« レミケード セヴンデイズ 後編 | トップページ | バレンタインデーは、レミケード。 »

「ちりとてちん」 上方落語四天王   鏡 漢五郎

朝の連続テレビ小説 「ちりとてちん」 。
長い間、気になっていた 「上方落語四天王」 ですが。
「万葉亭 柳宝」 ・ 「土佐屋 尊徳」 ・ 「徒然亭 草若」
そして、最後の一人が、来週登場します。
「鏡 漢五郎」
演じるのは、上方喜劇俳優の 「芦屋小雁さん」 。
「雁之助さん」 の弟さんです。

名前の由来は、当初 「吾妻鏡 (東鏡) 」 かとも思いましたが、平安時代から室町時代に書かれた 「四鏡」 = 「大鏡」 ・ 「今鏡」 ・ 「水鏡」 ・ 「増鏡」 かも・・・。

オイラ個人的には名前のリズムが、
落語 ・ 講談などに、よく登場する伝説的な木彫り職人 「左 甚五郎」 = 「飛騨の甚五郎」 をイメージしてしまいます・・・。

|

« レミケード セヴンデイズ 後編 | トップページ | バレンタインデーは、レミケード。 »

NHK 「ちりとてちん」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レミケード セヴンデイズ 後編 | トップページ | バレンタインデーは、レミケード。 »