« 大寒の日に 大寒波?(T_T) | トップページ | 小草若と四草と 和田正平・・・。 »

ふたり 新年会

P1010111


 けふのひの 
    きぬともめんの あはせあじ
       ともに ぬくもり わかちあう こと

初っ端から、柄にもなく失礼しました。(^_^;)
正直オイラは、和歌も短歌も俳句の知識もほとんどありません。
ただ漠然と知っている、五、七、五,七、七、を並べただけの言葉かも知れませんが・・・。

先日のプチ遠征の続きの話しなんですけど。
2日目に久しぶりに相方と逢い、ふたりで新年会をした時の感じを詠んでみたのですが・・・。(^_^;) 
ホント、スミマセン。

さて、本題に。
1日目 「大阪放送会館」 をあとにしたオイラは、その足で京都に向かいました。あ、途中、新大阪に寄って
「箱えびせん」 を買ってから新快速にて一路京都に。
「箱えびせん」 ・・・、「かっぱえびせん」 のパッケージが箱タイプのモノですが、大阪名物?のご当地食品
「どろソース味」 ではなくて、ノーマルタイプのモノなのですが・・・、まあ、そのお話は、いずれまた。(笑)
で。
翌日の昼前に、別の用事で来ていた相方と落ち合い、
少しだけ冬の古都を徘徊 散策しました。

秀吉の鴬張りの床、永徳の襖絵。 遠州の枯山水・・・。

そのあと、豆腐のお店に入り、湯豆腐を賞味。
え~~っと、写真写りはあまり好くないかも知れませんが・・・。
湯豆腐です。(^_^;)

元々は 「書院」 として使われていたそのお店の湯豆腐は、絹と木綿の中間の味わいだとかで、結構有名らしいです。
先ずひとくち。お出汁をつけずに食べてみたのですが、ほんわりとした甘味。
あっさりとまろやかに・・・、美味しかったですよ!


 京都で、相方と一緒に食べた 「湯豆腐」 。
 ふたりで歩いた、冬の古都は、寒かったけれども、
 でも、なぜか温もりは、今もココロに残っています。


P1010114

|

« 大寒の日に 大寒波?(T_T) | トップページ | 小草若と四草と 和田正平・・・。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

遠征」カテゴリの記事

コメント

おいしそうで楽しそうで、よかったですね。

絹と木綿の中間なんていうお豆腐、あるんですか?
初めて聞きました。
ニューハーフみたいですね。
湯豆腐にしてもドロドロにならず、口当たりもよいというと
そういうお豆腐になるんでしょうね。

写真、お上手ですね。

投稿: たがこし | 2008年1月23日 (水) 22時35分

>たがこしさん

コメントありがとうございます。

> 写真、お上手ですね。

ありがとうございます!
今回の写真は、正直自信がなかったのです。
本当は、
もっと 「豆腐の白さ」 を表現したかったのですが・・・。

ニューハーフの豆腐は・・・、微妙ですね。(笑)
口あたりは、たしかに好かったですよ。

相方も満足していたみたいです。
好かった・・・。

心に残る、京都での一日でした。

投稿: 穀物。 | 2008年1月24日 (木) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大寒の日に 大寒波?(T_T) | トップページ | 小草若と四草と 和田正平・・・。 »