さらば薩摩よ 愛しい人よ


 
大河ドラマ 「篤姫」 です。
薩摩藩、島津本家の養女に迎えられた於一 (おかつ) 改め 「篤姫」 。
その人生の道は、徳川将軍家御台所へと続いているものでした。
そして、いよいよ江戸への旅立ち。

別れのお目見えの場での 「囲碁」 にまつわる会話。
「女の道は一本道。 故に身分も重さもなく自由な碁石が愛しくも羨ましい・・・。」

かつて、戦国時代では。
豊臣秀吉正室の 「北の政所 (ねね) 」 、前田利家正室の 「まつ」 、山内一豊の妻 「千代」 そして、今川義元の母 「寿恵尼」 ・・・。
いずれも、主君を支え、それい以上の活躍をも伝えられる女性たちがいました。
その当時は、女性の助言も結構、重用されていたみたいですね。
しかし、その女性たちは、いつしか政略的な存在となってしまい・・・。

今は亡き、侍女菊本の言葉、 「女の道は一本道」 を口にするとき、篤姫の胸に去来するのは、どんな思いなのでしょうか・・・。

そして、生家である、 「今泉家」 の父 「忠剛」、
母 「お幸」 との対面。
目通りの後のプライベートでの家族水入らずの時間、観ているオイラもホッとしました・・・。
幾島、にくい心遣いですよね~~。
お父さんの身体の具合は、かなり気になりますが・・・。

目通りが適わなかった下級武士、西郷吉之助 (隆盛) 、大久保正助 (利通) も、桜島と共に篤姫を見送ります。
そして・・・、肝付尚五郎も・・・。
尚五郎と於一 (おかつ) 、もっと違う時代に生まれていたならば・・・?

いづれ、時代を動かすことになるこの若者たち。
於一 (おかつ) の母の
「人は皆、それぞれに役割がある」 と言う言葉。
そして、かつての調所広郷の 「役割を越えて・・・」 と言う言葉。
その心、いまは、まだ、混沌と・・・。

大河の激流に 華 一輪 流れ行く先、いずこ・・・。

| | コメント (0)

幕末ホームドラマティック

ここ最近、
大河ドラマの 「篤姫」 が面白くなってきました。
いや、放送そのものは初回からほとんど観ていたのですが・・・、主人公の於一 (おかつ) が、島津本家に養女に迎え入れられた頃から段々テンションが上がってきましたね。

正直言って、主人公が女性なので・・・、
どうしても彼女の視点では観るコトは出来ずに、長塚京三さん演じる父親とか瑛太さんが演じる 「胆付尚五郎」 の視点で観てしまっていたのです。
でも、佐々木すみ江さんの 「菊本」 との別れ、松坂慶子さんの 「幾島」 との出逢い。
結構テンポが好いですね~。観てると引き込まれていきます。・・・と言うのはオイラの性格が単純なだけ?(笑)

大河ドラマでのいわゆる 「幕末モノ」 には、これまであまりヒット作がなかった、とも言われていますが・・・。
いや、 「新撰組!」 は、続編も作られましたし、視聴率はあったのかとも思いますが・・・。

戦国時代とかそれ以前とかだと、
「ああ、そうだったのかも知れないな」
と言う感じで受け止められる場合もあるのですが、
なまじ時代が近くてしかも慌しかった幕末。
「大政奉還」 「明治維新」 とかの大きな出来事に関わる細かいアクションについては、妙にリアルすぎる部分と、それでいてよく判らない部分とが折り合わさっている感じなんですよね。(^_^;)
でも、
今回の 「篤姫」 は、これまでの時代劇とか戦国モノとは別で、何か 「ホームドラマ」 を観ているような楽しみがあります。

登場人物、男性陣で注目しているのはこの人たち。
まずは、原田泰造さんが演じる 「大久保正助」 。
のちの 「大久保利通」 です。
原田さんはNHKの情報番組でもナレーションを務めていますし、なかなかの演技派ではないかと思ってます。
はたしてどんな 「大久保利通」 になっていくのか・・・。
そして、将軍。 「徳川家定」 。
演じるのは堺雅人さん。
「新撰組!」 で山南さんだった方です。

時代はずっと遡りますが、加賀前田藩の2代藩主、
「前田利常」 は江戸時代初期の人物で、徳川幕府から警戒されないためにワザと愚かなフリをしたと言われています。
果たして、将軍家定の振る舞いの真意は・・・?
堺雅人さんの演技も見逃せません!
そして・・・、時々登場するアノ人物。
 「その娘、江戸へ連れてまいる」
のおじさん。演じている麿赤兒 (まろ あかじ) さんもナゾの雰囲気タップリです。(^_^;)
テロップにも 「人影」 としか書かれていませんが、オイラの想像では、関が原の戦いで徳川家康率いる東軍から決死の退却劇を見せた 「島津義弘」 ・・・の思念?
あるいは、家康 ・ 秀忠 ・ 家光の3代に仕えた怪僧
「天海僧正」 ??
な~~んて、思いをめぐらせています。
長丁場になりますが、大河ドラマ 「篤姫」 ちょっと注目して観てみようと思ってます。

