、総裁選に出馬するのは、まさにそうかも知れません。
ましてや、総理総裁が選出されれば、野党・民主党が、待ってましたとばかりに 「衆議院解散総選挙」 を押して来るのは必至。
もしも、それが通れば、次期内閣は 「解散総選挙」 を行なうための存在となるワケで・・・。(T_T)

その昔、父親である 「福田赳夫」 さんも総理大臣をされていましたので、もしも福田さんが選出されれば、歴代初の親子での総理大臣経験者となります。
まんざら、 「見掛け倒し」 な人物ではないように思うの
ですが、こんなタイミングでなければ・・・。
何となく、勿体無いな~~、
って思うのはオイラだけでしょうか・・・?

そして、くどいようですが、
「やっぱりなのか?!」 パート2
・・・、中日ドラゴンズ、大逆転?! 
あるいは、来期もさらなる大躍進で頂点に・・・?!
(※ 個人的にはファンでは、ないんですが・・・) (^_^;)

| | コメント (0)

安倍総理の疾患・・・。 後編

さて、お待たせしました。 「後編」です。

「前編」では、安倍総理の持病は、 「潰瘍性大腸炎」 と言う仮定でお話しをさせてもらいましたが・・・。
報道されている症状からは、 「機能性胃腸障害」 と言う所見で間違いないのかも知れません。
ただ、もひとつ一説によると、安倍総理は 「下痢便」 であるとも聞いています。

人間ドックの内視鏡検査では、胃カメラ検査だけ紹介されていたように思いますが、 (間違っていたらすみません)
出来れば、小腸造影検査と大腸の内視鏡検査もオススメしたいトコロです。
それで、腸管内壁に特に症状が無い場合でも、 「下痢便」 が本当であれば 「過敏性腸症候群」 の可能性も高いように思います・・・。

さて、そんな感じに後半序盤で、消化管疾患をいくつか挙げましたが、それらの疾患を患いながら就労している人々の実生活は、とても厳しいモノだと思います。
食事制限や栄養剤での症状の安定を保っているとはいえ、そのバランスはホントにスゴク微妙なモノなんです。

ハローワークでは、 「障害者雇用」 と言う枠は設けてありますが、実際に就労に就いてからは、その勤務状態は、健康な人たちと同様の扱い、と言う人たちがほとんどです。
超過勤務によって、病状が進行し、志半ばで仕事を辞めていく人も少なくはありません。

そのように、継続した就労や日常生活に負担が大きい人たちには、 「障害基礎年金」 や 「厚生年金」 と言う国からの補助もありますが・・・、出来れば、自分で働いた収入で自活して生きたい、と思っている人も大勢いるのです。
障害を持ちながら、自活していくためにも、社会福祉に対して当事者の声を発し続けているのが現実です。
そして、国や行政には、そうした 「声」 をキチンと受け止めて、一緒に政策を考えて行って欲しいのです。

ですが・・・、一国の総理が、
同じように倒れていてどうするんですか?! 
確かに総理大臣も一人の人間です。国政を担う激務に体調を崩すコトがあっても、やむを得ない、と思います。
そうであるにしても、あの幕引きは・・・。(T_T)

総理大臣じゃなくても好い・・・、オイラの身近な生活環境の色々な問題を一緒に考えてくれる、そんな存在であって欲しかった・・・。
これが、志半ばで職を辞し、そして現在、体調不良にあえぐ、安倍総理大臣へのオイラの本音です。

あくまでも、障害を持つ人間の視点で、就労環境も偏った見方しか出来ていないのかも知れませんが、でも、そんな風に社会に起こっている問題に対してリーダーシップを取って進めていくのが、政府であり総理大臣としての存在だと思っていました・・・。
でも、今回起きた総理辞職も紛れも無い事実で。そんな現実を、オイラ自身はとても残念に思えてならないのです・・・。 
この思い、上手く伝えられなくて すみません。<(_ _)>

| | コメント (0)

