« ルーキーズ の この人たち 特別編 (後篇) | トップページ | まいごの四草 物語 »

ダンスビート、・・・その前に?!

  
連続テレビ小説 「瞳」 第17週 「ダンス イズ ライフ」 。
さあ、いよいよ今週から 「ダンスビート編」 に突入
・・・のはずですが・・・
瞳たちのユニット、 「ローズマリー」 にイキナリのアクシデントが
由香の父親が経営する会社が倒産。そして純子の母親も交通事故に?!
いやいや、タイミング悪すぎでしょ?(T_T) 
由香も純子も実家のコトが心配でダンスどころではなく・・・ついにローズマリーも解散の危機に

この展開で、 「夏コン」 の後で KEN が言っていた
「ユニットは生きもの、今日の正解が明日の正解ではない」 とのセリフを思い出したオイラ。

けっぱれ! けっぱれ! けっぱれ! 
                 復活! 復活! 復活!

あきらめない瞳。
KEN から再び 「ダンスは人生」 と言う言葉をもらい、
ローズマリー再生に奔走する彼女ですが・・・。

え~~っと、今週のオイラ自身は。
純子の兄、圭一が登場してからは結構、彼目線で観てました。 戸次重幸さんが演じていた彼の言うコトも、
一理あるんですよね~、
と言うか実際に実家がそんな状態になってたら、オイラも圭一みたくなってたかも。(^_^;)

なんだか、
土曜日の今日までの放送で徹底的にワルモノっぽくなってた圭一なんですけど、もうちょっと泣けるキャラでいて欲しかったんですよね~~。

瞳たちやダンスに対してもあれだけイヤミったらしく言ってましたが、最後は大泣きで、
「オレじゃダメなんだ! お前が店を継いでくれなきゃダメなんだよ!」

とか、サブプライムとかで今となってはキツイ銀行業界、ありえない言葉かも知れませんが、
「純子が店を継いだら、勤めている銀行から融資して支えてやりたかった」

とか、そんなセリフが聞きたかったのはオイラだけでしょうか? (^_^;) 

そして、由香も・・・。
会社が倒産しても父親から、これは自分たちの問題でお前には関係ない、と言われてしまった彼女。

「 『たち』 ってなに? 私も家族だよ!」
そう、彼女が望んでいたのは、自由にお金を与えられるコトでも、好き放題わがままをするコトでもなく、 「家族」 で居たかっただけ。
「アルバイトで家計を助ける」
・・・長い長い道のりを経て、由香はようやく家族と向き合おうとしてはじめています。

そんなこんなで、ローズマリーも復活
・・・ですが、出ました! 「ブルーシューズ」
大阪からわざわざ、東京予選に参加するために遠征。
さらに、 Ray と KEN にもダンスビートに出場するよう、言い放つカズ。

・・・え~~っと、もしかして、ダンスビート、東京予選で山場 (やまば) は終わりですか?(^_^;)
ローズマリー vs ブルーシューズ vs Rai & KEN 、
本戦はこの面子よりも面白い展開になるんでしょうか

しかも、純子ったら、
「負けたら店を継ぐ」 とか言い切っちゃいましたけど。 (T_T) 

どうなる  波乱の、ダンスビート
 
 

|

« ルーキーズ の この人たち 特別編 (後篇) | トップページ | まいごの四草 物語 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

”瞳”この頃観なかった~(知床へ旅行してたよ)
録画をするのも忘れてた
でも、ブログであらすじ がよくわかりました~
今こうなっているのか~とね~
何時も有難うございます
後を継ぐ 継がない~はよくあるお話~
親孝行も 子供孝行もどっちもあると思うし・・・
こまった~ ことですぅ
自分の人生は、自分で決めるのがいいと思うから
後悔のないように・・・でも勢いで歩いてきて
これでよかったのかしら~と思う私。


投稿: キキー | 2008年7月27日 (日) 11時08分

 >キキーさん
コメントありがとうございます。

知床にご旅行でしたか~。
好いですね~~、私も行きたいです。(^_^;)
何しろこちらは暑くて暑くて・・・。
キキーさんも、旅の後の疲れ、には気をつけて
下さいね・・・。

「後を継ぐ」 と言うのは、やはり大変なコトも
ありますよね~~。
私自身は、子どもの頃は、 「なりたいモノ」 が
たくさんあったのですが、いまは自分に合った
人生を探しながら生きています。

結局、両親の後は継げないとは思うんですけど。
なんだか、それが 「残念」 と言うか、 「悔しい」
気持ちですね~~。(^_^;)

ぜひまた、遊びに来てくださいね。
お待ちしていま~す。<(_ _)>
 

投稿: 穀物。 | 2008年7月28日 (月) 09時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルーキーズ の この人たち 特別編 (後篇) | トップページ | まいごの四草 物語 »