大河の激流に 華 一輪 その流れ行く先、いずこ・・・。

| | コメント (0)

真っ直ぐに 第一歩。

先週から始まりました、
2008年NHK大河ドラマ 「篤姫」 。
オイラの記憶している限りでは、主人公が女性なのは大原麗子さんが演じた 「春日の局」 以来?
放送開始2回目までで注目した人物はこの人。

島津家の家老 「調所広郷」 。
平幹二郎さんが演じるこの人物は、500万両もの負債を抱える島津藩の財政改革を行うのですが、その方法はかなりに強引。

藩士や領民の生活を苦境に立たせるその手法に、何故かオイラは小泉政権の 「痛みの伴う改革」 と言う言葉が浮かんだのですが・・・。
もちろん、幕末と現代では状況もまったく違いますし、
一概に重ね合わせるコトは出来ないとも思います。
今日、第2回の放送では、 「調所広郷」 は 「抜け荷 (密輸) 」 や 「偽金作り」 の容疑で江戸幕府から追求され、自ら命を絶ってしまいます。

幕末から明治に掛けては、悪政を強いた人物とされていた彼ですが、その改革により、薩摩藩は、後に起きる明治維新への原動力となる財政を備えるコトが出来たのだとも伝えられており、今日では、そんな彼に対する評価も見直されているようです。

そして、このドラマの中でも、そんな彼の存在が、主人公である 「於一 (おかつ) 」 のちの 「篤姫」 の心にも大きな影響を与えているようですね。
「三つ子の魂 百まで」
とは、ちょっと違うかも知れませんが・・・。
「人それぞれの役割」 、
「役割を越えてまでも行なうべき事」 ・・・ の言葉は、後々までのキーワードになるような気がします。

くどいようですが、(^_^;)
もしも、 「調所広郷」 が現代にいたら・・・、あるいは、現代の政治家が幕末の世にいたら。
「痛みの伴う改革」 をどう解釈したのでしょうか・・・?
どうしても、気になってしまいますね。(^_^;) スミマセン。

さてさて、これから時代の波に飲み込まれていく 「於一 (おかつ) 」 の運命は・・・。

大河の激流に 華 一輪 流れ行く先、いずこ・・・。

| | コメント (0)

大河の流れに身を委ね その思い 遥か

いよいよ、大河ドラマも2008年。
「篤姫」 が始まりました。

ここ数年の 「大河ドラマ」 の傾向としては、 「功名が辻」 の 「山内一豊」 にせよ、 「風林火山」 の 「山本勘助」 にせよ、歴史の中心人物ではなく、むしろ歴史を陰の部分で支える立場の人物にスポットが当てられてますよね。
今年の 「篤姫」 そして来年 「天地人」 の 「直江兼続」 もおそらくそうだと。
語弊があったら申し訳ないのですが。m(__)m

でも、オイラの気持ちとしては、こんな時代だから、そう言った 「縁の下の力持ち」 的な人物が描かれるべき要素はあると思うんですよね。

史実と照らしてみても、山内家は、関が原の合戦の直前に徳川家に協力する意思を率先して示していますし、幕末に至っては、第15代の 「山内容堂」 は、最後の将軍 「徳川慶喜」 に 「大政奉還」 すべきと進言していたとも言われています。

また、史実よりもどれだけ脚色されているかは定かではありませんが、 「山本勘助」 も 「武田軍」 の天才軍師として伝えられていて。一介の 「足軽大将」 の身分の人物が、奇抜な作戦を提案し、武田信玄と言う戦国大名の人生に多分な影響を与えた、と考えたら胸も高鳴ってくる、と言うモノです。(^_^;)
さらに、 「直江兼続」 は、え~~っと、 「風林火山」 で西岡徳馬さんが演じられていた 「直江実綱」 の養子となって直江家を継ぎ、若き上杉家家老として、徳川家康と真っ向から対峙し、徳川幕府創成期に上杉家を守りぬいた人物ですが、やはり主君を支え、時代の変革期に重要な働きをしています。

そして、今年の「篤姫」・・・。
「やがて、日本を救う人物になる・・・」
と言う内容のナレーションには、ワクワクしてしまいます。大河ドラマは、あくまでも 「ドラマ」 ではありますが・・・。
現代の日本も言ってみれば、 「混沌」 と 「動乱」 の時代のような気がします。
そして、毎週テレビの中で「激動の時代」に懸命に対峙している大河ドラマの登場人物から何らかのメッセージを受け止めるコトが出来れば、そこに、自分自身にとっての 「大河ドラマを観る価値観」 が生まれるのではないかと思っています。
あ、ちょっと堅苦しくなってしまいましたが・・・。
ドラマとは分かっていても、歴史上の人物のその時代を生きた思いが、大河の流れに乗って自分のココロにたどり着く、そんな風に考えても面白いと思います。
さてさて、 「篤姫」 は。
歴史の歯車をどんな風に響かせてくれるのか?
まだ、始まったばかりですので、何とも言えませんが、しばらくは注目して観てみようと思っています・・・。