後編 に行く前に 嗚呼、伸一坊ちゃん・・・。(T_T)

by あき竹城・・・。 (ネタばれ 御免 m(__)m)

はい、 「安倍総理の疾患・・・ 後編」 をお楽しみにされていたみなさん、すみません。(^_^;)

たまたま? 昼休みに放送してた朝の連続テレビ小説 「どんど晴れ」 ・・・の再放送。(^_^;)

老舗旅館 「加賀美屋」 に仕掛けられた黒いワナが、ついに明るみに出てしまいましたね・・・。
石原良純演じる秋山さん。 その正体は、外資系リゾートホテルが派遣した買収エージェント。
そうとも知らず、秋山さんをまるっきり信じきってしまっていた伸一 (東幹久) は、融資の担保として、亡き大女将から託された、加賀美屋の株券を渡してしまっていた・・・・・・。

これまでも、さんざっぱら叩かれて来てた 「伸一」 ですが、ここに来て最後の大仕掛けでしたね。

「世界に通じる旅館に」。 「老舗旅館に新しい光を・・・」
伸一も、それなりに、と言うか、彼らしい考え方で、180年続いてきた老舗旅館の将来を考えていたのだと思います。そして、それは、必ずしもドラマの中の出来事ではなく、実際に起きている出来事かも知れないんですよね・・・。大げさなようですが、 「どんど晴れ」 を通じて、今のニッポンの情勢の一端を垣間見たような気が。

セイン・カミュが、外資系の一味で登場してたのに、ちょっと注目。ワルっぽく作ってましたね~~(^_^;)
vs ダニエル・カール、やってくれないかな~。(笑)

で、まんまと 「加賀美屋」 を陥れた秋山さん、ですが・・・。なんとな~く、根っからのワルじゃないような気がするのはオイラだけ? 
最後の最後にもう一度、秋山さん絡みで大どんでん返しがあるかも・・・ってのは、オイラの気のせいですか??(T_T)

さてさて、兎も角にも
日本政府と同様に?(^_^;) ドラマの 「加賀美屋」 も
大ピンチ。
この 「政局を打開する」 方法は、はたして・・・・?!

最終回まで、約あと2週間? 加賀美屋の救世主、
「座敷ワラシ」 は、この局面にどう立ち向かうのか?!

| | コメント (0)

安倍総理の疾患・・・。 前編

今回の記事は、前・後編の2本立てです・・・。

昨日の辞任から一夜明けた今日、安倍総理大臣は、
入院しました。
ニュース番組での医師のコメントでは、 「機能性腸障害」 とされていましたが・・・。
色々と調べてみると、
安倍総理の持病は実は 「潰瘍性大腸炎」 である・・・、と言う情報が・・・。

「潰瘍性大腸炎」 。
このブログの「 カラダのナカミ」 のカテゴリーにて、ほんのちょっぴり紹介させてもらってますが。
オイラの持っている 「炎症性腸疾患 クローン病」 と極めて近い症状の疾患です。
国が特定疾患に定めている難病で、症状がキツイ時は 「腹痛」 「下痢」 「下血」 が半端じゃなく襲ってきます。
その病状を安定させるために、食事制限や服薬、・・・専門的な部分になりますが 「白血球除療法」 と言う内科的な治療を受けている方もいます。

もしも、安倍総理が 「潰瘍性大腸炎」 だったとしたら・・・、体力的に、今までよく職務を続けるコトが出来たな~、と思っています。 栄養のバランスとかをキチンと採りながら、事務的な作業は、出来るかも知れませんが、ストレスと過労、は疾患の症状にかなり影響を与えていたのではないかと思うのです。

特に・・・、腸疾患の場合は、トイレ通いは必至かと・・・。(T_T)

まあ、過去にも、第2次世界大戦中の第34代アメリカ大統領、アイゼンハワーも 「炎症性腸疾患」 だったと聞いていますので。 そうした前例はあるワケですが・・・。

同類疾患の当事者であるオイラの思いは、もっともっと複雑なのです・・・。

後編に続きます・・・。


| | コメント (2)

その去り際は 美しいのか?!

