« ただいま 新婚 修行中! | トップページ | 初春の落語 この一席。 »

「テレビの中から日本が見える」 民放なりにも ニッポンノ、コレカラ

一昨日の夜のコトですが、フジテレビ系列で
「ニッポンがおかしい」 と言う番組を放送していました。
番組の中で、この国が直面している問題に対して、自民党と民主党がマッチメイクによって討論する内容。
・・・だったのですが。途中から観始めた上に、ちょうど、自民、民主の対決シーンで。
自民党の議員さんいわく
「悔しかったら政権を執ってみろ」
対して民主党さんは・・・、 「与党がそんなエラいのか」
的なやり取りが行なわれてて・・・。(T_T)

残念ですが、今の日本の政治においては、政権与党のチカラはとても大きいですよね。
いや、正確には、国の行政を行なうのは、ひとつの党ではなく、 「内閣」 なんですけど、それを構成しているのは、他でもなく 「政権与党」 のメンバー。
なので、政権を執るためには 「与党」 になる必要がある。衆・参両議院で、それぞれが第一党になっているために 「ねじれ国会」 と呼ばれているのがその好い証拠です。 民主党さんもそれは良く分かってるハズ・・・。
ただ、ホントにヤバイんじゃないかな~、と思ったのは、他ならぬ議員さんたちの対決姿勢が、やはりそのレベルだったコト。
政権を執って、より良い社会の為に政策を生み出すのはもちろんのコトですが、その過程である政党間の討論であっても、建設的な話し合いをして欲しいんです。

で、テーマは、 「介護問題」 とか 「格差問題」 とか。
某街の客待ちタクシーの半端じゃない台数の映像には、正直唖然としましたし、障害者であるオイラ自身も、高齢になった両親の介護をしなければならない日が、来るかも知れないんです。
なまじバラエティー色が強かっただけに、逆にマジで観てしまいました。

NHKにも、 「日本の、これから」 と言う番組がありますが、民放も同様の番組をどんどん放送して欲しいです。
ハマコー (浜田幸一) さん、相変わらず破天荒な方ですが、なんか、民放向けかと。(^_^;)

でも・・・、さらに数日前のコトになりますが、NHKBSで昭和の出来事を紹介した番組を放送していて、昭和43年の 「全共闘」 が取り上げられていて・・・、それについてコメントをしていた出演者の若者のひとりが、 「現代は、そんなに危機迫る社会じゃなくて好かった」 的な発言をしていて、司会のアナウンサーが怪訝そうな受けとめ方をしていたのが印象的だったのですが・・・。

「格差」 とか、 「年金」 とか、まだそんなに危機感を持っていない国民もいるんですよね。
もしかしたら、別世界の出来事のように感じている人もいるのかも・・・、そう思うと、そのコト事態が、危機的状なのでは? ・・・、とか思ってしまいました。

NHKにせよ、民放にせよ、マスメディアには、今のニッポンの社会の姿を、余すところ無く国民に映して欲しい、と思いましたし、またそれを観ているオイラ自身もきちんと受け止めて、自分自身のこれからを考えて行きたいです・・・。

|

« ただいま 新婚 修行中! | トップページ | 初春の落語 この一席。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

社会福祉?」カテゴリの記事

コメント

今日のおかずを買うお金がないとか、
目の前に寝たきりの親が居るとか、
そういう自分の目の前の問題には
誰もが真剣になれるけれど、
そうでない事には 多くの人が驚くほど鈍感なのだと思います。
というより、目を凝らして見ようとしない。
見てしまえば、もう二度とその問題から
目を背けることはできなくなるから。

一番怖いのは、
「知らないうちに世の中の何もかも変わっていた。」
っていう状態ですよね。

投稿: たがこし | 2008年1月11日 (金) 00時02分

>たがこしさん

コメントありがとうございます。
いまの世の中・・・、いつの間にか
「タイヘンナ、コトニナッテルヨ」
と言う事態が多いように思うのですが。

社会生活や福祉などの問題を実感する
コトのない人がいると言う事実が、
「格差社会」
のひとつの現われかとも思うのです。

同じ日本と言う国に暮らしながらも
人によってこんなにも、感じ方が違って
来ている・・・。
この現実に、とても怖さを感じました。

投稿: 穀物。 | 2008年1月11日 (金) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ただいま 新婚 修行中! | トップページ | 初春の落語 この一席。 »