« 残りモノには 福は ある?! 百万長者を夢みてみれば・・・。 | トップページ | 「瞳」 の中の 家族像・・・。 »

「瞳」 現象・・・。

 
おなじみの朝ドラ 「瞳」 レビュー・・・ではなくて、
今回はその周辺についてちょっと目を向けてみました。
「朝ドラ 「瞳」 ブログ」 で、検索をすると結構たくさんのサイトやブログにヒットしますね~~。 (^_^;)

その中には、登場人物の 「一挙手一投足」 や 「言動」 などについての疑問点や問題点を捉えたモノもありますし、大まかなストーリー全体の流れに対して感じたコトをゆったりと、表されているモノもあります。 

そこで、ふと気づいたコト・・・。実に当たり前で根本的なコトなのですが・・・、好評な感想を書いているサイトも、ある程度批判的な意見を出しているサイトも、双方ともキチンとドラマを見た上で書いているんですよね~~。

特に、ドラマに対していわゆる 「ツッコミ」 を入れているサイトにしても、 「この部分をもっとこう直せば・・・」
と言った意識的な熱意が感じれる部分もあります。

例としてあげるならば、
前作 「ちりとてちん」 の内容を引用して、「瞳」 との優劣を付ける意見もありますが、むしろ双方を 「対比」 ないしは 「比較」 するコトによって個々の性質を掘り下げる見方も。

あえて 「優劣」 を付けるとすれば、
そのドラマの 「面白さ」 ・ 「惹かれる部分」 だと思いますが・・・、 「瞳」 の場合、 「ツッコミどころ」 と言う部分も大きく関わって来ているように思います。

「ちりとてちん」 の場合にもある程度は計算された
「ツッコミどころ」 はあったのだと思いますが、今回の 「瞳」 ではそれを受け皿とすべく、あえてラフにくずした作りであるとするのであれば・・・、オイラ的に言わせて貰えれば、 まさに 「大博打」 ですよね。(^_^;)  

ともあれ、 「瞳」 をテーマにサイトを運営されてる方々は、ドラマを観るコトにより、 「視聴率」 の一端は担っているワケですから・・・。 

これは、 「NHK朝の連続テレビ小説」 が、ある意味、国民的なドラマたるゆえんか。 
そして、これまで数多くのドラマを観続けてきた視聴者の 「ドラマをみる目が肥えてきた」、 その表れ・・・、

または、映像機器の普及が社会全体に広がり、作り手と見る側の境界が次第に無くなりつつある環境に乗じてネットでの 「ウェブログ」 と言う存在が示したひとつの現象なのでしょうか・・・。 

いずれにせよ、この 「瞳」 に限らず、昨今のドラマは 「配信」 などの直接的な手法以外の 「ネット媒体」 として注目を浴びているコトは今更ながら言うまでもないコトで・・・。 

斯く言うオイラも、最近は体調の変動でちゃんと 「瞳」 を観れていないのが申し訳ないのですが、ドラマの展開で言えば 「勝太郎」 と 「百子」 の距離が次第に近づいているように思えるコト。

そして未だ登場していない? 瞳の父親ですが、恵子の元フィアンセ勝俣 (^_^;) やウメさんの息子、哲夫などを間接的に投影するコトによってその輪郭をおぼろげながら現しているようにも・・・。 
って言うのは、的外れですか・・・?? 

瞳の父親役・・・、 「ちりとてちん」 からの連続登場で 「渡辺正行さん」 、とか・・・、いや年齢的に少し? 

「断崖絶壁俳優」 の? 船越英一郎さんとかだったら、まさしくサプライズなんですけど。(笑) 

何はともあれ、連続テレビ小説 「瞳」 。
折り返し地点ももうすぐですし・・・、
これからじっくりとっくり見守って行きたいですね~~。

ちゃんと、観なくっちゃ!(^_^;)
 
 

|

« 残りモノには 福は ある?! 百万長者を夢みてみれば・・・。 | トップページ | 「瞳」 の中の 家族像・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残りモノには 福は ある?! 百万長者を夢みてみれば・・・。 | トップページ | 「瞳」 の中の 家族像・・・。 »