・・・安倍総理大臣・・・、辞めちゃいましたね・・・。

昨日の昼2時からの記者会見、途中までしか見てないんですけど、辞めた理由が、 「民主党の小沢代表から党首会談を断られたから」 ・・・。
ホントに??、って感じですね~~。

まあ、理由は他にもありそうなんですが・・・、健康上の理由とか、脱税疑惑だとか何だとか・・・。(T_T)
兎に角、振り返ってみれば、波乱万丈の安倍内閣だったワケで・・・、大臣の不適切発言に始まって、年金記入漏れへの対応や、政治とカネのハプニング続出。
そして、参議院選挙での与党の惨敗で、結局、支持率もいまひとつ伸び悩んだ状態だったり・・・。

いわゆる 「ねじれ国会」 と呼ばれる今回の臨時国会なワケですが、与党が進める 「テロ特措法」 とか 「海上自衛隊」 の給油作業延長法案を成立させる自信が薄れてたんでしょうかね~~。
やっぱり、小泉総理の 「郵政選挙」 のようには行かなかった、ってコトですね・・・。

思うに、安倍総理には  「テロ防止への貢献」 とか 「国際貢献」 よりも何よりもまず、 「国民への貢献」 を行なって欲しかったです。まずは、国内の安定ですよ!
安倍総理にとっての 「美しい国」 とは、どのようなモノを指していたのでしょうか・・・。

ともあれ、週末の14日から、自民党は総裁選挙に動きはじめるようです。
次は・・・、麻生さん? 与謝野さん・・・、それとも、石原伸晃さん・・・とか?!

今後の、状態次第では、最悪 「衆議院選挙」 も考えられるワケですが・・・、これ以上に自民党があまりにも、ダメダメになってしまうと、今度は公明党の動向もスゴク気になってきます。

そして・・・、もひとつ気になるトコロは、こうした政治の急転を受けての今年、あるいは来年にも・・・、中日ドラゴンズがジンクスどおり、優勝するのか?! どうかだったり・・・。(^_^;)

| | コメント (0)

まだまだ熱い・・・・・・。

すみません、少し日にちが空いてしまいましたが、
9日 (日) の夜に遠征先から無事に帰宅しています。

1泊2日の強行軍でしたが、会議そのものは、順調に進みました。と言うか・・・、これまでにない恙無ささ。 (^_^;)
オイラの心臓も、恙無く、お腹もなんとか無事でした。

で、むしろ帰ってからの方があわただしい状態で。 (^_^;)
10月には、また地元患者会の大きな行事も控えており、その準備とか、今週末には、また近畿地方に遠征です。 今週は、なるべくカラダを休めたいですね~~。

とは言うものの、あわただしいのは、オイラ自身だけでもないようで・・・。
日本政府にも衝撃が走ってますね・・・。(^_^;)

「安倍総理 辞任」 。 (T_T)/~~~
どうなる、ニッポン!?


| | コメント (0)

久々に 遠征・・・。

ブログパーツの 「お天気情報」 ・・・、
再び復活表示されるみたいです。(^_^;)
オイラのPCが原因か・・・、一時的に表示されない状態だったようです。 なにぶん、不慣れなモノで、あたふたしてしまい、どうもすみませんでした。m(__)m

さてさて、明日・・・と言うかすでに 「今日」 なんですけど、久々に遠征してきます。
実は、8月にも大阪まで日帰りプチ遠征してたんですけど、1泊コースでの遠征は、4月&7月ぶり。(^_^;)
なかなか、遠征日記を記事に書けなくてすみません。

今回の目的は、
「心臓疾患患者会の運営会議」 への出席 。
・・・と言っても、オイラ自身は他の方々の発言を座って聞いてるだけの状態です。(^_^;)
1泊2日、実質トータル丸1日間くらい、 「心臓病患者」 の生活向上や、社会参加について、情報交換も含めながら喧々囂々、話し合いが行なわれます。

