« ルーキーズ の この人たち Vol.6 | トップページ | ルーキーズ の この人たち Vol.8 »

ルーキーズ の この人たち Vol.7

 
 哀しくも孤独な 男たち。

…と言うワケで、どうにか 「タイガー&」 ・・・には流されず、 「ルーキーズ の この人たち」 の続きです。
サブタイトルで表されている男たちとは、この二人。
新庄慶 そして 江夏卓・・・。まずは。

 新庄慶
ニコガクメンバー最強のデンジャラス。
その拳で、仲間たちの心を掌握する・・・?
いや、誰よりも仲間意識が強い新庄。
トイレで関川を叩きのめしたのは、仲間たちの心が彼から離れていくのが怖かったから。
そして、屋上で御子柴を叩きのめしたのは、川藤先生への間接的な怒り・・・、その感情はすぐに川藤先生本人にぶつけられるのですが・・・。

冷静さを保つコトが出来れば、誰よりもクールに優しさを持っている新庄。
ドラマと原作、共に、雨の中、マネージャーの八木塔子に傘を渡すシーン、そして仲間たちと共に写ったプリクラのシーンでそれが感じられます。
「力」 ではなく 「心」 だと気づいた彼は、自ら手のひらを開きその気持ち 「掌たなごころ」 を伝えるのです。

その新庄慶を演じている城田優さん。
来年のNHK大河ドラマ 「天地人」 で 「真田幸村」を演じるコトになっています。
大阪の陣にて、敵の大将、徳川家康に肉薄した唯一の戦国武将、真田幸村。城田さんが、どんな 「幸村」 を演じてくれるのか、かなり楽しみです。
さてもう一人。

 江夏卓
彼はなぜ、そのバットを振り下ろしたのか・・・。
野球のセンスは抜群で、二子玉川学園高校野球部に入部してすぐにレギュラーで試合に出場。
でも、彼の心は満たされるコトはなかった・・・。
自らの才能と環境の差異に鬱積していた彼もまた、 「山椒魚」 だったのか・・・。

その彼が、ニコガク野球部との試合を通じ、また名将と言われた沢村監督の言葉に諭されて 「野球の楽しさ」 に少しずつ気づいていく・・・。そして、応援 (ひやかし?) に来ていた目黒川高校の不良たちを制するためにバックネットに投げつけたバットは自分自身への 「暴力との決別」 だったとかと感じます。

その江夏卓を演じているのが、わずか先日までブログの帝王だった (^_^;) 上地雄輔さん。
そして彼もまた、来年のNHK大河ドラマ 「天地人」 にて小早川秀秋を演じるコトになっています。
前述の真田幸村とは対照的に、天下分け目の関ヶ原の合戦にて中盤まで日和見的な姿勢を採り、結局は徳川方に寝返った小早川秀秋・・・。
上地さんがどんな風に演じてくれるのか、こちらも楽しみなんですよね~~。

・・・、いや、またまた、ハナシがそれて、
「大河ドラマ」 ネタになってますけど。
レビューはあくまでも 「ルーキーズのこの人たち」 です。(^_^;)
 
 

|

« ルーキーズ の この人たち Vol.6 | トップページ | ルーキーズ の この人たち Vol.8 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルーキーズ の この人たち Vol.6 | トップページ | ルーキーズ の この人たち Vol.8 »