« 「芸人」 と 「商人」 | トップページ | 命名! きよみ! »

さらば薩摩よ 愛しい人よ


 
大河ドラマ 「篤姫」 です。
薩摩藩、島津本家の養女に迎えられた於一 (おかつ) 改め 「篤姫」 。
その人生の道は、徳川将軍家御台所へと続いているものでした。
そして、いよいよ江戸への旅立ち。

別れのお目見えの場での 「囲碁」 にまつわる会話。
「女の道は一本道。 故に身分も重さもなく自由な碁石が愛しくも羨ましい・・・。」

かつて、戦国時代では。
豊臣秀吉正室の 「北の政所 (ねね) 」 、前田利家正室の 「まつ」 、山内一豊の妻 「千代」 そして、今川義元の母 「寿恵尼」 ・・・。
いずれも、主君を支え、それい以上の活躍をも伝えられる女性たちがいました。
その当時は、女性の助言も結構、重用されていたみたいですね。
しかし、その女性たちは、いつしか政略的な存在となってしまい・・・。

今は亡き、侍女菊本の言葉、 「女の道は一本道」 を口にするとき、篤姫の胸に去来するのは、どんな思いなのでしょうか・・・。

そして、生家である、 「今泉家」 の父 「忠剛」、
母 「お幸」 との対面。
目通りの後のプライベートでの家族水入らずの時間、観ているオイラもホッとしました・・・。
幾島、にくい心遣いですよね~~。
お父さんの身体の具合は、かなり気になりますが・・・。

目通りが適わなかった下級武士、西郷吉之助 (隆盛) 、大久保正助 (利通) も、桜島と共に篤姫を見送ります。
そして・・・、肝付尚五郎も・・・。
尚五郎と於一 (おかつ) 、もっと違う時代に生まれていたならば・・・?

いづれ、時代を動かすことになるこの若者たち。
於一 (おかつ) の母の
「人は皆、それぞれに役割がある」 と言う言葉。
そして、かつての調所広郷の 「役割を越えて・・・」 と言う言葉。
その心、いまは、まだ、混沌と・・・。

大河の激流に 華 一輪 流れ行く先、いずこ・・・。

|

« 「芸人」 と 「商人」 | トップページ | 命名! きよみ! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

趣味・歴史 ( 時代劇 )」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「芸人」 と 「商人」 | トップページ | 命名! きよみ! »