荷造りもほぼ完了。(-_-)v 
あ・・・、非常食、入れておかなきゃ・・・。 北海道から参加する方・・・、飛行機、大丈夫かな~~。(゜_゜)

それでは、しばし、行って来ます。 9日 (日) の夜には帰ってきます。m(__)m

| | コメント (0)

Happy birthday dear ドラえもん

今日は、みんなが知ってる 「ドラえもん」 の誕生日だったらしいですね・・・。
「未来の世界のネコ型ロボット」 「ドラえもん」 ・・・。

オイラも読んでた、 「小学1年生」 ・・・にも確か、連載されてたはずですから、愛嬌のあるキャラですが、実年齢はもう相当好いおじさんになってるハズです。(笑)

余談ですが、妹の 「ドラミちゃん」 の方が賢くて性能が良い理由・・・、初期の設定では使われているオイルが、沈殿していた、と言う・・・。
先に製造された 「ドラえもん」 は、上の薄い部分が使われて、 「ドラミちゃん」 には、成分濃厚な沈殿部分が使われてたんですね・・・、今でもその設定なんでしょうか??

余談ついでに、もひとつ。
あの有名な 「四次元ポケット」 の原理を、ものすご~~っく簡単に考えてみたのですが、どうやら、もしも 「四次元ポケット」 が実際に作れるとしたら、先に 「どこでもドア」 が完成しそうです。

共通の原理として。

① 空間を一度、別の次元 (四次元) に接続させて
   「入り口」 を作り、もう一度、通常空間に接続
  させて 「出口」 にする。

② 四次元ポケットの場合は、 「入り口」 がポケット
  のくちで、 「出口」 が秘密道具の保管場所。

③ それが、 「どこでもドア」 の場合は、
  そのまんま 「ひが・・・」 ではなくて、(^_^;) 
  「入り口」 → 「出口 (目的地) 」 に。

④ 技術的には、 「四次元ポケット」 みたいな
  コンパクトなモノより 「どこでもドア」 のように
  大掛かりなモノから進められるハズなので、
  結論として 「四次元ポケット」 の開発過程で
   「どこでもドア」 が生まれた!

と言う大胆不敵な仮説を作ってみました。(^_^;)

とかなんとか言いながらも、多少入れ込んで書いてみましたが、オイラ自身は、大山のぶ代さんが引退されてから、「ドラえもん」を観なくなったんですよね・・・。
。(゜-゜*)遠い目…

| | コメント (0)

う~~む・・・。(ーー;)

昨夜、お天気を調べてみようと、自分のブログにアクセスしたんですが・・・。
「お天気情報」 が表示されてな~~いっ!(T_T)

「表示項目」 には、ちゃんとチェックが入っているので、設定はされているのですが・・・。(T_T)
う~~む、せっかくリアルタイムでのお天気の情報を・・・、と思って設置したんですが・・・。
何度か、設定し直しても、表示されないので、ためしに 「ウクレレパーツ」 をチョイス。
これは、キチンと表示されてる・・・。

「お天気情報」 、表示されていないのは、オイラのPCだけなんでしょうか・・・。(ーー;)
アクセスして下さっている方々には、ちゃんと見えてますか??

・・・、こういうトコロで、PCに弱いオイラ・・・。
どうしても表示されないようであれば、提供元のサイトに連絡してみるコトにします・・・。

もしかしたら、アクセスして下さっているみなさんも 「お天気情報パーツ」 が見えていない、のかも知れません。
ホントに、すみません・・・。<( _ _ )>

| | コメント (0)

台風接近・・・。

「台風9号」 が接近しています・・・。
この台風も非常に強い勢力を持っているとのコト・・・。
6日の夜には関東、あるいは東海地方に上陸する可能性が強いようです。

ご案内が遅れましたが、当ブログにも、 「天気情報」 のブログパーツを設置しています。
「都道府県」 と 「エリア」 が任意に選べるタイプのモノですので、アクセス頂いているみなさんのご当地のお天気情報をお知らせできます。

