« この料理 番外編 聖なるメニューたち?! | トップページ | この料理 この一品。 [第12話] 前編 »

復活! 一門会 「ちりとてちん」 を噛み締めて

6年間、この時を待っていた。 
徒然亭一門、万感の思いでの天狗座での一門会。
ダメな自分から、何とか変わりたい! ただそれだけを思いながら、小浜から飛び出して来た喜代美。
いま、その故郷小浜 「若狭」 の高座名で演じた落語 「ちりとてちん」 。
師匠と兄弟子たち、寝床の仲間たち、そして、家族と共に育んで来た、今日の日の喜代美の姿がそこにありました。

そして・・・、四草。
ちょいワル狙ってるんでしょうか?(^_^;) 
2008年、現在辺りには、ホントにちょいワル噺家になってそうですね。(笑) 
まだまだ、フェイントを磨き続けている、と言った感じの彼の落語は 「崇徳院」 でしたが。 
そのまなざしは、遥か 「算段の平兵衛」 を見据え。

小草若は 「鴻池の犬」 。
「脱! 『寿限無』 」へ踏み出したのは、師匠であり父親である草若、そして実の兄弟以上に草々との強い絆を感じるコトが出来たからだと思います。
腕前はまだまだ・・・らしいですが、その思いは、草若師匠や草々、そして兄弟弟子たちに確かに伝わっていました。

「蛸芝居」 は草原兄さんを演じる桂吉弥さんの本当の師匠、桂吉朝さんが得意とされていた芝居噺のひとつだそうです。滑稽な仕草とにぎやかなハメモノでの落語らしいですが、もしかして、少々噛んでもカバーするため?? いやいや、考えすぎですか。(笑)
吉弥さんでの 「蛸芝居」 もじっくりと観てみたいですね。

そして、亡き女将さんへの思いを胸に、師匠が演じた 「愛宕山」 。
ライバルであり、良き仲間でもある
「万葉亭」 「土佐屋」 の師弟たちも徒然亭一門の落語をじっくりと見守っていました。
上方落語四天王も・・・、そろそろ最後の一人が登場しそうですが・・・。?!

 「 『ふるさと』 は自分で作るモノでもある・・・。」
打ち上げ会の主人公は、やっぱり糸子お母さん。
草々の座布団・・・、喜代美の思いは少しずつ草々に伝わっているように思います。そしてそんな草々自身が、誰よりも糸子お母さんの言葉を胸に噛み締めていたのだと思います。

昭和48年の大晦日、
喜代美誕生のエピソードにも五木ひろしさん。
これはもう、 「ちりとてファミリー」 紅白歌合戦飛び入り間違いなしですね。(^_^;)

で、余談ですが、
打ち上げの日は、ちょうどクリスマスイブらしく、
草原兄さんのさり気ないルドルフのコスプレ。(笑) 
特に何のアクションも無し。でもそれで充分なんです。
小草若のサンタなんて、ありふれてるやないですか。 
一番弟子として、草々と小草若、四草たちが入門した、いきさつからすべて師匠と一緒に見てきながらも3年間、落語から離れてしまっていた・・・。そんな草原兄さんは心の中で誰よりも踊っていたはずです。(笑)

兎にも角にも、天狗芸能、鞍馬会長も納得の一門会も無事に終わり・・・。
そういえば、番組もちょうど折り返し地点辺りですね。
復活した徒然亭一門&、晴れて年季明けを向かえた喜代美 (若狭) にこれからどんな展開が待ち受けているのか?! 除夜の鐘まで、まだまだもうひと波乱?!

|

« この料理 番外編 聖なるメニューたち?! | トップページ | この料理 この一品。 [第12話] 前編 »

NHK 「ちりとてちん」」カテゴリの記事

コメント

わあ~きれいですね!~
壁紙変えましたね
和菓子のようですぅ♪
早いもので・・。もうすぐ2008年ですね
本当に「あっ!」というまでした。
インターネットをはじめて1年、少しわかるようになり日々楽しく過ごせました。
今日はパソコンの日先生おすすめの
和菓子占いをしてみました。名前と
生年月日を入力するだけの占いです。
外郎(ういろう)タイプの人間でしたよ~
性格は気分やタイプ・・・うそ!!
皆さんに、やさしくみまもられるぅ~と
それはうれしいですね♪

最近の若狭の涙・・・にもらい泣き・・
涙にはいろいろな涙がありますけど・・
まず、美しい涙、至福の涙、悔しい涙
悲しい涙若狭ちゃんも沢山流しました~
涙もろいキキーも・・うるうるでした~
知らない落語家の世界を・・おもしろい
ね!
明日*草々さんは若狭ちゃんに、どんな
言葉をかけると思いますか?
繊細で頭のいいあなたなら想像できるかも・・・

投稿: キキー | 2007年12月27日 (木) 19時34分

>キキーさん

コメントありがとうございました。

お正月らしい壁紙を~~?
と探してみたところ、この壁紙が好い感じ
でしたので、設定してみました。
ありがとうございます。(^^)

ホントに、今年も残りわずかですね~。
「あっ!」 という間の一年・・・。同感です。(^_^;)

「和菓子占い」
私も検索して挑戦してみました。
結果は・・・。

「だんご」 。でした。
微妙に、当たってる部分はありますね。(^_^;)

さて、 「ちりとてちん」
あのドラマそのものが 「落語」 仕立てに
なっているんですけど。(^_^;)

先週の予告での壁が壊れるシーンが強烈に
印象にあるので・・・。

草々は、自分の気持ちを言葉にするのはあまり
上手ではないと思うのです。

なので、
部屋の壁を破るコトで、自分の気持ちを必至に
表す・・・。
みたいな展開になると予想していますが。
さてさて、どうなりますコトやら。(^_^;)

投稿: 穀物。 | 2007年12月28日 (金) 01時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この料理 番外編 聖なるメニューたち?! | トップページ | この料理 この一品。 [第12話] 前編 »