« クラゲの灯り、 医療界をいま照らす | トップページ | 遠いふたりの 遠い過去 »

緒方 拳さん・・・。

昨夜の 「風のガーデン」 。
そして今夜の 「帽子」 。
観ているうちに、何だかとても胸が痛くなり、不覚にも涙がこぼれていました。
上手く書けなくてすみません・・・。

「風のガーデン」 の中井貴一さん、
「帽子」 での田中裕子さん、そして玉山鉄二さんの姿に 「緒方 拳」 さんの命を感じてしまいました・・・。
緒方さんに注目し始めたのは、ごく最近のコトで。
昨年の大河ドラマ 「風林火山」 での長尾Gackt影虎の名参謀、宇佐美定満にゾクゾクしながら魅入っていました。

「風のガーデン」 での
包み込むような優しい、おじいさん。
「帽子」 での、ちょっと頑固な、それでいて真っ直ぐに生きている年老いた帽子職人。
テレビ画面に映る緒方 拳さんの姿を見ていて・・・、ああ、この人はもう、この世にはいないんだ・・・。
そんな気持ちが、だだっ広いオイラの心に、ポツンと転がっているように・・・、感じました。

連ドラの 「風のガーデン」 は、昨夜スタートしたばかりですし緒方さんが出演されていたドラマや映画はこの先も放送されたり、やDVDなどで観るコトが出来るでしょう。
でも、今夜のこの気持ちだけは、オイラの胸の中にずっと残ると思います・・・。

俳優として、役者として、人生の最期の最後まで、テレビ画面のこちら側にメッセージを送り続けて下さった、 「緒方 拳」 さん。

心から ご冥福をお祈り致します。
 
 

|

« クラゲの灯り、 医療界をいま照らす | トップページ | 遠いふたりの 遠い過去 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クラゲの灯り、 医療界をいま照らす | トップページ | 遠いふたりの 遠い過去 »