関東、東海地方、及び今後、台風の進路方向に当たる地域のみなさん、くれぐれも気をつけて下さいね・・・。

| | コメント (0)

日本政府が エマージェンシー。(T_T)

安倍内閣、改造から1週間。
農水大臣&外務政務官が、早速辞任。(T_T)
最近は、政治がらみの話題にテンションが低くなってるオイラです。

政治とカネで、しきりに 「身体検査」 が言われてましたが、やっぱり、と言うのは失礼かも知れませんが、出てくるんですよね~~。
このまま、ねじれ国会に突入するのか・・・。(-_-;)

こりゃ、ホントに 「衆議院選挙」 もあるかも・・・。

そして、すっかり 「あの人は、いま?!」 的な存在になってる 「年金記入漏れ」 への対応状況・・・。
「社会保険庁」 と 「市町村」 あわせての 「3億円あまりを着服!!」 と言う記事が先行する陰で、ひっそりと180件分を訂正、と記されていました・・・。

みんな気になってると思いますので、どうせなら、
「記入漏れゼロへのカウントダウン!」
とか、もっと大々的に年金対応状況を発信して欲しいです。以前やってたみたく、
「1秒に○○万円、増える日本の負債額」 よろく・・・、
いや、それじゃ、やっぱりあっと言う間にアクセスオーバーでサイト閉鎖になってしまうんでしょうね?(T_T)

一応、 「社会保険庁」 のホームページを見たら、年金問題への対策について記載はされていますが、素人のオイラが読んでみても、3月か4月くらいに安倍総理が言っていた、 「今後1年間で解決」 出来そうにないように思うんですけど・・・。

でも、 「今後1年間」 のスタートがどの時点なのかもよく判っていないので、いつ解決するのか解らない、と言うのも正直なキモチです。

まさに、安倍マジックで、
「ダイジョーブ、心配ナイ。ウマクイッテル、心配ナイ。」
みたいな、においがするのは、ただの気のせいでしょうか・・・。(T_T)

| | コメント (0)

振り返れば、・・・がいる。

「On your mark!」
で始まった
「世界陸上選手権 大阪大会」
も昨夜で閉幕。

実はオイラはこの大会を最初から観てませんでした。
元々、陸上競技には、あまり興味がなく、今回の大会を観るまで、記憶の中での世界最速のスプリンターは、 「カール・ルイス」 だと思い込んでいたくらいで・・・。(^_^;)

さらに、開催地が大阪で、報道とかも大々的に
「大阪夏の陣!」
とか言われると、どうしても陸上競技じゃなくて、真田幸村とか戦国武将をイメージしちゃって・・・。(笑)
いや、マジで、競技が始まる前には、ほら貝とか鳴ってるんですもん。(^_^;)

そんなオイラが、 「世陸」 を観はじめたのが、男子ハンマー投げの競技から。
「室伏広治」 選手、北京でリベンジして欲しいです!

男子砲丸投げの競技では、熾烈なチャンネルデッドヒートの末 「ミヨリの森」 が勝利。
T★Sさんゴメンナサイ。m(__)m

女子棒高跳びの 「エレーナ・イシンバエワ」 選手。
すごかったですね。4メートル65センチ、一体どこまでパスするんだろうと見ていると、実にキレイなラインを描いて、4メートル80センチで金メダル。
マットの上のバック転もキレイでした。(^_^;)
国旗を羽織り、 「アリガト、ゴザイマス」 って言ってたのが印象に残ってます。
誰だったのか?男子の高飛びで、 「エアウォーク!」 なんて言われてた人も・・・。

そして、今回の大会で、初めて 「タイソン・ゲイ」 と言う人物を知りました。
「末脚キング」 、 「超高速度人間」 、・・・色々なフレーズが思い浮かびました。そのくらいビックリ。

そうした、世界のアスリートたちの目覚しい活躍に対して、振るわなかった日本勢。
短距離の末続選手、男子棒高跳びの澤野選手とか、もう観てて悔しくなりましたよ~~。
もし競歩の大崎選手の様子をリアルタイムで見てたら、狂乱してたかも・・・・・。(^_^;)
「オールマイ・トレジャー」 どころじゃ無くて、まさに 「オー・マイ・ガー!」 な状態だったり。

