« 後編 に行く前に 嗚呼、伸一坊ちゃん・・・。(T_T) | トップページ | やっぱりなのか・・・?! 総裁選・・・。 »

安倍総理の疾患・・・。 後編

さて、お待たせしました。 「後編」です。

「前編」では、安倍総理の持病は、 「潰瘍性大腸炎」 と言う仮定でお話しをさせてもらいましたが・・・。
報道されている症状からは、 「機能性胃腸障害」 と言う所見で間違いないのかも知れません。
ただ、もひとつ一説によると、安倍総理は 「下痢便」 であるとも聞いています。

人間ドックの内視鏡検査では、胃カメラ検査だけ紹介されていたように思いますが、 (間違っていたらすみません)
出来れば、小腸造影検査と大腸の内視鏡検査もオススメしたいトコロです。
それで、腸管内壁に特に症状が無い場合でも、 「下痢便」 が本当であれば 「過敏性腸症候群」 の可能性も高いように思います・・・。

さて、そんな感じに後半序盤で、消化管疾患をいくつか挙げましたが、それらの疾患を患いながら就労している人々の実生活は、とても厳しいモノだと思います。
食事制限や栄養剤での症状の安定を保っているとはいえ、そのバランスはホントにスゴク微妙なモノなんです。

ハローワークでは、 「障害者雇用」 と言う枠は設けてありますが、実際に就労に就いてからは、その勤務状態は、健康な人たちと同様の扱い、と言う人たちがほとんどです。
超過勤務によって、病状が進行し、志半ばで仕事を辞めていく人も少なくはありません。

そのように、継続した就労や日常生活に負担が大きい人たちには、 「障害基礎年金」 や 「厚生年金」 と言う国からの補助もありますが・・・、出来れば、自分で働いた収入で自活して生きたい、と思っている人も大勢いるのです。
障害を持ちながら、自活していくためにも、社会福祉に対して当事者の声を発し続けているのが現実です。
そして、国や行政には、そうした 「声」 をキチンと受け止めて、一緒に政策を考えて行って欲しいのです。

ですが・・・、一国の総理が、
同じように倒れていてどうするんですか?! 
確かに総理大臣も一人の人間です。国政を担う激務に体調を崩すコトがあっても、やむを得ない、と思います。
そうであるにしても、あの幕引きは・・・。(T_T)

総理大臣じゃなくても好い・・・、オイラの身近な生活環境の色々な問題を一緒に考えてくれる、そんな存在であって欲しかった・・・。
これが、志半ばで職を辞し、そして現在、体調不良にあえぐ、安倍総理大臣へのオイラの本音です。

あくまでも、障害を持つ人間の視点で、就労環境も偏った見方しか出来ていないのかも知れませんが、でも、そんな風に社会に起こっている問題に対してリーダーシップを取って進めていくのが、政府であり総理大臣としての存在だと思っていました・・・。
でも、今回起きた総理辞職も紛れも無い事実で。そんな現実を、オイラ自身はとても残念に思えてならないのです・・・。 
この思い、上手く伝えられなくて すみません。<(_ _)>

|

« 後編 に行く前に 嗚呼、伸一坊ちゃん・・・。(T_T) | トップページ | やっぱりなのか・・・?! 総裁選・・・。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

おなかのナカミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 後編 に行く前に 嗚呼、伸一坊ちゃん・・・。(T_T) | トップページ | やっぱりなのか・・・?! 総裁選・・・。 »