« オイラを気遣ってくれているのかい? | トップページ | そして再び 底抜けに 出逢い »

幕末ホームドラマティック

ここ最近、
大河ドラマの 「篤姫」 が面白くなってきました。
いや、放送そのものは初回からほとんど観ていたのですが・・・、主人公の於一 (おかつ) が、島津本家に養女に迎え入れられた頃から段々テンションが上がってきましたね。

正直言って、主人公が女性なので・・・、
どうしても彼女の視点では観るコトは出来ずに、長塚京三さん演じる父親とか瑛太さんが演じる 「胆付尚五郎」 の視点で観てしまっていたのです。
でも、佐々木すみ江さんの 「菊本」 との別れ、松坂慶子さんの 「幾島」 との出逢い。
結構テンポが好いですね~。観てると引き込まれていきます。・・・と言うのはオイラの性格が単純なだけ?(笑)

大河ドラマでのいわゆる 「幕末モノ」 には、これまであまりヒット作がなかった、とも言われていますが・・・。
いや、 「新撰組!」 は、続編も作られましたし、視聴率はあったのかとも思いますが・・・。

戦国時代とかそれ以前とかだと、
「ああ、そうだったのかも知れないな」
と言う感じで受け止められる場合もあるのですが、
なまじ時代が近くてしかも慌しかった幕末。
「大政奉還」 「明治維新」 とかの大きな出来事に関わる細かいアクションについては、妙にリアルすぎる部分と、それでいてよく判らない部分とが折り合わさっている感じなんですよね。(^_^;)
でも、
今回の 「篤姫」 は、これまでの時代劇とか戦国モノとは別で、何か 「ホームドラマ」 を観ているような楽しみがあります。

登場人物、男性陣で注目しているのはこの人たち。
まずは、原田泰造さんが演じる 「大久保正助」 。
のちの 「大久保利通」 です。
原田さんはNHKの情報番組でもナレーションを務めていますし、なかなかの演技派ではないかと思ってます。
はたしてどんな 「大久保利通」 になっていくのか・・・。
そして、将軍。 「徳川家定」 。
演じるのは堺雅人さん。
「新撰組!」 で山南さんだった方です。

時代はずっと遡りますが、加賀前田藩の2代藩主、
「前田利常」 は江戸時代初期の人物で、徳川幕府から警戒されないためにワザと愚かなフリをしたと言われています。
果たして、将軍家定の振る舞いの真意は・・・?
堺雅人さんの演技も見逃せません!
そして・・・、時々登場するアノ人物。
 「その娘、江戸へ連れてまいる」
のおじさん。演じている麿赤兒 (まろ あかじ) さんもナゾの雰囲気タップリです。(^_^;)
テロップにも 「人影」 としか書かれていませんが、オイラの想像では、関が原の戦いで徳川家康率いる東軍から決死の退却劇を見せた 「島津義弘」 ・・・の思念?
あるいは、家康 ・ 秀忠 ・ 家光の3代に仕えた怪僧
「天海僧正」 ??
な~~んて、思いをめぐらせています。
長丁場になりますが、大河ドラマ 「篤姫」 ちょっと注目して観てみようと思ってます。

大河の激流に 華 一輪 その流れ行く先、いずこ・・・。

|

« オイラを気遣ってくれているのかい? | トップページ | そして再び 底抜けに 出逢い »

映画・テレビ」カテゴリの記事

趣味・歴史 ( 時代劇 )」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オイラを気遣ってくれているのかい? | トップページ | そして再び 底抜けに 出逢い »