そんな中での、最後の女子マラソンでの土佐選手の銅メダル。実に貴重なメダルだと思います。

先天性心臓病患者であり、日常生活での運動制限もあるオイラ・・・、今回の 「世陸」 はホントに観てるだけでも
心臓バクバクな感じでしたが、何となく、 「陸上競技」 も好きになったような・・・。(^_^;)

で・・・、ついで、と言ってはホントに失礼なんですが、
ある意味、選手以上にエキサイトしてた織田裕二。
このあとすぐに、本業の?歌での全国ツアーもあるんでしたっけ? お正月映画 「椿三十郎」 の撮影は・・・クランクアップしてるんですよね。(^_^;)

兎にも角にも、陸上競技の 「大阪夏の陣」 、これにて閉幕。いざ、北京五輪へ!
「On your mark! Get set! Go! 」

| | コメント (2)

67億の・・・。

え~~っと、まず最初にお詫びしておきますが、今回の記事は決して、 「世界陸上」 の選手たちを揶揄しているワケでも、皮肉っているワケでもありません。

テーマは、ズバリ 「67億の1位」 。

このテロップに関しては、すでにたくさんの方々が色々なご意見を書かれていると思います。
世界中で1位、その思いを込めての 「67億の1位」 とのキモチもスゴク解るんですよ。

でも、今回の大会では、残念なコトに、競技を正確に進行させる、と言う大切な場面での、 「ゆるみ」 を感じてしまったので、どうせならば、他の部分でリラックス出来ないモノだろうか・・・、と考えたのが、 「67億~」 に代わるテロップたち。

例えば、短距離の
「最速王子」 とか・・・、あぁ、パクリかな・・・(*_*)

それなら、女子棒高跳びの
「最高!プリンセス」 とか・・・。イマイチ、ですか?

「高飛びキング」 とか・・・。
「高飛びレイク」 (火浦巧 著) 、思い出しちゃったな~~。マニアックかな~。

ハンマー投げの
「Mr.ゴールデンハンマー」 とか・・・。(゜-゜*)

砲丸投げの
「ホーガン! イチバン!」 ・・・・・・、(T_T)

もう、この辺りにしておきます。

要するに。
世界大会なワケですから、確かに世界中での1位。
でも、同じ67億人の一人としては、老いも若きも、みんなひっくるめての 「67億」 。その中の1位、と言われても、なんとなく、ツライんですよね。(^_^;)
開催地が大阪なので、と言うワケではありませんが、どうせ付けるのであれば、それぞれの競技に相応しい、シャレた称号を付けてみても好いんじゃないかな~~、なんて思った次第です。

もちろん、前述でオイラが挙げたような、いい加減な思いつきのモノではなく、もっとカッコイイ 「1位」 の呼び名が、きっとあるはず・・・。
と言うわけで・・・。
賛否両論だった一律 「67億の1位」 のテロップに一石を投じてみました・・・。<( _ _ )>


| | コメント (0)

姫バトラー

・・・と言っても、参院選で当選した、加藤清正っぽい (笑) あの議員さんではなくて・・・。
大河ドラマ、風林火山の話題です。

今週は、女性群が主役。
勘助にぞっこんの原虎胤の娘、 「リツ」 。
でも、先週のラストで、 「摩利支天」 の首飾りに再会した勘助の心には、リツよりもやはり 「ミツ」 。
「ミツ」 は、序盤に登場した伝兵衛の妹。

勘助とカップルになった途端に、晴信のオヤジさん、信虎に弓で射殺されてしまった悲しい女性です。
演じていたのは、 「貫地谷しほり」 。
「大河」 → 「民放CM」 or 「NHK朝ドラ」 の路線に乗って、今秋10月から、NHK朝の連続テレビ小説 「ちりとてちん」 に主演予定です。
「ちりとてちん」 は、落語をテーマとしたドラマで・・・、
おっと!、危うく話しが反れそうに・・・。(^_^;)

