« 「今週のタイトル」 を読んでみる。 | トップページ | 兄弟、親子・・・、そして 「徒然なる家族」 »

「全員一律」

「薬害肝炎原告団」 と 「国」 の和解協議・・・、
すれ違っていますよね。
「一律救済」 への解釈の違い。
結局 「国」 は患者一人一人には手を差し延べないのか? 「救済範囲の限定」 、 「金を出しさえすればよいのか?」 と言う点が問題に。

しかし、オイラが注目したのは、大阪高裁が示した
「国と製薬会社の法的責任には触れずに、 『解決責任がある』 」 と言う骨子案の文言。
そもそも、 「薬害」 と言う問題は国および製薬会社の責任を認めずして、前に進むコトは出来ないのではないでしょうか?
製薬会社の責任を認めれば、
「薬剤の認定が難しくなる」 と言う声も聞かれます。
オイラ自身も疾患を抱えている以上、どうしても薬に頼らなければ生きていけません。
新薬などの認定は、なるべく早く進めて欲しいのが本音ですが、それはあくまでも 「安全」 と言う大前提があってのコト。

政府の対応としては、先に挙げたとおり、一定の範囲内での救済措置の姿勢を譲らない様子。これは救済範囲が無制限に広がるコトへの抑止であり、財政支出も考えてのコトだろうと思います。
たぶん、それが国とか政府、と言うモノだと思いますが。

「まだ若い人たちも薬害肝炎で苦しんでいる、その人たちの将来を救いたい」
国と闘っている患者本人からの声。
全国にいる薬害肝炎患者全員を救うために、国と対峙している原告団。

ボーダーレス・・・。
同じ病気で苦しんでいる人たちが線引きと言う行為で引き離されるのは、絶対に認められない、その気持ちは、痛いほど解りますが・・・。

年金問題、そして薬害問題、いま日本国政府に、過去の負の代償が突きつけられています。
「最後の一人まで・・・、なるべく多くの人を・・・」
厚労大臣のコメントは、何故かオイラのココロには虚しく聞えていました。

「薬害肝炎訴訟、和解協議」。
国と言う存在が、国民一人一人の人生や生涯と向き合うコトがどれ程重く、難しいコトかが浮き彫りにされている現実。この先のそれぞれの姿勢や対応、そしてどのような展開を向かえるのでしょうか・・・?
何だか、漠然とした文章になってしまいました・・・、上手く書けなくて、スミマセン。<(_ _)>

|

« 「今週のタイトル」 を読んでみる。 | トップページ | 兄弟、親子・・・、そして 「徒然なる家族」 »

社会福祉?」カテゴリの記事

コメント

私が腹立たしいと思うのは、
厚生労働大臣からも、首相からも、
言葉から人間味が感じられないということです。
一律に認める認めないのもっと前に、
病気をおして裁判や抗議活動をしている人たちの
真剣な声に、
もっと真正面から正直に対応するべきだと思います。
その態度が、益々日に油を注いでいるのではないでしょうか?

薬は、治療の大きな道具であり、
私も毎日お世話になっています。
しかし、それが思わぬタイミングで思わぬ影響を及ぼすことも
今年は何回も経験しています。
それがもし、後に大きな薬害となって
私に襲いかかってきたらと思うと
複雑な気持ちがします。
テレビの向こうの原告が、自分になる日がくることは
決してありえないことではないと思いますから。

投稿: たがこし | 2007年12月22日 (土) 22時34分

>たがこしさん

コメントありがとうございます。

投薬によるトラブル?
たがこしさんご自身も体験された事がある
のでしょうか?
どうか、お身体を大切にして下さいね。

今回の協議では、 「原告団」 は常に
一国の首長である福田総理に直接訴え
続けています。

国として、 「過ちを認める事」 は簡単に
出来る事ではないのかと思いますが、
それでも、懸命に訴え続けている方々に
対しては 「誠意」 を示すべきだと思います。

しかし、現状は厳しく・・・。
やはり 「誠意」 と言う概念すらも食い違い
があるように見て取れます。

「国」 と 「患者団体」
お互いの立場の枠からなかなか外れる
事は出来ないのかも知れませんが、もしも
そんな立場上での 「線引き」 も気持ちの
上で越える事が出来るのであれば・・・。
この協議も進展を迎える事が出来るのかも
知れません。
また、私個人的にも、少しでも良い方向に
向かって欲しいと願っています・・・。

投稿: 穀物。 | 2007年12月23日 (日) 01時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「今週のタイトル」 を読んでみる。 | トップページ | 兄弟、親子・・・、そして 「徒然なる家族」 »