« 「エンドレスナイト トーキング!」 分科会リポート 後編 | トップページ | Gackt 交錯 (シンクロ) ! 天下! 地か?! »

徒然なる 徒然亭・・・。

朝の連続テレビ小説 「ちりとてちん」 。
ようやく、土曜日の 「まとめて放送」 を観る事が出来ました。(^_^;)
祖父、正太郎との出会いと別れや、落語との出会い・・・、多感な少女時代を経て、主人公の和田喜代美は、自分を変えるために単身大阪に飛び出す!

ふとしたキッカケで出会った落語家が 「徒然亭」 ・・・、オイラのブログも 「徒然なる」 ・・・。
これは、偶然とは思えない・・・、いや、単なる 「偶然」 ですか?(笑)

かつては落語界の上方四天王とまで言われながら、今は落ちぶれている師匠、 「徒然亭草若」 、そしてその弟子である 「草々」 は、在りし日の 「松田勇作」 とV6の 「長瀬智也」 を微妙にシェイクした雰囲気を持つオトコ。第一印象とは違って、結構好いヤツかも。
ズバリ! 喜代美のお祖父さんが聞いていた落語のカセットテープの声は草若師匠では?

借金だらけの徒然亭に、最強の取立て屋が!?
「あわれの田中」 ・・・。
オイラの中では、 「池野めだか」 さんだったのですが。(^_^;) 見事にハズレてしまいました。(笑)
最初は、え?「Mr.オクレ」 ?? とか思いましたが、 「引越しのサカイ」 のCMをされてた方ですよね? いまもやってる? (^_^;)
喜代美の身を案じて、スーパー嗅覚 (笑) で、居所を突き止めた母をも巻き込んだ騒動も一段落。
兎にも角にも、徒然亭に間借りして、実家の塗り箸屋を取材したルポライターの女性のアシスタントになる事も出来て、いよいよ喜代美の新生活は始まります。

余談ですが、落語家を目指すのならルポライターの助手の仕事は、スゴク恵まれていると思います。
毎度、バカバカしい一席を・・・、とか言ってる落語も、ホントにバカでは出来ません。
むしろ、かなり博学でないと、オリジナルな 「マクラ」 やアドリブを膨らませるコトが出来ないと思いますので。
ルポライターの仕事を通じ、沢山の人、沢山の出来事と出会い、色んなコトを吸収して欲しいです。これから半年間がスゴク楽しみです。

|

« 「エンドレスナイト トーキング!」 分科会リポート 後編 | トップページ | Gackt 交錯 (シンクロ) ! 天下! 地か?! »

NHK 「ちりとてちん」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「エンドレスナイト トーキング!」 分科会リポート 後編 | トップページ | Gackt 交錯 (シンクロ) ! 天下! 地か?! »