« 成人の日の記憶。 | トップページ | 匠の心は 生きている »

鎮魂の灯火 (ともしび) 静かに燃ゆる

13年前の今日。
「阪神 ・ 淡路大震災」 は起こりました。
約5万人の死傷者。兵庫県を中心とした未曾有の大災害でした。

当時オイラは、いまの 「はなれ」 ではなく本宅の (今は祖母が使っている部屋) で寝ていて、明け方、ハッキリと身体で感じられる揺れで目を覚ましました。
地震直後は、なかなか情報が伝えられませんでしたが、日が昇り時が経つに連れて段々と関西地方の様子が分かってきました。

記憶煮に残っているのは、ヘリコプターからの映像で、リポーターのこのような言葉。
「一体どないなってしもうとんのや・・・」
正確には覚えていませんので、こんな言葉だった、と言うイメージですが。
その時、リポーターの方は、用意された原稿ではなく、確かに自分自身の言葉で、突然起こった災害の状況を実況していました。伝えている、と言うよりは、絞りだしていた・・・、と言う感じだったと思います。

あれから13年。今年も、神戸市の公園では、 「1.17」 の追悼行事が行なわれています。
「地震列島」 とも言われる日本は、その後も何度かの震災での被害を受けていて、オイラの地方でも小さな地震が起こってもすぐに、大地震を連想してしまいます・・・。

ニュース番組でも、震災で倒壊したお寺が、地元地域の方々の寄附により、昨年ようやく再建、あるいは、いまだに震災の影響に苦しむ人もいる、と言う内容を放送していました。
災害は、社会形態はもちろん、その人々の心の中に大きな 「傷」 を残します。

どうか願いが叶うのならば、災害を正確に予測し、未然に防ぐ方法が確立されて欲しいです。また、万が一災害が起きてしまっても、どんな人に対してもライフラインがしっかりと繋がっているシステムが確立されるコトを願います。

そして、
出来る事なら災害の無い世界が来るように・・・、
「1.17」 の灯火 (ともしび) に祈りを込めて・・・。

|

« 成人の日の記憶。 | トップページ | 匠の心は 生きている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あの時、オイラの家で被害と言う被害は
なかったのですが、やはりこの時期なると、また同じ事が起こるのではないかと
怖かったりします。

神戸にある親戚の家は傾いた程度で
倒壊はせずに無事だったのですが、
家の前の道路を挟んで向かい側の家は
倒壊していたそうです・・・

本当に二度とあんな災害は起こって欲しくない!

投稿: 怪盗紳士。 | 2008年1月20日 (日) 00時57分

>快盗紳士。さん

コメントありがとうございました。
こちらからの お返事が遅くなって
すみませんでした。m(__)m

あれから、13年・・・。
紳士。さんもご無事で何よりでした。
私の親戚や知り合いにも関西に住んで
いる人たちがいますが。

その当時は、とても心配しました。
幸い、大きな被害は無かったのですが
「震災」 と言う記憶はずっと心の中に
残り続けるのだと思います・・・。

私も、あんな災害は、もう二度と起きて
欲しくないと思っています・・・。

投稿: 穀物。 | 2008年1月22日 (火) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 成人の日の記憶。 | トップページ | 匠の心は 生きている »