« ハスキーヴォイス & ロボ ・・・? | トップページ | ダンス・・・・・、ブレイク?! »

その手が 教えてくれたモノ・・・。

 
月曜夜8時のTBSドラマ 「あんどーなつ」 。
すみません、
先週の7月7日スタートでしたが、1週間遅れのレビューです。(T_T)

さて第1話目は、いわゆる顔見せ、も兼ねたストーリーでの主要な登場人物が上手く繋がりあいながら登場します。その舞台は、東京浅草。

店主急逝のため閉店 ・・・、となんだかイキナリ重い雰囲気でしたが ・・・、これがきっかけとなり、貫地谷しほりさんが演じる主人公、安藤奈津が、洋菓子の世界から一転、和菓子職人へと目指すサクセスストーリー。

登場してまもなく、お婆さんを浅草に案内する時の会話の雰囲気、何となくNHK朝ドラ 「ちりとてちん」 の和田喜代美が残ってたように思えましたが、もしかして貫地谷さんの地のしゃべり方が、あんな感じ?(^_^;)

さて。
風に吹かれたおみくじの紙に導かれるように、奈津は一軒の老舗和菓子屋 「満月堂」 にめぐり合います。

時は折りしも、もうすぐ三社祭が始まろうとしている頃。
祭りの間だけ 「満月堂」 にアルバイトとして雇われる
コトになった奈津・・・。
そして、そこで 「和菓子」 と出逢うのです。

祭りの喧騒。
製菓学校の同級生、三津屋陽介の姉、ゆかりの結婚。
賑やかな出来事が重なるその裏側で、祭りを取り仕切る履き物 「富士屋」 の先代の死・・・。

「満月堂」の和菓子職人安田梅吉を演じている國村隼さんの親方っぷりも好いんですけど。
第1話は、やっぱり富士屋の二代目 「藤村弘道」 を演じていた林家正蔵さんですね。

・・・ 以前から思ってたんですけど、でもかなり失礼なコトで ・・・。 正蔵さんって、落語やってるより俳優のほうがイケてますよね。(^_^;)

先代の死をひたすらに隠し通して祭りを取り仕切る役目を全うするその姿にとても惹かれました。
・・・ いや、あの演じ方も、やはり落語家としての土台があってこそ・・・?

実際にドラマには、登場しなかった先代ですが、病室の窓から、きっと神輿を観るコトができたのでは・・・。
そんな風に感じるコトが出来た描き方でした。 (゜-゜*)

 心は手に伝わり、菓子に伝わる。
               その手が教えてくれる。

親方の作る和菓子は、この町の人みんなが食べる・・・、そんな和菓子を自分も作りたい。
奈津はその強い思いから、ついに 梅吉親方に弟子入りします。

七夕の日、おかしなお菓子の巡り会わせで、和菓子職人を目指すコトになった安東奈津。
「あんどーなつ」 の旅はまだ始まったばかりです・・・。
 
 

|

« ハスキーヴォイス & ロボ ・・・? | トップページ | ダンス・・・・・、ブレイク?! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハスキーヴォイス & ロボ ・・・? | トップページ | ダンス・・・・・、ブレイク?! »