大河の激流に 華 一輪 流れ行く先は、何処・・・。

| | コメント (0)

時空を越えて 戦国からの土産物

なんだか、 SF 的なタイトルですが。(^_^;)
先日、友人が軽井沢に行った際に、大河ドラマ関連のグッズを買って来てくれました。
まずは、 「風林火山」 の軍旗? 武田の重臣8人と 「疾き事 風の如く~」 のくだりが書かれたモノ。
お次は、書簡4点セットで、1枚目が、武田信玄の生涯を簡単に書き記したモノ。
次が、第4次 川中島の戦いの武田 ・ 上杉両軍の配置図。もう一枚が、 「鞭聲粛々夜河を過る~」 の全文を書き記したもの。最初はよく読めなかったんですけど、文末に名前らしい文字があって、 「山陽~」 と読めたので解りました。
「山陽」 の文字で、オイラが連想出来るのって、 「新聞」 とか 「放送」 とか 「自動車道」 とか・・・ 「神田」 くらいなんですよね。(笑)
「鞭聲粛々~」 の著者である 「頼 山陽」 のコトはよく知らないんですけど、 「上杉謙信」 ってコトで、ちょっと関心を持っています。

そして・・・、
これが一番スゴイんですけど、なんと 「海津城」 の見取り図が・・・。
おぉ~~~っって感じです。(笑)
「海津城」 ・・・、後に 「松代城」 と名前を変えるんですけど、武田軍の前線基地として要害とされた城。
少し時代を下って、関が原の決戦の後は一時期、 「森 忠政」 が入城します。
森 忠政は、あの織田信長の小姓だった 「森 欄丸」 の兄弟で、 「海津城」 の次には美作の 「津山城」 の城主となっているんです。その 「津山城」 も結局「森家」の血筋が途絶えて松平家が城主になるんですけど。(^_^;)
で、 「海津城」 → 「松代城」 は、 「森家」 の次には、 「真田幸村」 の兄であり、徳川方に付いた
「真田信行」 が城主となり幕末まで信州松代藩の居城となります。
「松代城」 と 「信州松代藩」 は講談の舞台にもなっていて、江戸の中期に恩田木工 (恩田民親) と言う家臣がいて、傾きかけた藩政を立て直すために若き藩主 「真田幸弘」 を諭す・・・、
と言うストーリーになっています。
「海津城」 ~ 「松代城」! 「風林火山」 ・・・、 「森家」 「真田家」!美作 「津山城」 ・・・。う~~ん歴史を感じますね。
あ、でもオイラって別に 「城マニア」 じゃないですよ。(笑)
時間や場所を越えて、色々なつながりや 「えにし」 が見えてくる 「歴史」 。それが何だかとても不思議に思えて、そのキッカケが、今回はたまたま 「城」 だったと。(^_^;)
に、しても 「海津城」 の見取り図・・・、好いですね~。
額縁に入れて飾っておきたいですね。
何でも、友人が言うには、土産物屋のおばちゃんいわく 「ここにしか売ってないモノ」 だったそうだとか。(^_^;) 
うむ、オイラにとっては貴重です。大切にします。
お土産、ホントにありがとう。感 <(_ _)> 謝

| | コメント (2)

あの栄光よ! 今一度!!

3週間前くらいから始まっているNHKの時代劇ドラマ 「柳生十兵衛 七番勝負 最後の戦い」
あらすじは、江戸時代前期、将軍家光の逝去に乗じて、幕府乗っ取りを画策する学者、由比正雪 ( 慶安の変・由比正雪の乱 ) を食い止めるべく、隠密裏に働く柳生十兵衛の活躍を描くものです。
で、今日の舞台は、由比正雪の生家。
十兵衛は、正雪の生い立ちを探ろうと、彼の生家へ。 そこには、母、妹、そして小さいながらも道場を営む彼の兄が暮らしていました。
時を同じくして、正雪も兄の下へ。 自らの計画を打ち明け、兄に協力を求めるのですが・・・、兄は、正雪にこう詰め寄ります。
「それでは、お前は、自ら天下を治めようというのか?」
それに対して、正雪の応えは・・・。 ハイ! ここが今日のポイントです。

「いいえ、天下を治めて頂くのは、紀伊徳川頼宜公にお願いしましょう。 私は、古来、鎌倉幕府にあった北条家に倣い、 『執権』 に就きましょう」

え~~っと、勘の良い方なら、もうお分かりかと。
今回、このドラマで由比正雪を演じてるのが、狂言師の和泉元彌。 そして、彼はその昔、NHK大河ドラマで、鎌倉幕府執権 「北条時宗」 を演じたその人です。

・・・、最近は、プライベートでも何かとお騒がせな、和泉元彌さん。 大河ドラマの主役を演じてた頃は、栄華の極みだったのでしょうか・・・。 時代劇のセリフとは言え、時を経て、いま再び 「執権の座へ」 と言わしめたNHKの脚本家さん・・・。 おぉっ! なかなか、やるな! 
なんて思ったりして。(^_^;)

| | コメント (0)