« ふたり 新年会 | トップページ | さまざまな アフロ »

小草若と四草と 和田正平・・・。

はい、 「ちりとてちん」 です。
週のアタマ辺りから徐々にエンジンが掛かり始めていた 「四草」 。

思い返せば、結構前の話ですが、アイスキャンデー舐めながら喜代美への
「草々兄さん、取られてまうぞ」
から始まり、今回は小草若への
「 『草若』 の名前も取られてしまうぞ」

・・・、自らは 「ツンデレ」 キャラの四草、実は何気に他の人の背中を押して、その心に火をつける 「添加剤」 的な後押しの才能を発揮してますよね。
巷では、四草の 「四」 から 「リトル ヨンさま」 と呼ばれているとか。(笑)
でもオイラとしては、あえて、 「後押しスパイシー」 と呼ばせて貰いたいです。

さてさて、そんな四草からの言葉に、小草若は・・・。
魚屋となった友春さんとも何気に 「○○ぼん」 つながりで (笑) 意気投合したみたいですが。

松重お父さんの工房にて、
「もう、おらんのに、何でかその距離が縮まらんように思うんや」
そんなセリフの松重お父さん ・・・ そして、正太郎お祖父さんの 「塗り箸」 を手に思いを巡らせる小草若。
やはり、 「徒然亭草若」 の息子として、思うところもたくさんあるように感じました。・・・って、このシーンも何かの伏線ですか? このドラマって、ホント、油断出来ませんからね~~。(^_^;)

 「UNIVERSITY」
を巡る、正平君と糸子お母さん。裏書がカレーのメモってのが出来すぎな気もしますが、逆に糸子お母さんらしい繋げ方?かなとも。

子どもの頃からの 「恐竜」 への夢を馳せ、成長した今、博士号を得るために留学を希望している正平君ですが。
合理的で堅実な彼の性格。家の事情から、その思いは心の中に封じてしまっています。

魚屋の順ちゃんに次いで、物事を冷静に判断し、時には頼りになる相談役としての正平君。
自分自身の行く末については、どう切り開くのか・・・、
このままで終わって欲しくはないですよね。
週末辺りに正平君にも、四草スパイスが発動してくれれば好いのですが・・・。
「お前が恐竜博士になったらアドバイス料、もらうぞ」。
とかね。さすがに、それは無い、ですか・・・?(^_^;)


|

« ふたり 新年会 | トップページ | さまざまな アフロ »

NHK 「ちりとてちん」」カテゴリの記事

コメント

私も正平さんの「身の丈にあった生き方」というのが母親としては逆の意味でズキーンとさせられてしまいました。でも順子ちゃんのこともあるし、今のままでも素敵ですがやっぱり殻を割ってほしい気持ちもします。
今日の四草の発言、そして小草若のこれからを含めた展開、ますます目が離せない水曜日でした。

投稿: 此花咲弥 | 2008年1月23日 (水) 15時35分

>此花咲弥さん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

> 「身の丈にあった生き方」

と言うのは、時にはとても辛い場合もあるんですよね。

私も幼い頃に、家業を継ぎたいと思っていたのですが、現実的に難しいコトが分かった時には、無念、と言うか、残念な気持ちで一杯になりました。

なので正平くんにも、何とか自分の夢を繋いで行って欲しいです。

ドラマでは、
いよいよ 「夫婦落語会」 が始まりましたが・・・。
まだまだ、波乱は起こりそう。

徒然亭一門についても2月になってからのお楽しみ、と言う感じですが、本当に、毎日目が離せませんよね。
(^_^;)

つたないブログですが、
もし好かったらまた遊びに来て下さいね。

ドラマ 「ちりとてちん」 共々?(^_^;) これからも宜しく
お願いします。m(__)m

投稿: 穀物。 | 2008年1月24日 (木) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふたり 新年会 | トップページ | さまざまな アフロ »