迎火 (むかえび)

8月13日は、盂蘭盆の 「迎火 (むかえび)」 でした。
昼過ぎに、家の裏山の墓地に、ご先祖さまを迎えに行きました。

穀物。家は、約7代前の 「多三郎」 と言う人までが確認されています。
「多三郎」 さんは、江戸時代の人です。
その他に、3~4の墓石がありますが、それは穀物。家がこの地に移り住む以前にいた人のお墓だとか・・・。
すでに、石に彫られた文字が読めなくなっているお墓もあります。

墓地には、人間の墓だけでなく、曾お祖父さんから、両親が若い頃までの時代に農耕用に飼っていた牛とか、当時から代々飼い続けていたイヌとかネコとかのお墓もあります。

墓石、と言ってもちゃんとしたモノではなく、簡素な石を使っているのですが、代々の動物たちを同じような箇所に埋葬しているので、血縁はなくても、何となく 「合祀墓」 っぽくなっています。(^_^;)

我が家の奥座敷 (^_^;) の床の間にも祭壇が用意されて、ご先祖様の位牌が並べられています。
お盆の間は、ご先祖様の霊は我が家に帰ってくる、と言われています。
動物たちの位牌は無いんですが・・・、一緒について帰ってきてるのかな?(^_^;)

お盆の間も、お墓にも参ります。 「留守参り」 と言って、故人がいないお墓の掃除をしたりするのです。
こうした一連の行事は、16日の 「送火 (おくりび) 」 まで続けられます・・・。

| | コメント (0)

6.26 ババンバ バンバンバン♪

6月26日・・・、みなさん、何の日だったかお分かりでしょうか?

・・・、タイトルで、何となく感ずいて下さった方もいるかも知れませんが、6.26 で 「ロテンブロ=露天風呂」 の日だそうです。

で、母親が町内の婦人会で、美作三湯のうちのひとつ、県北の湯原温泉に行ってきました。
温泉宿の宿泊料金が、6,260円だったり、26日の早朝、6時26分からは、「御湯取りの儀」と言う神事が行なわれたり・・・。
温泉街の各店舗も、 「6.26」 にちなんだサービスがされていた、とのコト。

このイベント、今年で21回目と言うコトで、温泉好きのオイラとしては不覚にも、いままで知らなかったのですが。来年はチャンスがあれば、ぜひ行ってみたいですね・・・。

いや、来年と言わず、近いうちに・・・。 温泉、行きたいな~~。 (゜-゜*)
ちなみに、お土産に 「温泉まんじゅう」 を頼んだのですが、「食べるの~??」と言う視線で一蹴されてしまいました。(^_^;) (笑)

| | コメント (0)

一輪の華

出世して、ラクをさせているワケでもなく、むしろ、いまだに心配をかけているんだと思います。

生後まもなくのオイラは、寿命が限られていて、
「どんな事をしてでも、生き延びさせよう」
と言う強い気持ちの元で育てられ、今日まで命をつなげて来る事が出来たのだと思っています。

色々と贈り物を考えてみましたが、どれもイマイチなモノばかりでした。
ただ、毎年の今日の日に、花を贈ることは、慣例とされているようなので、今年も華を贈ります。

そして、いまのオイラに出来る精一杯のコト・・・、今朝も、元気に  ( と言うワケには、なかなかいかない時もありますが (苦笑) )

ごくごく普通に、
「おはよう」
と、挨拶を交わすコトが出来ました。

今日の日を ありがとう。

| | コメント (4)

フサフサなあいつ

イチローは、フサフサです。

どれくらいのフサフサ度かと聞かれると、この時期は、

ホントにうらやましいくらいにフサフサなんですよ。

でも、夏は結構キツそうで、たまにバリカンで丸刈りに。

別に「反省」もしていないのに丸坊主。

○○愛護団体からクレームが付きそうですが、

赤とんぼを追いかけながら、秋が過ぎれば、

また元通りのフサフサになってます。

そんな彼は、一応、オイラの弟。

弟なのに「イチロー」とは、これいかに? その辺りは

あまり気にしないで下さいね。

兎にも角にも、大切なオイラの家族。

そんな彼の得意技。

猫背ですが、実はイナバウアーも出来るんですよ。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)