柴本幸姫、柔らかさの中にも相変わらずとんがってますが・・・、うっかり、柴咲コウとか間違えそうで、ヒヤヒヤしながら名前入力しています。(^_^;)
お父様の柴俊夫さん・・・、
サプライズで出演してくれないかな~~。
     ↑
  そればっかり。(笑)

柴崎幸演じる側室の由布姫も、池脇千鶴演じる正室の三条の方も、戦国に翻弄される女性の姿を、静かに朴訥と浮き出してましたね~~。
武田信玄の後継者は、武田勝頼なんですが、この風林火山では、 「勝頼への道」 も描かれていて面白いです。

・・・にしても、主役の勘助。
オイラだけの思い込みかも知れませんが・・・、
もしかして 「天然」 ??(^_^;)

無骨で堅物で、主人の武田晴信にして
「板垣に似てきたのぅ」
と言わしめる勘助なんですが、伝兵衛とかとの掛け合いで時折見せるコミカルさ。
オイラの気のせいなんでしょうか・・・?(^_^;)

さてさて、戦国時代に生きる女性たちの物語は、次週も続きます。

歴史の歯車の音を響かせて、大河は流れる・・・。

| | コメント (0)

世陸 弾丸魂 (スピリット)

昨夜に引き続き 「世界陸上 大阪大会」 の話題です。

男子4×100メートルリレー。
アメリカは・・・、いや、タイソン・ゲイは、やっぱり速いですね~~。
どうして、あんなに速いんだろう。(゜-゜*)
どこかの記事でどなたかも書いてましたが、彼が走るシーンだけホントに早送りしてるみたいなんですよ。(^_^;)

日本チーム、国内 (アジア) 新記録を出しても、それでもまだ5位?!
世界の壁は、とてつもなく厚いんですね~~・・・。
でも、すごかった。すごい走りでした。

ロケットスタートの 「塚原」 。 ユメツグ 「末続」 。
織田裕二に
「あなたが繋いでくれたから」 と言わしめた 「高平」 。
そして、アンカー 「朝原」 ・・・。

100、200、そして4×100、と三冠を成し遂げた
タイソン・ゲイに、世界に対して、これまでの無念を晴らすような日本チームの走りだったと思います。

そして、今朝。
女子マラソンで、 「土佐礼子」 選手が3位!
リアルタイムで観ることは出来ませんでしたが、念願のメダルです。

「世界陸上 大阪大会」 も今日が最終日・・・。
最後まで、大阪の熱い夏は続きます!

| | コメント (0)

抗議します! 抗議しますっ!

9月に突入しても、暑い夏、暑い大阪!
「世界陸上 大阪大会」 ですが・・・。
「競歩男子」 の結果には、納得がいきません!

抗議します! 抗議しますっ! <`ヘ´>ノ彡!! 

係員の誘導ミスで、 「途中棄権」 !?
しかも、最初は 「失格」 と言う判定だったらしいですが。
「失格」 なのは、競技関係者では??

「棄権」 とは、権利を放棄するコト。

渦中の、 「山崎勇喜選手」 、フラフラになりながらも、
ひたすらにゴールを目指していたんです。
決して、レースを諦めていたワケでも、放棄したかったワケではなく、彼の胸の中には 「棄権」 の 「き」 の字も無かったはず。

メダルとか、8位入賞とか、そんなコトじゃないのでは?
ちゃんとゴールをしていれば、順位は与えられていたんですよ。

大会規定での判定なのかも知れませんが、
健康状態を考慮してのドクターストップならまだしも、誘導ミスでの誤ったゴールで 「棄権」はないでしょう!
世の中に完璧な人間は、いませんし、起こってしまった過ちは取り返しがつかないモノですが、そのあとの「棄権」と言う判定には、どうしても納得がいきません。

小心者のオイラは、ひとりテレビに向かって、控えめに抗議したのです。(T_T)

| | コメント (2)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »